鳳凰 伝。 中国(華流)ドラマ【鳳凰伝】 あらすじ全話一覧

。 皇姉 こうし 龐貞と弟 広定 こうてい王 龐通 ほうつうには野心があり、権力を誇る皇后を追い落としたいという狙いがあった。 時は天啓9年、 梁 りょうの第5代皇帝 龐通 ほうつうは進言を勧め 女官を登用した心優しき人物だった。

3

皇后 鄭淑君 ていしゅくくんは皇太后の生誕の宴に華を添えるため「 涵城 かんじょうの 鳳祥鳴 ほうしょうめい雑技団」を呼び出すよう、 尚官局 しょうかんきょく 轄司令 魏広 ぎこうに命じた。 葉凝芝と共に育った姉妹のような 阿嬌 あきょうと 阿俏 あしょうは「試験を受けてみたら」と葉凝芝をそそのかす。 見事な舞を披露し「壇上の祖母は人にあらず、 寿星 じゅせい…」と読み上げたところで、皇帝の弟 龐宇 広定王 が怒鳴り声を上げた。

16

。 。 。

14

。 。 。

20

。 。

17

。 。 。

19