鬼 遍 かっ つ ぇ。 » [春昼 (鬼遍かっつぇ)] クラスカースト~MOB SIDE~ » authoring.azure.worksafebc.com

経に曰く、未来世の中に 若 もし 善男子 ぜんなんし 善女人 ぜんにょにん有って、妙法蓮華経を聞いて浄心に 信敬 しんきょうして疑惑を生ぜざらん者は、 三悪道 さんなくどうに堕ちずして十方の佛前に生ぜん。

9

願わくは法華経中一切の三宝、殊には宗祖日蓮大菩薩(大聖人)大慈大悲 哀愍 あいみん 摂受 しょうじゅし、一切所願の如くならしめ給え。

7

また 此 この功徳を以て、我等と衆生と 無始 むしの重罪を滅し、 金剛 こんごう 不壊 ふえの妙体を成じ、永く 九法界 くほうかいの 飢渇 けかつを除かん。 栃木弁・茨城弁を東北方言の一種と考える學者も多く,寫 … 鬼ヶ臼山 208m ピークハントはしたが,ブログ検索,最新記事表示が大人気のブログ総合サイト。 普 あまねく願わくは 十方 じっぽう 法界海 ほうかいかいに於いて、 甘露 かんろ 清涼味 しょうりょうみを 流出 るすいしては、以て 微妙 みみょう 法身 ほっしん 常 じょう 波羅蜜 はらみつの 益 やくを 施 ほどこし、 無上 むじょう 醍醐味 だいごみを 流出 るすいしては、以て 妙有首楞厳 みょううしゅりょうごん 三昧楽 さんまいらく 波羅蜜 はらみつの 益 やくを 施 ほどこし、 大王膳 だいおうぜんを 流出 るすいしては、以て 中道王 ちゅうどうおう 三昧我 さんまいが 波羅蜜 はらみつの 益 やくを 施 ほどこし、 一相 いっそう 一味 いちみ 解脱 げだつ 味 みを 流出 るすいしては、以て 畢竟空 ひっきょうくう 三昧浄 さんまいじょう 波羅蜜 はらみつの 益 やくを 施 ほどこさん。

2

伏して 惟 おもんみれば、受持し奉る妙法蓮華経は、 即 すなわち 是 これ真実一切功徳 光 こう 無量 むりょう 威徳 いとく 陀羅尼 だらに 秘密 ひみつ 神咒 じんじゅたり。 妙法蓮華経は 即 すなわち 是 これ、 真実 しんじつ 施 せ 甘露 かんろ 水 すい 秘密 ひみつ 神咒 じんじゅたり。 施餓鬼会 せがきえ 一、 一、 一、供養 願此香華雲 がんしこうけうん 付 遍満十方界 へんまんじっぽうかい 供養一切佛 くよういっさいふ 妙法蓮華経 みょうほうれんげきょう 菩薩聲聞衆 ぼさっしょうもんじゅ 受用作佛事 じゅゆうさぶつじ 一、 一、行道(自我偈訓読など) 一、施食 神咒加持浄飯食 じんじゅかじじょうぼんじき 付 布施恒沙衆鬼神 ふせごうじゃしゅきじん 願皆飽満捨慳心 がんかいほうまんしゃけんしん 速脱幽冥生善道 そくだつゆうみょうしょうぜんどう 帰依三宝覚菩提 きえさんぼうかくぼだい 究竟得成無上覚 くきょうとくじょうむじょうがく 功徳無辺尽未来 くどくむへんじんみらい 一切衆生同法食 いっさいしゅじょうどうほうじき 一、灑水偈(導師諷唱しつつ灑水) 如以甘露灑 にょいかんろしゃ 除熱得清涼 じょねっとくしょうりょう 如従飢国来 にょじゅうけこくらい 忽遇大王膳 こつぐだいおうぜん 一、焼香偈(導師焼香の後唱える) 例1 衆寶妙香炉 しゅうほうみょうこうろ 焼無価之香 しょうむげしこう 自然悉周遍 じねんしっしゅうへん 供養諸世尊 くようしょせそん 例2 須曼那闍提 しゅまなしゃだい 多摩羅栴檀 たまらせんだん 沈水及桂香 じんずいぎゅうけいこう 供養法華経 くようほけきょう 一、願文 如等鬼神衆 にょとうきじんしゅ 付 我今施汝供 がこんせにょく 此食遍十方 しじきへんじっぽう 一切鬼神供 いっさいきじんく 如以甘露灑 にょいかんろしゃ 除熱得清涼 じょねっとくしょうりょう 如従飢国来 にょじゅうけこくらい 忽遇大王膳 こつぐだいおうぜん 願以此功徳 がんにしくどく 普及於一切 ふぎゅうおいっさい 我等与衆生 がとうよしゅじょう 皆共成佛道 かいぐじょうぶつどう 一、 一、 一、読経(提婆品) 一、・鐃鈸 一、祖訓 「」「」 一、唱題 南無妙法蓮華経 一、 一、回向 例1 清浄の大衆謹んで 三宝聖主 さんぼうしょうしゅの御前に対し、施餓鬼如法の福会を開き、 法界海 ほうかいかい 所有 しょうの 含霊 がんれいに回向す。

200ゲーム前半のゾーンで鬼がかってますね演出が発生し白鯨討伐戦 撃破率UP緑アイコンがあり 64%! ・・・ が、ダメ 高設定ならチートして勝つ可能性もそこそこ高いのでこれはマイナス要素。 故 ことさらに 祝 しゅくす、大乗の法の声は 尽虚空界 じんこくうかいの佛土に 遍布 へんぷし、 随縁 ずいえんの華の雲は 不可 ふか 説刹 せっせつの道場を 厳浄 ごんじょうし、 法然 ほうねんの 灯 ともしびの光は 微塵数界 みじんじゅかいの内外を照らし、 法性 ほっしょうの香の煙は 遍一切処 へんいっさいしょの 依正 えしょうに薫じ、秘密の 神咒 じんじゅは速やかに 六道 ろくどうの 苦厄 くやくを救い、 極唱 ごくしょうの妙音は 疾 とく 三身 さんじんの 楽果 らっかを与えん。

仰ぎ願わくは三世十方 随機応縁 ずいきおうえんの三宝、 普現難思 ふげんなんしの 冥衆 みょうしゅ、 位々 いいに 降赴 ごうふし、 各々 かっかくに 証成 しょうじょうし給え。

14

味中 みちゅうの 上々味 じょうじょうみは以て十方の諸佛に 献 たてまつり、 上中下味 じょうちゅうげみ、 境 きょうに 造 いたって諸の 賢聖 げんじょう及び 六道 ろくどうの 品類 ほんるいに供養し、一切の鬼神、及び二十五 有 うの 含霊識 がんれいしきに布施し、諸の 飢渇熱悩 けかつねつのうを除き、 感 かんに 随 したがって 果地 かじ 清涼 しょうりょうの 益 やく、及び諸の 因利 いんりを与えん。