汝 英雄 の 眠り 妨げる は。 FINAL FANTASY XIV

彼がすなおにも想像していたパリーは、ドイツ芸術に関する叢書の一冊として最近世に出た書物の巻頭で見た、ある 素朴 ( そぼく )な版画の示しているパリーと、大差ないものであった。

6

流派を超越せりと好みて 傲岸 ( ごうがん )を 装 ( よそお )う者、 寧 ( むし )ろ 遙 ( はる )か下位に属する者なるべし。

19

」 過去の偉人らの作を「 古典 ( クラシック )」として演奏してる音楽学校の重鎮らにたいしては、彼はいかに 譏刺 ( きし )を事としてもまだ足りなかった。

14

世間は名誉と幸福とをその上に積み重ぬるとも、それは 死骸 ( しがい )に冠するものである。 その香気が 時 ( タイム )の風に吹き消されなければいけない。 しかし心の底では、平静な限りない 軽蔑 ( けいべつ )を彼らにたいしていだいていた。

6

そういう 霊感 ( インスピレーション )の 悦 ( よろこ )びは、クリストフに他のすべてをきらわしたほど 熾烈 ( しれつ )なものだった。 「この力こそ、 俺 ( おれ )自身だ。 彼女の天性がそうである以上は、それを 矯正 ( きょうせい )することはできない。

…… 傲慢 ( ごうまん )と光栄の欲求との悪魔から、僕はもう引きずり回されはしないぞ。 まだ……まだだ……! この身が消えたら、どこへ行くというのだ…… 私たちの記憶は……執念は……希望は……絶望は……! 幾星霜の時を超え いまだこの胸を焼き続ける無念は……ッ! 絶対に……ここで終わりにしてなるものかッ!• それもまた同じく 厭 ( いや )な遺伝で、自己を正確に表現することのはなはだしい困難さであった。 空はなお雷電を 醸 ( かも )しつづける。

19

朝食の残り物が、髪の留め針や裂けたきたない楽譜の紙とともに、 蓋 ( ふた )を開いたピアノの上にのっていた、 傍 ( かたわ )らの室ではオフェリアが、ただ騒ぐのが面白さに、子供のように声を張り上げて歌っていた。 深い無意識界から迸り出て来る自由な本能は、それとなんら関係のない明確な観念と、理性の 軛 ( くびき )の下において、否応なしに連絡させられていた。

丈夫な骨格にかかわらず多少 痩 ( や )せ形の高いすらりとした姿、多くはないがしかし 房々 ( ふさふさ )として低く束ねられてる黒髪、それに縁取られてる顔、それに 覆 ( おお )われてる 顳 ( こめかみ )と骨だった金色の 額 ( ひたい )、多少の近視、厚い 眼瞼 ( まぶた )、軽く丸みをもった眼、小鼻の開いたかなり太い鼻、 怜悧 ( れいり )そうにほっそりした頬、重々しい 頤 ( あご )、かなり濃い 色艶 ( いろつや )、そういうものをもってして彼女は、元気なきっぱりした美しい横顔をしていた。

8

それは 塵埃 ( じんあい )の喜びであり、 弛緩 ( しかん )しきって無力である。

12

ゲームタイトル ファイナルファンタジーxiv ff14 作成者 emvius. 彼はワグナーのうちに見出されるあらゆる欠点や 滑稽 ( こっけい )な点を取り上げた。 「万能なる 力 〔 マナ 〕よ……」 「我が手に宿れ!!!」(リウイ/漫画『魔法戦士リウイ 紅炎のバスタード3』p69) 「万能なる 力 〔 マナ 〕よ」 「我が手に宿れー!!」(リウイ/漫画『魔法戦士リウイ 紅炎のバスタード4』p50,p51) 「万物の根源……」(アイラ/『賢者の国の魔法戦士』p177) 「万物の根源、万能の力……」(リウイ/『呪縛の島の魔法戦士』p250) 「万能なるマナよ、戦士の刃に力を与えん」(ヒースクリフ・セイバーヘーゲン/『輝け!へっぽこ冒険譚1』p141) 「万物の根源たるマナよ、彼の剣に力を!」(ベルカナ・ライザナーザ/「バッド・レッド」『ぺらぺらーず漫遊記 乙女の巻』p118) カウンター・マジック 「我らが身に宿るマナよ 内より守りし力を…」 「カウンターマジック!!」(リザルード・ゲイヴィン/漫画『漆黒のカース』p60,p61) 「万物の象徴たるマナよ。 この人民らは 貪食 ( どんしょく )症にかかっている。

11

管絃楽は、ベートーヴェンの序曲を 几帳面 ( きちょうめん )に演奏し、それから 円舞曲 ( ワルツ )を猛然と演奏した。 」と彼は 微笑 ( ほほえ )んで言った。

4

彼は楽句の中途でぴたりと 弾 ( ひ )きやめた。 ヤ・シュトラ : ちょっ、待ちなさい……! ウィメ : え……ええ? なになに……何が起こってんの……? シャイメ : 大変ですぅ~! やっぱりこれ、生きてますぅ~!! ヤ・シュトラ : まったく! こうなったら、 やるしかないようね……! フアガス : 我は扉の守護者、「フアガス」なり……。 和音のそよぎ、鐘のように鳴り響く色調、 蜜蜂 ( みつばち )の羽音に似た 和声 ( ハーモニー )、恋せる 唇 ( くちびる )のように 微笑 ( ほほえ )む 旋律 ( メロディー )。

8