さつまいも の 普及。 第4次「焼き芋」ブームが到来! 女性に人気……その要因は

) 産地 [ ] 世界 [ ] (FAO)が発表した資料によると、(20年)の全世界における生産量は1億605万であり、主食にするイモ類ではジャガイモ(同3億2556万トン)、(同2億3246万トン)に次ぐ。 著書に『 蕃薯考』『 和蘭文訳』『 和蘭文字略考』『 経済纂要』『 昆陽漫録』『 草盧雑談』など。 日本国内間の検疫 [ ] の定めにより、イモゾウムシやサツマイモノメイガなどの害虫の拡散を防ぐため国内間でもが行われ 、沖縄県全域、奄美群島、、小笠原諸島からは、サツマイモやグンバイヒルガオ等のヒルガオ科植物の生茎葉および生塊根等の持ち出しは規制されている。

焼酎 [ ] サツマイモは焼酎の原料としても利用され、サツマイモを主原料とした焼酎をといい 、鹿児島県やを中心に製造されている。 はこの芋をペルーでの塊茎を意味する言葉 batata から patate と呼んだ。

7

International Potato Center, and others. (詳細は後述) 栄養価 [ ] が豊富で、エネルギー源として適している。 1-3 さつまいもの語源 さつまいもは薩摩地方に伝えられた当時、 「甘藷(かんしょ)」や 「唐芋(からいも)」と呼ばれていました。 その他 [ ] 芋掘り 秋、サツマイモの「芋掘り」をなどで体験することができる。

13

慣用句 [ ] 八里半(はちりはん) 焼き芋(または蒸し芋)の異称。 初掲載:平成27年11月 香取農業事務所改良普及課 北部グループ 主任上席普及指導員 澁谷圭子 (電話:0478-52-9195). 食中毒 [ ] 害虫の食害や( Fusarium)属のからの防御物質()として苦味のあるフラノ類のイポメアマロン iopmeamarone 、イポメアニン ipomeanine やイポメアノール ipomeanol 類をする。 外部リンク [ ] で 「 サツマイモ」に関する情報が検索できます。

19

原料・飼料としての利用 [ ] デンプン [ ] サツマイモからはを取ることができる。 イミダス 2007年11月2日 2020年2月23日閲覧 参考文献 [ ]• 2 今でも愛されるさつまいもの食文化 2-1 石焼きいも 石で焼く 「石焼きいも」は、昭和26年に元々ラーメン屋をしていた東京都墨田区の三野輪万蔵という方が考案し広まったとされています。 サツマイモの普及 [ ] 8代将軍・は、の際のとしてでは知られていた 甘藷(のこと)の栽培を昆陽に命じ、小石川薬園()と下総国千葉郡馬加村(現在の)と上総国山辺郡不動堂村(現在の)とで試作させている。

11

生涯 [ ] 大岡忠相による抜擢 [ ] 小田原町(現在の)の魚屋・佃屋半右衛門の1人息子として生まれる。 『青木昆陽 伝記、事蹟』 青木七男 著 平成24年 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 。

4