山 本 周 五郎 朗読。 【朗読時代小説】日本婦道記 風鈴 山本周五郎作 朗読七味春五郎 発行元丸竹書房|AudiobookChannel|note

第1回から第10回 [ ] 回(年) 賞 受賞・候補者 受賞・候補作 刊行 第1回(1988年) 受賞 『』 1987年12月 候補 『猛き箱舟』【上下】 1987年4月 『菜の花物語』 1987年9月 集英社 『黄色い髪』 1987年12月 第2回(1989年) 受賞 『』 1989年3月 候補 『そして夜は甦る』 1988年4月 『個人教授』 1988年12月 『聖マリア・らぷそでぃ』 1989年1月 『みんなアフリカ』 1989年3月 第3回(1990年) 受賞 『』 1989年10月 新潮社 候補 『スメル男』 1989年4月 講談社 『アリスの穴の中で』 1989年8月 新潮社 『三年坂』 1989年9月 講談社 『ゐのした時空大サーカス』 1989年10月 中央公論社 『蔭桔梗』 1990年2月 新潮社 第4回(1991年) 受賞 『』 1991年2月 早川書房 候補 『無伴奏』 1990年7月 集英社 『天空の舟』【上下】 1990年7月 海越出版社 『血の日本史』 1990年12月 新潮社 『今夜、すべてのバーで』 1991年3月 講談社 第5回(1992年) 受賞 『』 1991年11月 候補 『神の火』 1991年8月 新潮社 『海峡』 1991年10月 新潮社 『地蔵記』 1992年3月 第6回(1993年) 受賞 『』 1992年7月 候補 『』 1992年9月 新潮社 『リヴィエラを撃て』 1992年10月 新潮社 『ガダラの豚』 1993年3月 第7回(1994年) 受賞 『』 1993年12月 集英社 候補 『』 1993年11月 角川書店 『帰郷』 1994年3月 文藝春秋 『彷徨える帝』 1994年3月 新潮社 第8回(1995年) 受賞 『』 1994年4月 新潮社 候補 『聖域』 1994年4月 講談社 『闇の松明』 1994年7月 文藝春秋 『鋼鉄の騎士』 1994年11月 新潮社 『見張り塔から ずっと』 1995年1月 角川書店 第9回(1996年) 受賞 『』 1995年11月 新潮社 候補 『江戸職人綺譚』 1995年9月 新潮社 『』 1996年1月 講談社 『あした蜉蝣の旅』 1996年2月 毎日新聞社 第10回(1997年) 受賞 『』 1996年8月 講談社 『』 1996年9月 双葉社 候補 『関ケ原連判状』 1996年10月 新潮社 『』 1996年10月 角川書店 『をんな紋 まろびだす川』 1997年2月 角川書店 第11回から第20回 [ ] 回(年) 賞 受賞・候補者 受賞・候補作 刊行 第11回(1998年) 受賞 『』 1998年2月 候補 『そは何者』 1997年5月 文藝春秋 『鬱』 1997年7月 双葉社 『』 1997年8月 新潮社 『』 1997年11月 新潮社 『BRAIN VALLEY』【上下】 1997年12月 角川書店 第12回(1999年) 受賞 『』 1999年2月 候補 『』【上下】 1998年9月 新潮社 『』 1998年11月 角川書店 『』 1999年2月 集英社 第13回(2000年) 受賞 『』 1999年10月 角川書店 候補 『』 1999年7月 新潮社 『』 1999年10月 角川書店 『落花流水』 1999年10月 集英社 『幽恋舟』 2000年1月 新潮社 第14回(2001年) 受賞 『』 2000年8月 新潮社 『白い薔薇の淵まで』 2001年2月 集英社 候補 『ライオンハート』 2000年12月 新潮社 『』【上下】 2001年3月 幻冬舎 第15回(2002年) 受賞 『』 2002年2月 幻冬舎 『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』 2002年3月 ホーム社 候補 『ダーク・ムーン』 2001年11月 集英社 『源内狂恋』 2002年1月 新潮社 『聚楽 太閤の錬金窟』 2002年1月 新潮社 第16回(2003年) 受賞 『』 2002年9月 候補 『ルール』 2002年4月 集英社 『コールドゲーム』 2002年9月 講談社 『黄色い目の魚』 2002年10月 新潮社 『』 2003年2月 集英社 『あやめ横丁の人々』 2003年3月 講談社 第17回(2004年) 受賞 『』 2004年1月 文藝春秋 候補 『』 2003年6月 集英社 『』 2003年8月 文藝春秋 『接近』 2003年11月 新潮社 『家守綺譚』 2004年1月 新潮社 第18回(2005年) 受賞 『』 2004年10月 『』 2005年3月 新潮社 候補 『』 2004年5月 講談社 『私が語りはじめた彼は』 2004年5月 新潮社 『』 2005年2月 角川書店 第19回(2006年) 受賞 『』 2006年2月 中央公論新社 候補 『永遠の旅行者』【上下】 2005年7月 幻冬舎 『スープ・オペラ』 2005年11月 新潮社 『』【上下】 2006年3月 文藝春秋 『終末のフール』 2006年3月 集英社 第20回(2007年) 受賞 『中庭の出来事』 2006年11月 新潮社 『』 2006年11月 角川書店 候補 『雷の季節の終わりに』 2006年10月 角川書店 『』 2007年1月 新潮社 『』 2007年3月 講談社 第21回から第30回 [ ] 回(年) 賞 受賞・候補者 受賞・候補作 刊行 第21回(2008年) 受賞 『』 2007年4月 新潮社 『』 2007年11月 新潮社 候補 『』 2007年9月 講談社 『月芝居』 2007年12月 文藝春秋 『ラットマン』 2008年1月 光文社 第22回(2009年) 受賞 『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』【上下】 2009年1月 講談社 候補 『』 2008年6月 文藝春秋 『草祭』 2008年11月 新潮社 『秋月記』 2009年1月 角川書店 『鬼の跫音』 2009年1月 角川書店 『もうすぐ』 2009年3月 新潮社 第23回(2010年) 受賞 『後悔と真実の色』 2009年10月 幻冬舎 『』 2010年3月 集英社 候補 『WILL』 2009年10月 集英社 『小太郎の左腕』 2009年10月 小学館 『』 2010年3月 新潮社 第24回(2011年) 受賞 『』 2010年7月 新潮社 候補 『』 2010年11月 小学館 『折れた竜骨』 2010年11月 『民宿雪国』 2010年12月 『』 2011年2月 角川書店 『ちょちょら』 2011年3月 新潮社 第25回(2012年) 受賞 『』 2012年1月 新潮社 候補 『オーダーメイド殺人クラブ』 2011年5月 集英社 『金色の獣、彼方に向かう』 2011年11月 双葉社 『』 2011年11月 第26回(2013年) 受賞 『』 2012年7月 新潮社 候補 『百年法』【上下】 2012年7月 角川書店 『母性』 2012年10月 新潮社 『』 2012年11月 文藝春秋 『』 2013年1月 幻冬舎 第27回(2014年) 受賞 『』 2014年3月 新潮社 候補 『』 2013年4月 河出書房新社 『』 2013年7月 ポプラ社 『』【上下】 2013年10月 新潮社 『ミッドナイト・バス』 2014年1月 文藝春秋 第28回(2015年) 受賞 『』 2015年3月 文藝春秋 候補 『人生相談。 著者 山本 周五郎 出版日 1958-10-28 「松の花」は、妻を亡くして初めて、30年越しに真実を知る男が主人公です。

ながい坂 (1966年) 全集 [ ]• もっとも周五郎は、毎日出版文化賞 樅の木は残った 、文藝春秋読者賞 青べか物語 、も辞退しております。 著者 山本 周五郎 出版日 1964-10-13 作品は8つの短編から構成されており、殺人癖のある女を描く「狂女の話」や、成就したとたんに恋から冷めてしまう男の「三度目の正直」、一家心中の悲劇を描いた「鶯ばか」など、さまざまな患者や事件を扱った内容となっています。 著者 山本 周五郎 出版日 1971-07-19 後に妻となる旧姓山崎つるは娘時代からわがまま放題で育ったお嬢様として描かれ、父親からは「鷲っ子」と呼ばれるほど気が強い娘でしたが、長い長いすれ違いの夫婦生活のうちに心を開いていきます。

1

『山本周五郎探偵小説全集』(全6巻・別巻1、、2007年 - 2008年)、編 日記 [ ]• 第9期(第33回から~):、、、、、 受賞作一覧 [ ] 年は発表年。 松の花 箭竹 梅咲きぬ 笠堀 忍緒 襖 春三度 不断草 障子 阿漕の浦 藪の陰 頬 横笛 郷土 雪しまく峠 髪かざり 糸車 菊の系図 尾花川 桃の井戸 壱岐の島 竹槍 蜜柑畑 おもかげ 二粒の飴 花の位置 墨丸 二十三年 菅笠 風鈴 小指 以上を読み上げていきます。

16

『文藝別冊 山本周五郎 背筋を伸ばす反骨の文士』(河出書房新社、2018年) 翻案作品 [ ] 映画 [ ]• - 1988年に発足 外部リンク [ ]• (1973年 - 1974年、フジテレビ、の脚本:倉本聰) - 『人情裏長屋』が原作。

。 。

18

。 。

2

。 。

12

。 。