エクセル 矢印 選択。 簡易リストボックス 入力規則 エクセル Excel [エクセルの学校]

簡易リストボックス tp0601 簡易リストボックスは Microsoft では正式には 入力規則 と呼ばれている機能です その 入力規則を使った簡単な リストボックスの作り方をわかりやすく説明します 簡易リストボックスとは• [元の値 S ] の右端の [セルマーク] をクリックします• データの入力規則 画面が表示されます、 [入力値の種類 A ] の右側の矢印を操作して [リスト] を選択し、[元の値 S :] の右端の [セルマーク] をクリックします• [入力値の種類 A ] の右側の矢印を操作して [リスト] を選択します• [元の値 S ] の右端の [セルマーク] をクリックします• 簡易リストボックスとはこの学校でつけたニックネーム 愛称 で、正確には 入力規則と言います 5 裏技• Microsoft では正式には 入力規則 と呼んでいます 簡易リストボックスの動作• [元の値 S ] の右端の [セルマーク] をクリックします• 2 入力規則の前準備 セルD1に 出張者 と入力してから、セルD2を選択します• 選択肢 の中からマウスでクリックして選んで使います ここから下は、この 簡易リストボックス の作り方です 1 選択肢として表示する中身を作成 選択肢として 表示する内容 を、下図のようにセルA1からセルA7に入力します• セルD2を選択してからセルの右隅にマウスを移動して、 黒い十字架を表示させて、マウスを下へドラッグすれば D3から下もD2と同じような簡易リストボックスにできます 3 入力規則の設定 Excel2007 Excel2007の場合:• [入力値の種類 A ] の右側の矢印を操作して [リスト] を選択します• セルD2を選択してからセルの右隅にマウスを移動して、 黒い十字架を表示させて、マウスを下へドラッグすれば D3から下もD2と同じような簡易リストボックスにできます 3 入力規則の設定 Excel2003 Excel2003の場合:• 入力規則のコピー: セルD2を選択してからセルの右下隅にマウスを移動して、 黒い十字架を表示させて、マウスを下へドラッグすれば D3から下もD2と同じような簡易リストボックスにできます 3 入力規則の設定 Excel2013 Excel2013の場合:• [入力値の種類 A ] の右側の矢印を操作して [リスト] を選択します• セルD2を選択してからセルの右隅にマウスを移動して、 黒い十字架を表示させて、マウスを下へドラッグすれば D3から下もD2と同じような簡易リストボックスにできます 3 入力規則の設定 Excel2010 Excel2010の場合:•。

6

。 。

5

。 。 。

16

。 。

。 。 。

20

。 。 。

10

。 。 。

9

6

。 。

10

5

。 。

9

。 。 。

17