沙羅 双 樹。 娑羅樹

勝手に解釈すると・・・ 祇園精舎 (京都の繁華街ではなく、お釈迦さまも説法をなされたインドにある代表的な寺院)の鐘の声 (この寺院の 鐘の響き 実際には鐘は無かったが後に日本人がつけた説のある鐘の音)は諸行無常 (この世のあらゆるもの全ては一瞬たりとも変わらぬものは何一つ無く儚いものである)の響きあり。 関連作品 [ ] 文学・絵画 [ ]• 同名異種 [ ] 中國南方所說的娑羅樹为,學名為 Reevesia sinica,屬。 祗園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必滅の 理(ことわり)をあらはす おごれる人も久しからず ただ春の夜の夢のごとし しかし、 「平家物語」での「沙羅双樹」は 「」を 指しているとの説が多い。

11

」 延伸阅读 [ ] [ ] 《》,出自《》 外部連結 [ ]• 脚注 [ ] [] 出典 [ ]. robusta Shorea robusta , 1805 娑羅樹(: Shorea robusta),又名 沙羅雙樹、 缽羅叉樹、 波羅叉樹, 摩訶娑羅樹、 沙羅樹、 鶴林、 鵠樹、 無憂樹,為植物,產於及等之中。 釈迦入滅 沙羅双樹 (サラソウジュ) ・似ている花へのリンク __________________ __________________ __________________ ベストショット __________________ Copyright C Since 1997 Atsushi Yamamoto. 沙羅双樹(サラソウジュ) 沙羅双樹 (さらそうじゅ) (「娑羅双樹」とも書く) (沙羅の木(さらのき、しゃらのき)) 「仏教の三大聖樹」の一つ (全体) 2005. 同名異種 [ ] 中國南方所說的娑羅樹为,學名為 Reevesia sinica,屬。

仏教三大聖樹 無憂樹(マメ科):釈迦が生まれた所にあった木 印度菩提樹(クワ科):釈迦が悟りを開いた所にあった木 娑羅樹(フタバガキ科):釈迦が亡くなった所にあった樹木(Wikipedia) つまり「沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす」は、釈迦のような聖者も「死」を免れられない、ということを意味すると考えられる。 勝手に解釈すると・・・ 祇園精舎 (京都の繁華街ではなく、お釈迦さまも説法をなされたインドにある代表的な寺院)の鐘の声 (この寺院の 鐘の響き 実際には鐘は無かったが後に日本人がつけた説のある鐘の音)は諸行無常 (この世のあらゆるもの全ては一瞬たりとも変わらぬものは何一つ無く儚いものである)の響きあり。 ・お釈迦様が亡くなった (入滅された)場所には この木が四方を囲んで 植えられていたが、 入滅された際にこの木が枯れて 鶴の羽根のように 白くなったとの伝説から、 仏教では聖木とされている。

1

。 。

10

。 。 。

19

。 。 。

。 。 。

18