死 は 救済。 トラック運送業コラム~ドライバーの過労死について弁護士が解説

死について考えることから解放してくれるから ジョージ・エリオット 死者も我々がまったく忘れてしまうまで、本当に死んだのではない 蜀山人 昨日まで人のことかと思いしがおれが死ぬのかそれはたまらん ジョルジュ・シムノン 私は生きることが大好きだから、死を恐れない。 生は蒸し暑い昼間だ 白隠 人間、死ぬときは死ぬのがよい バーナード・ショー 生は全ての人間を水平化するが、 死は傑出した人をあらわにする ピーター・ビーグル 人はいつだって、いろいろなものにさよならを言わなければならない パブロ・ピカソ 明日に伸ばしてもいいのは、やり残して死んでもかまわないことだけだ フィンセント・ファン・ゴッホ 死人を死んだと思うまい。

命は神さまからの借りものだ 上杉謙信 四十九年一睡の夢 一期の栄華一杯の酒 宇野千代 よく生きることは、よく死ぬことでもある。 だが、お前が真剣に生きたのなら、死はお前にとって一つの戯れであろう 孔子 いまだ生を知らず、いずくんぞ死を知らん ココ・シャネル 実際にどう生きたかということは大した問題ではないのです。 人の肉体であれ、心であれ、魂であれ、柔軟が生であり、硬直は死である 古畑任三郎 たとえ、たとえですね、明日死ぬとしても、やり直しちゃいけないって、誰が決めたんですか? 誰が決めたんですか? フランソワ・ド・ラ・ロシュフコー 死と太陽は直視することは不可能である フレディ・マーキュリー 僕が死んでも、誰が気にする? 僕にはどうでもいいことさ フロイト あらゆる生あるものの目指すところは死である ベートーヴェン 墓の下にいても、あなた達の役に立てる。

よくよく心を武に刻むことが肝要である 川端康成 人間は、みんなに愛されているうちに消えるのが一番だ ガンジー 明日死ぬかのように生きよ。 死んだら皆に柩の前で万歳を唱えてもらいたいと本当に思っている ナポレオン・ボナパルト 生きている兵士のほうが、死んだ皇帝よりずっと価値がある ハインリヒ・ハイネ 死は涼しい夜だ。 ぽっくり死ぬのが一番だ ダ・ヴィンチ このところずっと、私は生き方を学んでいるつもりだったが、 最初からずっと、死に方を学んでいたのだ 高杉晋作 「朝に人としての道を悟ることができれば、その晩に死んでも悔いはない」という事こそが人の道である。

5

そして、まだなんの備えもない 手塚治虫 人の命なんて、心配してもしなくても、終わる時には無情に終わるもの トーマス・エジソン 一生懸命働いている者は、決して歳をとるということはない。 キリスト教の文脈では「メメント・モリ」は nunc est bibendum とは反対の、かなり徳化された意味合いで使われるようになった。

6

肉体的にも精神的にも ポール・ヴァレリー 話好きが暖炉に背を向けるように、 人は死と背中合わせになっている マイケル・ジャクソン 愛されていると感じながらこの世に生を受け、同じように感じながらこの世を去るならば、その間に起きることは乗り越えていけるものである マザー・テレサ 死とは人生の続きであり、 また、人生を完成させるだけでなく、体をお返しするに過ぎないのです。

17

もちろん私のもとにも来る いつだったか 私はこんな夢を見たことがある 時間も日にちも不明なんだが(夢なんだから当然ですよね) 私は洗面所で顔を洗っていて とつぜんくらくらと強烈なめまいを覚える、 その場にへたり込んでしまって 意識もスーッと薄れてゆく 誰かを呼ぼうとするんだけど声も出ない、 そして意識もふわーっと、薄れ続けて 混濁して、、消えてゆく、、、 暗ーい 闇に飲み込まれる、、、 ああ そうだった。 終わりが、死である終わりが、見える 樹木希林 生きるのも日常、死んでいくのも日常 キャサリン・ノリス 神はこの世の終わりを決めている。 長く生きるか短命に終わるかは天に任せるがよい 武者小路 実篤 人は死ぬ瞬間までも、 もしかしたら助かるかもしれないと空想し得る力を与えられている 村上春樹 死は生の対極としてではなく、その一部として存在する 村山槐多 死と私は遊ぶ様になつた 青ざめつ息はづませつ伏しまろびつつ 死と日もすがら遊びくるふ 美しい天の下に メナンドロス 神々が愛する人たちは若くして死ぬ ヤコブセン 人はだれしも、 自分自身の生涯を一人で生き、 自分自身の死を一人で死ぬものです やなせたかし ゼロの世界へ消えていくでござる 吉川英治 このお盆に生きている全部の人間は、単に今年度の生き残り分にすぎない 吉行淳之介 虎は死して皮を残し、人は死して名を残す。

20