西洋 オトギリソウ を 含む 食品。 セイヨウオトギリソウ(St. John's Wort)含有食品|慶應義塾大学病院 KOMPAS

Hypericum perforatum : : : : : : : セイヨウオトギリ H. 高血圧や狭心症の治療で使われる カルシウム拮抗薬や 高脂血症治療薬、 免疫抑制薬などの 薬の効果を増強する(薬が効きすぎてしまう)可能性があります。 オフェブ(ニンテダニブ)、 ジオトリフ(アファチニブ)、 プラザキサ(ダビガトラン)、 デシコビ(エムトリシタビン・テノホビル アラフェナミド)、 マヴィレット(グレカプレビル・ピブレンタスビル)、 ソバルディ(ソホスブビル)、 ハーボニー(レジパスビル・ソホスブビル)、 ベムリディ(テノホビル アラフェナミド) とまぁ調べてみましたが、抗悪性腫瘍薬と抗HIV薬は馴染みのない薬が多い・・。

今もあるのかな?? ・ ・ これこれ!! ありましたねw ちなみにハーブティーはこんなの。 John's wort Hypericum perforatum L. Herbal Medicines: A guide for healthcare professionals 2 ed. Philipp M, Kohnen R, Hiller KO 1999. Phytochemistry 68 3 : 383-393. John's wort [学名]Hypericum perforatum L. Barnes J, Anderson LA, Phillipson JD 2002. 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 Nahrstedt A, Butterweck V 1997. BMJ 319 7224 : 1534-1538. British Herbal Medicine Association Scientific Committee 1983. ワー ファリンを服用中の方が ビタミンKを多く含む食品を食べると、 ワーファリンの作用を弱めてしまうの で多く食べないようにすることが大切です。

10

Harrer G, Schmidt U, Kuhn U, Biller A 1999. West Yorkshire: British Herbal Medicine Association. JAMA 287 14 : 1807-1814. Trick or Treatment: The Undeniable Facts About Alternative Medicine. Pharmacopsychiatry 30 Suppl 2: 129-134.。 セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)と医薬品の相互作用について 平成12年5月10日 セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)と 医薬品の相互作用について 1.セント・ジョーンズ・ワート(St John's Wort,和名:セイヨウオトギリソウ)を含有する製品を摂取することにより、薬物代謝酵素が誘導され、インジナビル(抗HIV薬)、ジゴキシン(強心薬)、シクロスポリン(免疫抑制薬)、テオフィリン(気管支拡張薬)、ワルファリン(血液凝固防止薬)、経口避妊薬の効果が減少することがのとおり報告されている。

薬物相互作用 [ ] セント・ジョーンズ・ワートは、酵素 を誘導することで、(強心薬)、(免疫抑制薬)、(気管支拡張薬)、(抗HIV薬)、(血液凝固防止薬)など、いくつもの薬物相互作用をすることが知られている。 成分 [ ] ハーブと花は異なるポリフェノールを含んでいる: 類(、、、、、I3,II8-ビアピゲニン、、、)、フェノール酸(、3- O-クマロイルキナ酸)、ナフトジアントロン類(、プソイドヒペリシン、プロトヒペリシン、プロトプソイドヒペリシン)、フロログルシノール類(、アドヒペルホリン)。

12

Pharmacopsychiatry 31 Suppl 1: 54-59. John's wort は、本種のだが、様々な修飾語とともに、の他種を指すこともあり、英語ではそれらと区別するために、本種を Common St. 乾燥ハーブ - 2-4 g または煎じ薬として1日3回• の目的で、オトギリソウ類を食べることで知られる3種の(・ヨモギハムシ属の2種: Chrysolina quadrigeminaと Chrysolina hyperici、およびの1種: Agrilus hyperici)が北米西部で使われている。 と規定しています.ところが,ヨーロッパには約 60 種類の同属植物があり , Hypericum montanum L. 薬理学 [ ] セント・ジョーンズ・ワートが機能する機構は正確には不明であるが、従来の SSRI 系の抗うつ薬と同様にの再吸収を阻害することが関係すると信じられている。

3

実際に販売されている商品に以下の素材が含まれているとしても,その安全性・有効性がここに紹介した情報と一致するわけではありません. 3 詳細情報として試験管内・動物実験の情報も掲載してありますが,この情報をヒトに直接当てはめることはできません.有効性については,ヒトを対象とした研究情報が重要です. 4 医療機関を受診している方は,健康食品を摂取する際に医師へ相談することが大切です.「健康食品」を利用してもし体調に異常を感じたときは、直ぐに摂取を中止して医療機関を受診し,最寄りの保健所にもご相談下さい. 名称 セイヨウオトギリソウ 、セントジョーンズワート、ヒペリクムソウ [英]St. 3.セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)含有食品と医薬品との相互作用について 併用に注意する当院採用商品名 : 抗HIV薬:クリキシバンカプセル(萬有),インビラーゼカプセル(ロシュ),ビラセプト錠(日本たばこ),ノービア・カプセル(ダイナボット),ストックリンカプセル(萬有),ビラミューン錠(ベーリンガーインゲルハイム) 血液凝固防止薬:ワーファリン錠(エーザイ) 免疫抑制薬:サンディミュンカプセル・内服液・注射液(ノバルテイス),プログラフカプセル・注射液(藤沢) 経口避妊薬:シンフェーズT28(ツムラ),トライディオール21(ワイスレダリー),アンジュ28(帝国臓器) 強心薬:ジゴシン錠(中外),ジギトキシン錠(塩野義・藤沢),ラニラピッド錠(山之内) 気管支拡張薬:テオドール錠・ドライシロップ(日研化学),テオロング錠・顆粒(エーザイ),ユニフィル(大塚),ネオフィリン錠・注(エーザイ) 抗てんかん薬:アレビアチン錠・10倍散・注(大日本),テグレトール錠・細粒(ノバルティス),フェノバール10倍散(ヨシダ),フェノバールエリキシル・注(三共),ワコビタール坐剤(和光堂) 抗不整脈薬:リスモダンカプセル・R錠,P注(中外),キシロカイン注(藤沢),アンカロン錠(大正),硫酸キニジン錠(日研),プロノン錠(山之内) 【情報の概要】 NO 項目 情報の概要 1 経口腸管洗浄剤 ニフレックは,「大腸内視鏡検査及び大腸手術時の前処置における腸管内容物の排除」の効能効果で経口腸管洗浄剤として使用されている。

4

。 。

18

。 。 。

1