日本の詩歌 その骨組みと素肌 (岩波文庫)。 *GJHp*PDF ダウンロード 日本の詩歌――その骨組みと素肌 (岩波文庫) 無料

。 「歴史的にこういう運動があり」という文学史からの流れではなく、空間や時間、哲学からの根源的現象としての「詩」の究明、ある意味で、詩の制度から離れたところからのハンマーのような、でもたしかに自分の詩論としては明確に確立されている、そういう屈強な論理が書きたい 以下引用 -------- 和歌ー作者の自己消去 和歌の和は、「互いになごやかに和らぐ」という意味がある 調和の原理そのものによって、超自然的な恐るべき存在までも、やわらげ、人間化してしまう 夏と秋と行きかふ空のかよひ路は片方すずしき風や吹くらむ 秋来ぬと目にはさやかに見えねども風のおとにぞおどろかれぬる 和歌-相手の心をとらえ、説得するための実用的手段であった。

15

。 。 。

14

2

。 。 。

7

。 。 。

10

。 。

14

。 。 。

14

。 。 。

17

。 。

5