帯状 疱疹。 帯状疱疹 (たいじょうほうしん)

「」 『臨床血液』 1998年 39巻 1号 p. 帯状疱疹後神経痛 [ ] 帯状疱疹後神経痛(たいじょうほうしんごしんけいつう、: Postherpetic neuralgia, PHN)とは、帯状疱疹に伴う神経痛様疼痛の総称で、皮疹が生じている最中の激しい疼痛と、皮疹治癒後に継続する痛みである。

14

濱田真宏, 森川貴, 山崎大輔 ほか、「」 『日本透析医学会雑誌』 2016年 49巻 4号 p.。 一般的な症状 [ ] 初期の発疹 知覚神経の走行に一致して、皮疹出現の数日前から違和感や疼痛が出現することが多い(皮疹と同時、或いは出現後の事もある)。 安岐敏行, 三原基之、「」 『西日本皮膚科』 2002年 64巻 3号 p. Clin Infect Dis 2014 Oct 1; 59:920. たいじょうほうしん 概要 帯状疱疹は水ぼうそうのウィルスと同じ、水痘・帯状疱疹ウィルス( VZV:varicella zoster virus )が再び活性化することにより起こります。

20

「」 『全日本鍼灸学会雑誌』 1984年 33巻 4号 p. 飯島一彦, 清水俊行, 井出徹 ほか、「」 『日本レーザー医学会誌』 1988年 9巻 2号 p. 「」 『全日本鍼灸学会雑誌』 1986年 36巻 2号 p. ただし、 SLE などのや AIDS 、や免疫抑制薬などで、の機能が低下していると、短期間に何回も繰り返す。 御村光子、佐藤公一、井上光、並木昭義、「」 『日本ペインクリニック学会誌』 2003年 10巻 2号 p. 当院の治療方針 1早めに診断を下し、抗ウイルス剤の内服治療を行います 2必要に応じて外用剤、鎮痛剤を使用します 3帯状疱疹後神経痛を避けるためペインクリニックと連携して治療します 4合併症、重症化に気を付けながら治療を進めます 早めに診断を下し、抗ウイルス剤の内服治療を行います 帯状疱疹は痛みを伴う皮膚病です。

1

。 。 。

18

。 。

。 。

。 。 。

。 。

1

。 。

18

。 。 。

15