つれづれ なり。 徒然草『つれづれなるままに』解説・品詞分解

徒然草の作者 吉田兼好(『』 画 明治時代 兼好を作者とするのが僧・正徹(後述)以来、定説になっている(ただし正徹は100年ほど後の人物であり、兼好が書いたとする明確な証拠はない)。 上野友愛 佐々木康之 内田洸(サントリー美術館)編 『徒然草 美術で楽しむ古典文学』 サントリー美術館、2014年6月 漫画化作品 [ ]• 原文・現代語訳のみはこちら 成立:鎌倉時代後期 ジャンル: 随筆 ずいひつ 作者: 兼好 けんこう 法師 ほうし ・ 吉田 よしだ 兼好 けんこう ・ 卜部 うらべ 兼好 けんこう 「黒=原文」・ 「赤=解説」・「 青=現代語訳」 つれづれなる ままに、 日暮らし、 硯 すずり に向かひて、 つれづれなる=形容動詞ナリ活用「つれづれなり」の連体形、することがなく退屈な様子、手持ちぶさたな様子。

5

宿毛内海道路 県境区間先行開通 宿毛内海道路は 県境区間を先行開通 させるのが良いと思われます。 ちょっと話を変えて、 四万十ナンバー(案1:幡多郡のみで構成):四万十市・宿毛市・土佐清水市・旧十和村・旧大正町・黒潮町・大月町・三原村 四万十ナンバー(案2:四万十川流域で構成):上記に、旧大野見村・旧東津野村・梼原町を追加 四万十ナンバー(案3:愛媛県も加えてみた):上記に、松野町・鬼北町を追加 富士山ナンバーみたいに四国西南地域で1つのプレートにしてみるのもなかなか面白しですな。

19

外部リンク [ ] ウィキソースに の原文があります。 。

19

。 。 。

1

13

。 。 。

13

。 。

4

。 。

20