ラオス 少女。 ラオス

12月2日 建国記念日 ナショナルデーとして国民の休日 12月13日 誕生日 ラオス人民民主共和国成立の功労者 社会問題 [ ] 人身売買 [ ] 、裕福なとの偽りの結婚話で騙され、をさせられるが増加していると地元メディアが報じた。 。 観光業 [ ] 首都ヴィエンチャンの 1986年ののの影響を受け、ラオスでも チンタナカーン・マイ(新思考)と呼ばれる市場経済導入が図られた。

5

交通 [ ] 詳細は「」を参照 が首都ヴィエンチャンのを拠点に国際線と国内線を運航している。

主なラーオ語新聞としては『パサション』 Pasaxon 、『ヴィエンチャン・マイ』 Vientiane Mai Newspaper がある。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 農業 [ ] の市場 少ないが満遍なく分散して暮らすラオスでは、大部分の人はを基盤とする農業を営んでいる。 更に、公認通信社カオサン・パテート・ラオ Khaosan Pathet Lao, Lao News Agency が同名の英仏語版新聞を発行している。

外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 ラオスに関連する および があります。 政治 [ ] の前文で「」を謳い、第3条では「」と規定されているなど 、を掲げるによる型の一党制が敷かれている。

6

International Institute for Strategic Studies IISS , The Military Balance 2008• ラオスでは Lao National Radio, LNR の放送が、、にて行われている。 。

19

。 。

13

11

。 。 。

10

。 。 。

14

。 。 。

。 。