求職 活動 実績。 求職活動実績はインターネット応募で可能!書き方や応募辞退についても解説

面倒ですよね・・ でも、実は ってご存知でしたか? 【裏ワザ】求職活動実績を自宅にいながら最速で作る方法 まず結論から申し上げると求職活動実績を即日その場で作るためには、インターネットの求人サイトから応募することです。

「企業に関する情報を集める」 「企業の採用ページに登録する」 「企業に問い合わせや書類請求をする」 「企業の採用担当者から話を聞く」 「転職サイトに登録する」 なぜかというと、これらは転職活動を行う前のリサーチだと考えられているからです。 。

1

「求職活動の内容」に職業相談(可能なら相談の概要)を記載 【記載例】 ハローワークでの職業相談で提案された求人に必ず応募しなくてもよい ハローワーク 公共職業安定所 では、失業保険が正しく受給するための手続きを行っています。

10

(昔は認められたのにね・・・ガックリ) 他にも、 求職活動実績に含まれないものは以下の通り (気になる方は最寄りのハロワに確認を) 求職活動実績とみなされないもの• 初回認定日 2回目 3回目以降 3ヶ月の給付制限 なし 1回以上 2回以上 2回以上 3ヶ月の給付制限 あり 1回以上 3回以上 (初回認定分含む) 2回以上 初回認定日は1回ですが、雇用保険説明会に参加していればそれが 1回の求職活動実績になります。 条件 給付日数 35歳以上45歳未満で所定給付日数270日の方 30日 45歳以上60歳未満で所定給付日数270日の方 60日 45歳以上60歳未満で所定給付日数330日の方 30日 給付日数の延長手続きについては、 ハローワークの失業認定日にて行われるため、失業者本人がやるべきことはとくにありません。 今すぐサービスを使って、とりあえず実績のために応募したいという方はリクナビNEXTが案件が豊富かつ、独占求人も多いのでおすすめですよ! 応募する時は少しでも興味がある仕事に応募するようにしましょう! \求職活動実績が作れる転職サイト!/ ハローワークに職業相談に行く 3つ目は、ハローワークに職業相談をして実績を作成する方法です。

9

5

。 。 。

12

。 。 。

3