結婚 式 服装 男性。 結婚式・披露宴に相応しい男性の服装とは~スーツ・シャツの着こなし術~

スーツ ・新郎衣裳とかぶる色(白・明るいグレー・ピンクなど) ・派手な柄が入っているもの ・普段使いのビジネススーツは着方を工夫して シャツ ・黒シャツ ・派手な柄シャツ ・ボタンダウンやカラーシャツは格式高い結婚式では避けたほうが無難 靴・靴下 ・くるぶしが出る丈の靴下 ・白い靴下 ・スニーカーやブーツ、サンダル ・メダリオンデザインや、外羽根タイプのカジュアルな革靴 ・ヘビ革・ワニ革、スエード生地など縁起が悪いとされている素材の靴 小物 ・バックルが大きい、飾りが派手なベルト ・太めのベルト ・柄物やブランドロゴが大きく入ったバッグ ・リュックやトートバッグ 以上のアイテムに注意しながら、お呼ばれファッションを選ぶと安心です。 まとめ 上司として結婚式に参列する時の服装 ・スピーチを頼まれたら、準礼装 ・幹部クラスの方は正礼装で ・基本的にはブラックスーツかダークスーツで ・シャツは白のレギュラーカラー ・ネクタイは無地で質感の良いもの ・靴下は黒のミドル丈、靴は黒のストレートチップ ・ネクタイピンやカフスボタンは自由. 最近の結婚式は屋外に出ることも多いので、 s ビジネススーツでの代用はできれば避けたい e もの。 4 仕事帰り?【ビジネススーツ】 男性ゲストはとりあえずスーツなら問題ないよね? そう思って、普段着ているビジネススーツで出席・・・ それ、実はマナー的には良くないと言われているんです。

17

3 派手すぎ!【悪目立ちコーデ】 お葬式のような暗いコーディネートも、お祝い事にはふさわしくありませんが・・・ 逆に派手すぎる服装も、悪目立ちしてしまう可能性が(!) 派手な柄が入ったスーツやシャツ、ネクタイなど、新郎よりも目立ってしまうようなコーディネートは避けたほうが良いでしょう。 【3】ネクタイ・チーフ・靴 ネクタイは、シャツと同様に基本的には白 ホワイト が良いとされていますが、 最近では「シルバーグレー」のような光沢感のあるネクタイが主流になってきています。 Point 生地 礼服のブラックスーツは s 上質なウール生地が使用され、非常に濃く深い黒色 e をしています。

15

< 目次 > -クリックすると各内容へ飛びます- 1. アレンジコーディネート 基本コーディネートは夜の雰囲気が強いので、午後の披露宴に一般ゲストの立場で出席するのであれば、 s タイやポケットチーフ、カマーバンドなどを色や柄物にしたり、フリルなどがあしらわれたシャツを着る e など、少しアレンジを加えてもいいでしょう。 ただし、礼服として着るなら、 s ジャケットはベント(後ろ身頃に入っている切れ込み)なしで、パンツの裾はシングル e にします。

12

。 。

5

。 。 。

20

。 。 。

20

。 。

。 。 。

16