遭難 事故。 遭難

下川耿史 『環境史年表 明治・大正編 1868-1926 』289頁 河出書房新社刊 2003年11月30日刊 :• 遭難対策 [ ] 事前対策 [ ] 登山の際に事前に出来る遭難の対策としては、まず第一に山をあなどらないこと、具体的には同行する経験者の確保、またそれのみならず各人が事前の調査を充分に行うことや、各人が必要な装備を持参すること、事前に体力を養成しておくこと、などがある。

1月6日 - 上海の東約300km、中国EEZ内ので、石油タンカー「サンチ」(Sanchi、85,000トン、載貨(最大)164,000トン、船籍・イラン国営タンカー社貸出、乗員32人)と、貨物船「CFクリスタル」(CF Crystal、42,600トン、載貨(最大)75,700トン、船籍、乗員21人 )が衝突。 男女別・年齢別比率(令和3年1月1日~8月29日) 区分 男性 人 女性 人 男女計 死者 不明 負傷 無事 計 比率 死者 不明 負傷 無事 計 比率 人数 比率 19歳 以下 1 1 23 19. 8% 13 0 41 41 95 中央 アルプス 12 7. 5% 28 28 病気 14 8. - (4年 - 6年) 船の遭難が記録に残されている。 1月31日 韓国・麗水港でタンカー「Wu Yi San(ウイサン、164,169トン、載貨(最大)318,445トン、シンガポール船籍、(上海)建造、Nova Tankers(デンマーク)、IMO 9629366)」が桟橋に衝突。

2016年(平成28年) [ ] 2017年(平成29年) [ ] 2018年(平成30年) [ ]• 2006年(平成18年) [ ] 横倒しになった クーガー・エース• 山岳遭難関連書 [ ] 脚注 も参照• 8% 4 19 23 不明・他 19 11. 3% 3 16 9 28 計 86 53. 遭難碑 [ ] で遭難した人々の() 日本では、1960年以降の登山ブームの中で遭難するケースも増加。

2

1990年代 [ ] 1990年(平成2年) [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 1950年代 [ ] 1950年(昭和25年) [ ]• 2000年代 [ ] 2000年(平成12年) [ ]• 9% 3 3 雪崩 3 1. 2020年代 [ ] 2020年(令和2年) [ ]• 5% 2 1 6 3 12 南 アルプス 4 2. 6% 7 21 14 42 計 160 25 4 75 70 174 5. Kennedy Presidential Library and Museum. 9% 7 4 1 9 21 計 160 25 4 75 70 174 6. 1980年代 [ ] 1980年(昭和55年) [ ]• 統計 [ ] 山岳遭難の個々の遭難は、海洋遭難に比べるとあまり大きく報道されない が、海洋遭難よりも圧倒的に数が多く日本だけでも毎年2,000件以上の山岳遭難と数百名におよぶ死者・行方不明者が出ており、非常に深刻な状態にある。 3月18日 沖ので、「Beagle III(12,630トン、載貨(最大)17,220トン、IMO 9478353)」とコンテナ船「ペガサスプライム(Pegasus Prime、7,406トン、載貨(最大)9,618トン、韓国船籍、IMO 9283162)」が衝突し「Beagle III」が沈没した。

5

2月12日(土) [ ] 天候によっては引き返す可能性があった が、好天だったため朝8時30分に出発。 1艘は行方不明となったが、 ()(George Pollard)の指揮するボートは、漂流93日目に南アメリカ大陸近海でアメリカの捕鯨船に救助され、一等航海士 ()(Owen Chase)の指揮するボートは、漂流89日目にの []近海でイギリスの捕鯨船に救助された。 山岳遭難発生状況(令和3年1月1日~8月29日) 令和2年数値は1月1日からの同期間数値 区分 発生件数 死者 行方不明 負傷者 無事救出 遭難者計 令和3年 160 25 4 75 70 174 令和2年 109 15 0 51 53 119 前年同期比 51 10 4 24 17 55 4. 救助 [ ] 詳細は「」を参照 救助要請を受けた場合は、警察のや消防のが担当し地元の山岳会や、やの手を借りることが多い。

3

入山時・入山後 [ ] 登山計画書提出箱(・) 事前や入山時に、入山届(。

20

14

。 。 。

8

。 。 。

11

4

。 。 。

12

19