森林 法。 (受权发布)中华人民共和国森林法

第三十二条 除森林法已有明确规定的外,林木采伐许可证按照下列规定权限核发: 一 县属国有林场,由所在地的县级人民政府林业主管部门核发; 二 省、自治区、直辖市和设区的市、自治州所属的国有林业企业事业单位、其他国有企业事业单位,由所在地的省、自治区、直辖市人民政府林业主管部门核发; 三 重点林区的国有林业企业事业单位,由国务院林业主管部门核发。 国家鼓励发展下列商品林: (一)以生产木材为主要目的的森林; (二)以生产果品、油料、饮料、调料、工业原料和药材等林产品为主要目的的森林; (三)以生产燃料和其他生物质能源为主要目的的森林; (四)其他以发挥经济效益为主要目的的森林。 第7章 雑則 187 - 196条の2• 第七章 附 则 第四十条 国务院林业主管部门根据本法制定实施办法,报国务院批准施行。

16

2 緑化活動その他の森林の整備及び保全を図ることを目的とする特定非営利活動促進法 (平成10年法律第7号)第2条第2項に規定する特定非営利活動法人、一般社団法人、一般財団法人その他農林水産省令で定める営利を目的としない者 (以下 「特定非営利活動法人等」という。 县级以上人民政府林业主管部门履行森林资源保护监督检查职责,有权采取下列措施: (一)进入生产经营场所进行现场检查; (二)查阅、复制有关文件、资料,对可能被转移、销毁、隐匿或者篡改的文件、资料予以封存; (三)查封、扣押有证据证明来源非法的林木以及从事破坏森林资源活动的工具、设备或者财物; (四)查封与破坏森林资源活动有关的场所。 第三十六条 申请木材运输证,应当提交下列证明文件: 一 林木采伐许可证或者其他合法来源证明; 二 检疫证明; 三 省、自治区、直辖市人民政府林业主管部门规定的 其他文件。

中华人民共和国森林法实施条例2021全文【修订】 中华人民共和国国务院令 第278号 现发布《中华人民共和国森林法实施条例》,自发布之日 起施行。 ・森林法により、森林開発行為の許可を得て伐採する場合 ・測量などが目的で別の行政から適切な許可をすでに得ている場合 ・大きな災害で緊急を要する場合 ・除伐作業時 ・自治体などが立ち入り調査目的のために伐採を必要とする場合 ・特用林や自家用林として指定の樹木を伐採する場合 ・処分を受けたものに伐採義務があり、伐採を実行する場合 また届け出は、森林所有者が行います。 第4章 土地の使用 49 - 67条• 第四条 依法使用的国家所有的森林、林木和林地,按照下列规定登记: 一 使用国务院确定的国家所有的重点林区 以下简称重点林区 的森林、林木和林地的单位,应当向国务院林业主管部门提出登记申请,由国务院林业主管部门登记造册,核发证书,确认森林、林木和林地使用权以及由使用者所有的林木所有权; 二 使用国家所有的跨行政区域的森林、林木和林地的单位和个人,应当向共同的上一级人民政府林业主管部门提出登记申请,由该人民政府登记造册,核发证书,确认森林、林木和林地使用权以及由使用者所有的林木所有权; 三 使用国家所有的其他森林、林木和林地的单位和个人,应当向县级以上地方人民政府林业主管部门提出登记申请,由县级以上地方人民政府登记造册,核发证书,确认森林、林木和林地使用权以及由使用者所有的林木所有权。

11

法律名 法律番号 法律の概要 森林・林業基本法 昭和39年法律 第161号 森林及び林業に関する施策について、基本理念及びその実現を図るのに基本となる事項を定めたもの 森林法 昭和26年法律 第249号 森林の保続培養と森林生産力の増進とを図るため、森林計画、保安林その他の森林に関する基本的事項を定めたもの 森林の保健機能の増進に関する特別措置法 平成元年法律 第71号 森林資源の総合的な利用を促進するため、公衆の保健の用に供することが相当な森林の保健機能の増進を図るために必要な事項を定めたもの 森林組合法 昭和53年法律 第36号 森林所有者の経済的社会的地位の向上並びに森林の保続及び森林生産力の増進を図るため、森林所有者の協同組織たる森林組合、生産森林組合、森林組合連合会に関する制度について定めたもの 森林組合合併助成法 昭和38年法律 第56号 適正な事業経営を行うことができる森林組合を広範に育成 して森林所有者の協同組織の健全な発展に資するため、 森林組合の合併についての援助、合併後の森林組合事業経営の基礎を確立するのに必要な助成等の措置を定めたもの 入会林野等に係る権利関係の近代化の助長に関する法律 昭和41年法律 第126号 入会林野又は旧慣使用林野である土地の農林業上の利用 を増進するため、これらの土地に係る権利関係の近代化を助長するための措置を定めたもの 林業種苗法 昭和45年法律 第89号 優良な種苗の供給により適正・円滑な造林の推進を図るため、種苗について優良な採取源の指定、生産事業者の登録 、配布の際の表示の適正化等につき定めたもの 種苗法 平成10年法律 第83号 品種の育成の振興と苗種の流通の適正化を図るため、新品種の保護のための品種登録に関する制度、種苗業者の届け出、指定種苗の指定・表示に関する規制等について定めたもの 森林病害虫等防除法 昭和25年法律 第53号 森林病害虫等を早期にかつ徹底的に駆除し、森林の保全を図ることを目的として、農林水産大臣の駆除命令・駆除措置及び都道府県知事の駆除命令等につき定めたもの 森林国営保険法 昭和12年法律 第25号 政府が森林について火災・気象災・噴火災による損害を対象として行う保険の実施に必要な事項につき定めたもの 森林保険特別会計法 昭和12年法律 第26号 森林国営保険事業を経営するため、特別会計を定めたもの 分収林特別措置法 昭和33年法律 第57号 分収方式による造林及び育林を促進するため、分収林契約の定義、知事のあっせん、民法の特例、知事への事業の届出、変更勧告等を定めたもの 緑の募金による森林整備等の推進に関する法律 平成7年法律 第88号 緑の募金の健全な発展及び国民が行う森林整備等に係る自発的な活動等の円滑化を図るために、その募金活動の基盤の強化等に関する措置を定めたもの 地すべり等防止法 昭和33年法律 第30号 地すべり及びぼた山の崩壊による被害を除却し、又は軽減するため、地すべり防止区域等の指定及び管理、地すべり防止工事等の施行及び費用負担等について定めたもの 公共土木施設災害復旧事業費国庫負担法 昭和26年法律 第97号 公共土木施設の災害復旧事業について、地方公共団体の財政力に適応するように国の負担を定めたもの 農林水産業施設災害復旧事業費国庫補助の暫定措置に関する法律 昭和25年法律 第169号 農地、農業用施設、林業用施設(林地荒廃防止施設・林道) 、漁業用施設及び共同利用施設の災害復旧事業に要する費用に対する国の補助について定めたもの 天災による被害農林漁業者等に対する資金の融通に関する暫定措置法 昭和30年法律 第136号 暴風雨、降雪、降霜等の天災によって損失を受けた農林漁 業者及び農林漁業者の組織する団体に対し、農林漁業の経営等に必要な資金の融通を円滑にする措置について定めたもの 激甚災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律 昭和37年法律 第150号 災害対策基本法に規定する著しく激甚である災害が発生した場合における、国の地方公共団体に対する特別の財政援助又は被災者に対する特別の助成措置について定めたもの 農林漁業金融公庫法 昭和27年法律 第355号 一般の金融機関が融通することを困難とする長期かつ低利の資金等を農林漁業者に対し、融通する農林漁業金融公庫の組織、業務等につき定めたもの 林業・木材産業改善資金助成法 昭和51年法律 第42号 林業従事者等が行う林業経営若しくは木材産業経営の改善又は林業労働災害の防止若しくは林業後継者等の育成確保のため、無利子の資金を貸し付ける都道府県に対し、国が助成する制度につき定めたもの 林業経営基盤の強化等の促進のための資金の融通等に関する暫定措置法 昭和54年法律 第51号 林業経営基盤の強化並びに木材の生産及び流通の合理化を図るために必要な資金を農林漁業金融公庫等が融通する等の措置につき定めたもの 国有林野の管理経営に関する法律 昭和26年法律 第246号 国有林野の適切かつ効率的な管理運営の実施の確保並びに取得、維持、保存及び運用並びに処分について規定しているもの 農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律 昭和25年法律 第175号 適正かつ合理的な農林物資の規格を制定し、これを普及させることによつて、農林物資の品質の改善、生産の合理化、取引の単純公正化及び使用又は消費の合理化を図るとともに、農林物資の品質に関する適正な表示を行なわせることによつて一般消費者の選択に資し、もつて公共の福祉の増進に寄与することを目的とするもの 山村振興法 昭和40年法律 第64号 山村における経済力の培養と住民福祉の向上等を図るため、山村振興の目標を明らかにし、山村振興計画の作成及びこれに基づく事業の円滑な実施に関し、必要な措置につき定めたもの 半島振興法 昭和60年法律 第63号 半島地域が他の地域に比較して低位にあるという観点に立ち、広域的かつ総合的な対策を実施するために必要な措置を講じて、地域住民の生活の向上と国土の均衡ある発展を図ろうとするもの 鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律 平成14年法律 第88号 鳥獣の保護を図るための事業を実施するとともに、鳥獣による生活環境、農林水産業又は生態系に係る被害を防止し、併せて猟具の使用に係る危険を予防することにより、鳥獣の保護及び狩猟の適正化を図り、もって生物の多様性の確保、生活環境の保全及び農林水産業の健全な発展に寄与することを通じて、自然環境の恵沢を享受できる国民生活の確保及び地域社会の健全な発展に資することを目的とするもの 絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律 平成4年法律 第75号 絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存を図ることにより、良好な自然環境を保全するため、国内希少野生動植物の保存に必要があると認めるときは、その個体の生息地等を生息地等保護区として指定することができる等につき定めたもの 中小企業経営革新支援法 平成11年法律 第18号 経済的環境の変化に即応して中小企業が行う経営革新を支援するための措置を講じ、あわせて経済的環境の著しい変化により著しく影響を受ける中小企業の将来の経営革新に寄与する経営基盤の強化を支援するための措置を講ずることにより、中小企業の創意ある向上発展を図り、もって国民経済の健全な発展に資することを目的とするもの 林業労働力の確保の促進に関する法律 平成8年法律 第45号 林業労働力の確保を図るため、基本方針等を策定し、事業主が一体的に行う雇用管理の改善及び事業の合理化を促進するための措置並びに新たに林業に就業しようとする者の就業の円滑化のための措置を講ずるとともに、都道府県知事が公益法人を林業労働力確保支援センターとして指定することができる等 につき定めたもの 木材の安定供給の確保に関する特別措置法 平成8年法律 第47号 木材の安定供給体制を整備するため、都道府県による地域指定及び森林所有者等と木材製造業者等による木材の安定取引、設備の改善等に関する共同計画の認定とその支援のための措置につき定めたもの 森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法 平成20年法律第32号 我が国森林が京都議定書第3条の規定に基づく約束の履行に果たす役割の重要性にかんがみ、平成24年度までの間における森林の間伐等の実施を促進するため、市町村が作成する特定間伐等促進計画に基づく間伐等に関する特別の措置を定めたもの 公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律 平成22年法律第36号 木材の利用の確保を通じた林業の持続的かつ健全な発展を図り、森林の適正な整備及び木材自給率の向上に寄与するため、農林水産大臣及び国土交通大臣が策定する公共建築物等における木材の利用の促進に関する基本方針について定めるとともに、公共建築物等の建築に用いる木材を円滑に供給するための体制を整備する等の措置を定めたもの. 第九章 附则 第八十三条 本法下列用语的含义是: (一)森林,包括乔木林、竹林和国家特别规定的灌木林。 第三十条 申请林木采伐许可证,除应当提交申请采伐林木的所有权证书或者使用权证书外,还应当按照下列规定提交其他有关证明文件: 一 国有林业企业事业单位还应当提交采伐区调查设计文件和上年度采伐更新验收证明; 二 其他单位还应当提交包括采伐林木的目的、地点、林种、林况、面积、蓄积量、方式和更新措施等内容的文件; 三 个人还应当提交包括采伐林木的地点、面积、树种、株数、蓄积量、更新时间等内容的文件。 第九章 附则 第八十三条 本法下列用语的含义是: (一)森林,包括乔木林、竹林和国家特别规定的灌木林。

下列区域的林地和林地上的森林,应当划定为公益林: (一)重要江河源头汇水区域; (二)重要江河干流及支流两岸、饮用水水源地保护区; (三)重要湿地和重要水库周围; (四)森林和陆生野生动物类型的自然保护区; (五)荒漠化和水土流失严重地区的防风固沙林基干林带; (六)沿海防护林基干林带; (七)未开发利用的原始林地区; (八)需要划定的其他区域。 第三十一条 有下列情形之一的,不得核发林木采伐许可证: 一 防护林和特种用途林进行非抚育或者非更新性质的采伐的,或者采伐封山育林期、封山育林区内的林木的; 二 上年度采伐后未完成更新造林任务的; 三 上年度发生重大滥伐案件、森林火灾或者大面积严重森林病虫害,未采取预防和改进措施的。 第十二条 制定林业长远规划,应当遵循下列原则: 一 保护生态环境和促进经济的可持续发展; 二 以现有的森林资源为基础; 三 与土地利用总体规划、水土保持规划、城市规划、村庄和集镇规划相协调。

7

第四条 森林分为以下五类: (一)防护林:以防护为主要目的的森林、林木和灌木丛,包括水源涵养林,水土保持林,防风固沙林,农田、牧场防护林,护岸林,护路林; (二)用材林:以生产木材为主要目的的森林和林木,包括以生产竹材为主要目的的竹林; (三)经济林:以生产果品,食用油料、饮料、调料,工业原料和药材等为主要目的的林木; (四)薪炭林:以生产燃料为主要目的的林木; (五)特种用途林:以国防、环境保护、科学实验等为主要目的的森林和林木,包括国防林、实验林、母树林、环境保护林、风景林,名胜古迹和革命纪念地的林木,自然保护区的森林。 第五十二条 在林地上修筑下列直接为林业生产经营服务的工程设施,符合国家有关部门规定的标准的,由县级以上人民政府林业主管部门批准,不需要办理建设用地审批手续;超出标准需要占用林地的,应当依法办理建设用地审批手续: (一)培育、生产种子、苗木的设施; (二)贮存种子、苗木、木材的设施; (三)集材道、运材道、防火巡护道、森林步道; (四)林业科研、科普教育设施; (五)野生动植物保护、护林、林业有害生物防治、森林防火、木材检疫的设施; (六)供水、供电、供热、供气、通讯基础设施; (七)其他直接为林业生产服务的工程设施。 第三十一条 有下列情形之一的,不得核发林木采伐许可证: 一 防护林和特种用途林进行非抚育或者非更新性质的采伐的,或者采伐封山育林期、封山育林区内的林木的; 二 上年度采伐后未完成更新造林任务的; 三 上年度发生重大滥伐案件、森林火灾或者大面积严重森林病虫害,未采取预防和改进措施的。

)、第16条並びに第18条の規定 平成26年4月1日 第7条 この法律 (附則第1条各号に掲げる規定については、当該各規定。

18

第六十条 有下列情形之一的,不得核发采伐许可证: (一)采伐封山育林期、封山育林区内的林木; (二)上年度采伐后未按照规定完成更新造林任务; (三)上年度发生重大滥伐案件、森林火灾或者林业有害生物灾害,未采取预防和改进措施; (四)法律法规和国务院林业主管部门规定的禁止采伐的其他情形。 第六十七条 县级以上人民政府林业主管部门履行森林资源保护监督检查职责,有权采取下列措施: (一)进入生产经营场所进行现场检查; (二)查阅、复制有关文件、资料,对可能被转移、销毁、隐匿或者篡改的文件、资料予以封存; (三)查封、扣押有证据证明来源非法的林木以及从事破坏森林资源活动的工具、设备或者财物; (四)查封与破坏森林资源活动有关的场所。

外部リンク [ ] ウィキブックスに 関連の解説書・教科書があります。 第1章 総則 1 - 3条• 第三十一条 采伐森林和林木必须遵守下列规定: (一)成熟的用材林应当根据不同情况,分别采取择伐、皆伐和渐伐方式,皆伐应当严格控制,并在采伐的当年或者次年内完成更新造林; (二)防护林和特种用途林中的国防林、母树林、环境保护林、风景林,只准进行抚育和更新性质的采伐; (三)特种用途林中的名胜古迹和革命纪念地的林木、自然保护区的森林,严禁采伐。 有下列情形之一的,不得核发采伐许可证: (一)采伐封山育林期、封山育林区内的林木; (二)上年度采伐后未按照规定完成更新造林任务; (三)上年度发生重大滥伐案件、森林火灾或者林业有害生物灾害,未采取预防和改进措施; (四)法律法规和国务院林业主管部门规定的禁止采伐的其他情形。

15

第三十六条 申请木材运输证,应当提交下列证明文件: 一 林木采伐许可证或者其他合法来源证明; 二 检疫证明; 三 省、自治区、直辖市人民政府林业主管部门规定的其他文件。 下列区域的林地和林地上的森林,应当划定为公益林: (一)重要江河源头汇水区域; (二)重要江河干流及支流两岸、饮用水水源地保护区; (三)重要湿地和重要水库周围; (四)森林和陆生野生动物类型的自然保护区; (五)荒漠化和水土流失严重地区的防风固沙林基干林带; (六)沿海防护林基干林带; (七)未开发利用的原始林地区; (八)需要划定的其他区域。