胸腔 穿刺 看護。 胸腔ドレーン(トロッカー)挿入の介助と看護

14

ドレナージチューブ(延長用) 手順 持続吸引 胸腔ドレナージボトル の準備 1. 胸腔穿刺・ドレナージのナーシングステップ Step1 胸水の外観、各種検査結果から、滲出性胸水、漏出性胸水を鑑別する Step2 滲出性、漏出性の鑑別に加えて、追加検査(細菌検査、ADA、病理細胞診)などを実施し、確定診断につなげる Step3 診断に基づき、原疾患の治療の実施や、胸腔ドレナージの適応・胸腔内局所治療の適応について検討する. 手順 胸腔穿刺 穿刺 胸腔チューブ 手順タイプ スケジュールされた手順 スケジュールされた手順 通常、緊急時の手順 排水の場所 胸膜腔から体液を排出します 腹部の腹腔から体液を排出します 肺、心臓、または食道の周囲から血液、体液、または空気を排出します 目的 呼吸を助け、肺の圧迫を防ぎます 腹部の腫れを軽減します 特定の医療緊急事態を治療します 排水方法 小さな針またはチューブの使用 細い中空の針またはカテーテルの使用 メスの切開を通してチューブを挿入する デュレーション 15〜30分 45分まで チューブは通常、数日間そのままです 概要 胸腔穿刺は、針を使用して胸膜腔から体液を除去する比較的簡単な手順です。 リスクと合併症 National Heart、Lung、and Blood Instituteによると、胸腔穿刺は以下の合併症を引き起こす可能性があります。 。

10

。 。

9

。 。

8

。 。 。

5

。 。

7

。 。 。

4