ロボロ ショッピ 兄弟 小説。 【wrwrd】紫君に兄がいた件【軍パロ】

誤解されたら大変やな…… 「ショッピくん大丈夫?ほら、もう0:00に、」 ショッピくんの背後の壁にある時計の針が 12を指すのを見届けようと、見上げていると、 口に異物が当たり、何やら目の前が暗くなった。

17

」 kn「まぁええやん!!やろやろ!」 全員「「「「 王様だーれだ!! 」」」」 sp「 ニッコリ rb「あかん...。

9

軍パロ11(過去のショッピ編) 1,006 軍パロ 主役は我々だ! ワイテルズ 過去編 ショッピ. 「……ん??」 これは……柔らかい? え、待て、これ……キスやん、 ショッピくんとキスしてるんか、俺 途端に体が熱くなった。 はい ボソッ」 sp「やっぱりそうでしたかw」 zm「エミさん顔赤いで?どしたん?」 tn「あっ!もしかして前飲ませたやつ効果出てきたんかな?w」 rb「何飲ませたん?」 tn「媚薬や。

6

。 。

15

。 。

3

。 。

10