消費 税 計算 方法。 本則課税(原則課税)による消費税納税額の計算方法をわかりやすく解説

貸方 借方 未払法人税等 120,000 現金 120,000 まとめ 実務では納付書が届きそれを支払うだけなのであまり深く考えないかもしれません。 40万円の中間納付を行う場合 貸方 借方 仮払金 400,000 現金 400,000 税抜方式でも税込方式でも上記のような仕訳を行います。

7

借方 貸方 現金 108 売上 108 決算時は、支払うべき消費税を計算して租税公課として計上します。 貸方 借方 租税公課 520,000 仮払金 400,000 未払法人税等 120,000 4. 前回の確定消費税額 国税 が3,456,700円であった事業主の中間納付額 400万円以下なので、中間納付の回数は1回 確定申告を含めると2回 です。

・中国国内で製造や委託による加工を行っている場合 ・条例で規定された物を輸入する場合 ・条例で規定された物を販売する場合 消費税の計算方法 消費税と地方消費税の両方を計算していきます。 例題 前回の確定消費税額 国税 が5,648,541円であった事業主の中間納付額 国税・地方消費税 を求めよ 例題 前回の確定消費税額 国税 が412,100円であった事業主の中間納付額 国税・地方消費税 を求めよ 例題 前回の確定消費税額 国税 が53,212,500円であった事業主の中間納付額 国税・地方消費税 を求めよ 消費税の仕訳を4パターン実例付きで解説 消費税の中間納付に関して、理解していただけたと思います。 借方 貸方 仕入 54 現金 54 売上については以下のようになります。

14

(1)国内において行われるもの (2)事業者が事業として行うもの (3)対価を得て行うもの (4)資産の譲渡・貸付・役務の提供であること 非課税取引とは、国内取引、輸入取引に当てはまる取引であっても、消費税等の課税対象としてなじまないものや社会政策的な観点から課税することが適当ではない取引のことです。 直前の課税期間の消費税額 中間申告・納付回数 48万円超400万円以下 年1回(直前の課税期間の消費税額の2分の1) 400万円超4,800万円以下 年3回(直前の課税期間の消費税額の4分の1ずつ) 4,800万円超 年11回(直前の課税期間の消費税額の12分の1ずつ) 注1:上記金額のほか地方消費税額を併せて納めます。 貸方 借方 仮受法人税等 760,000 仮払法人税等 240,000 仮払金 400,000 未払法人税等 120,000 ・税込方式 税込方式の場合は売上と仕入から消費税を計算して租税公課として計上します。

・ 消費者=消費税の負担者 ・ 事業者=納税義務者 (消費者から消費税を預かって、納めるべき消費税を計算、申告、納付する) なお、このように納税の義務がある人と税金を負担する人(担税者)が異なる税金のことを「間接税」といいます。

19

。 。

3