読む テレフォン 人生 相談。 読む テレフォン 人生 相談

相談者: ええ 大原敬子: で・・ 相談者: はい 大原敬子: あなたが今日、電話なさった、意味はですね、 相談者: はい 大原敬子: 自分も、もう、安住のとこはないんです。 パーソナリティ: 回答者: (弁護士) 相談者: 男63歳自営 妻62歳 結婚して別に住む娘33歳 同居の息子30歳 3人暮らし 今日の一言: 強気の人は居場所があります。 相談者: はい 大原敬子: 2つ目は、あなたがなぜ・・ 相談者: はい 大原敬子: 今日・・このような相談をした、その動機ですね。

11

パーソナリティ: 回答者: (弁護士) 相談者: 男 遠方に住む父 父の弟(叔父)は養護施設入所中 叔父には前妻の娘と離婚した後妻の息子がいる テレフォン人生相談 2021年8月20日 金曜日 相談者の妻評に沿って妻のことを分析しているようで、実は相談者の写し鏡を暗示する加藤先生・・ なあんて深読みしたんだけど、もしかして先生自身もどっちのこと言ってるのか分からなくなってるんじゃないかしら。 一番立場弱いのは、あなただとわたしは思ってるんですけれども・・ 相談者: はい 大原敬子: どうでしょうか? 相談者: そう、だと思います。 相談者: はい 大原敬子: 非常に神経質で心配性だと、現実の、奥さんとの関係を抜きにして・・ 相談者: はい 大原敬子: 息子の心配性のほうに矛先を向けちゃうんです。

14

相談者: はい 大原敬子: 1つは、死の恐怖を、 相談者: はい 大原敬子: 感じる・・子どもの、親子関係です。

13

そうでなければ・・ 相談者: はい 大原敬子: このお母さんと長女が喧嘩するのを、 相談者: はい 大原敬子: 2人がね?・・見てるんですよ? 相談者: ・・ 大原敬子: 普通お父さんが中に入って・・ 相談者: はい 大原敬子: 「やめろー!」って言ってもいいわけでしょ? 相談者: そうですね、まあ・・ 大原敬子: それできないお父さんです。 テレフォン人生相談 ジャンル 相談番組 放送方式 放送期間 - 放送中 放送時間 平日 11:00 - 11:20(20分) ほか 放送局 ほか 制作 ニッポン放送 ネットワーク (例外あり) 提供 ( - 1987年) 複数社 (1988年 - ) 公式サイト 特記事項: 一部の地域では、土曜または日曜も含めて放送する場合がある。 相談者: ・・ 大原敬子: で、自分としては・・ 相談者: はい 大原敬子: 送り迎え云々が僕の仕事。

18

相談者: ・・ 大原敬子: で、わたしは最終的には、あなたが今日電話したのは、奥さんとの関係がまあまあとおっしゃっていますけれども、 相談者: はい 大原敬子: 決していい関係ではないです。 相談者: はい 大原敬子: お子さんが、死の恐怖とかありますけども、 相談者: はい 大原敬子: これは夫婦喧嘩が物凄い喧嘩のときなんです、これ。

相談者: ええ 大原敬子: その家庭は一般的に、データから言いますとですね、 相談者: はい 大原敬子: 父親と母親が、仲、あまり良くない。

4

相談者: うーん 大原敬子: だから、送り迎えしてても・・時々ですよ? 相談者: はい 大原敬子: 心・・ここにあらず。 そうしなければ、 相談者: はい 大原敬子: 自分の立場がないんですね。

6

トイレとか、 相談者: はい 大原敬子: 夜が怖いとか、 相談者: はい 大原敬子: 言ってましたね? 相談者: はい 大原敬子: 夜が怖いっていうのは・・誰も助けてくれない夜は怖いって言うんですね。

16

特に大原さんがクローズアップされ、 「泣いてる」 「キレながら半ベソかくアータ 編集注:アータは大原さんのネット上のあだ名 ww 今日は相談者の勝ちだな」 「アータもうダメだわ 、テメーの感情抑えられないでどうすんだ?」 などといったことが掲示板に書き込まれた。

相談者: うーん 大原敬子: あなたに・・何か言いたくってもあなたが、避けてるのか? 相談者: はい 大原敬子: その夫に対する物があるんじゃないかと思うんですね と申しますのは、 相談者: はい 大原敬子: まず死の恐怖を考えるお子さん、 相談者: はい 大原敬子: 男の子が多いんですね
相談者: あー 大原敬子: で、わたし達が言う死の恐怖っていうのは、死んでしまうんじゃないかと思うでしょ? 相談者: はい、そうですね 相談者: はい 大原敬子: で・・ 相談者: はい 大原敬子: 「お父さん何時に帰るの?」っていうのは・・お姉ちゃんとお母さんが、常に喧嘩してた場合には・・ 相談者: はい 大原敬子: 彼は居場所はないですよね? 相談者: そうですね、はい 大原敬子: お父さん来れば、2人で、恐れて・・ 相談者: はい 大原敬子: 遠くでじーって見てるから、なんてのかお父さんが防波堤になりますよね? 相談者: はい 大原敬子: そういう家庭なんです