関白 宣言 歌詞。 関白 宣言 歌詞

サビ2 君の中身がどうだとか 君の見た目がどうだとか そんなの気にしてないから 今までの歌詞に比べると 強引な印象がない部分になります。

6

お 前 まえを 嫁 よめに もらう 前 まえに 言 おっておきたい 事 ことがある かなりきびしい 話 はなしもするが 俺 おれの 本音 ほんねを 聴 きいておけ 俺 おれより 先 さきに 寝 ねてはいけない 俺 おれより 後 あとに 起 おきてもいけない めしは 上手 うまく 作 つくれ いつもきれいでいろ 出来 できる 範囲 はんいで 構 かまわないから 忘 わすれて くれるな 仕事 しごとも 出来 できない 男 おとこに 家庭 かていを 守 まもれる はずなど ないってことを お 前 まえには お 前 まえにしか できない 事 こともあるから それ 以外 いがいは 口出 くちだしせず 黙 だまって 俺 おれに ついてこい お 前 まえの 親 おやと 俺 おれの 親 おやと どちらも 同 おなじだ 大切 たいせつにしろ 姑 しゅうと 小姑 こじゅうと かしこくこなせ たやすいはずだ 愛 あいすればいい 人 ひとの 陰口 かげぐち 言 いうな 聞 きくな それからつまらぬ シットはするな 俺 おれは 浮気 うわきはしない たぶんしないと 思 おもう しないんじゃないかな ま、ちょっと 覚悟 かくごはしておけ 幸福 しあわせは 二人 ふたりで 育 そだてるもので どちらかが 苦労 くろうして つくろうものではないはず お 前 まえは 俺 おれの 処 とこへ 家 いえを 捨 すてて 来 くるのだから 帰 かえる 場所 ばしょは 無 ないと 思 おもえ これから 俺 おれが お 前 まえの 家 いえ 子供 こどもが 育 そだって 年 としをとったら 俺 おれより 先 さきに 死 しんではいけない 例 たとえばわずか 一日 いちにちでもいい 俺 おれより 早 はやく 逝 いってはいけない 何 なにもいらない 俺 おれの 手 てを 握 にぎり 涙 なみだのしずく ふたつ 以上 いじょうこぼせ お 前 まえのお 蔭 かげで いい 人生 じんせいだったと 俺 おれが 言 いうから 必 かならず 言 いうから 忘 わすれて くれるな 俺 おれの 愛 あいする 女 おんなは 愛 あいする 女 おんなは 生涯 しょうがいお 前 まえ ひとり 忘 わすれて くれるな 俺 おれの 愛 あいする 女 おんなは 愛 あいする 女 おんなは 生涯 しょうがい お 前 まえ ただ 一人 ひとり ルルルル・・・・・・ ラララ・・・・・・ お o 前 mae を wo 嫁 yome に ni もらう morau 前 mae に ni 言 o っておきたい tteokitai 事 koto がある gaaru かなりきびしい kanarikibishii 話 hanashi もするが mosuruga 俺 ore の no 本音 honne を wo 聴 ki いておけ iteoke 俺 ore より yori 先 saki に ni 寝 ne てはいけない tehaikenai 俺 ore より yori 後 ato に ni 起 o きてもいけない kitemoikenai めしは meshiha 上手 uma く ku 作 tsuku れ re いつもきれいでいろ itsumokireideiro 出来 deki る ru 範囲 hani で de 構 kama わないから wanaikara 忘 wasu れて rete くれるな kureruna 仕事 shigoto も mo 出来 deki ない nai 男 otoko に ni 家庭 katei を wo 守 mamo れる reru はずなど hazunado ないってことを naittekotowo お o 前 mae には niha お o 前 mae にしか nishika できない dekinai 事 koto もあるから moarukara それ sore 以外 igai は ha 口出 kuchida しせず shisezu 黙 dama って tte 俺 ore に ni ついてこい tsuitekoi お o 前 mae の no 親 oya と to 俺 ore の no 親 oya と to どちらも dochiramo 同 ona じだ jida 大切 taisetsu にしろ nishiro 姑 syuuto 小姑 kojuuto かしこくこなせ kashikokukonase たやすいはずだ tayasuihazuda 愛 ai すればいい surebaii 人 hito の no 陰口 kageguchi 言 i うな una 聞 ki くな kuna それからつまらぬ sorekaratsumaranu シット shitto はするな hasuruna 俺 ore は ha 浮気 uwaki はしない hashinai たぶんしないと tabunshinaito 思 omo う u しないんじゃないかな shinainjanaikana ま ma、 ちょっと chotto 覚悟 kakugo はしておけ hashiteoke 幸福 shiawase は ha 二人 futari で de 育 soda てるもので terumonode どちらかが dochirakaga 苦労 kurou して shite つくろうものではないはず tsukuroumonodehanaihazu お o 前 mae は ha 俺 ore の no 処 toko へ he 家 ie を wo 捨 su てて tete 来 ku るのだから runodakara 帰 kae る ru 場所 basyo は ha 無 na いと ito 思 omo え e これから korekara 俺 ore が ga お o 前 mae の no 家 ie 子供 kodomo が ga 育 soda って tte 年 toshi をとったら wotottara 俺 ore より yori 先 saki に ni 死 shi んではいけない ndehaikenai 例 tato えばわずか ebawazuka 一日 ichinichi でもいい demoii 俺 ore より yori 早 haya く ku 逝 i ってはいけない ttehaikenai 何 nani もいらない moiranai 俺 ore の no 手 te を wo 握 nigi り ri 涙 namida のしずく noshizuku ふたつ futatsu 以上 ijou こぼせ kobose お o 前 mae のお noo 蔭 kage で de いい ii 人生 jinsei だったと dattato 俺 ore が ga 言 i うから ukara 必 kanara ず zu 言 i うから ukara 忘 wasu れて rete くれるな kureruna 俺 ore の no 愛 ai する suru 女 onna は ha 愛 ai する suru 女 onna は ha 生涯 syougai お o 前 mae ひとり hitori 忘 wasu れて rete くれるな kureruna 俺 ore の no 愛 ai する suru 女 onna は ha 愛 ai する suru 女 onna は ha 生涯 syougai お o 前 mae ただ tada 一人 hitori ルルルル rurururu・・・・・・ ラララ rarara・・・・・・. ・理不尽そして自己中心的 (急に不機嫌になることがあります 理由を聞いても答えないくせにほっとくと怒ります いつもごめんね でもそんな時は懲りずにとことん付き合ってあげましょう) ・一体何様目線なのか (たまには旅行にも連れて行って 記念日にはオシャレなディナーを) ・一方的に尽くしてもらうだけか (『永久保証の私だから』以外に歌い手がパートナーの為に何かを頑張る(?)言葉がない) ・それだけしてもらえるほどの魅力を自分が持っているという絶対的な自信はどこからくるのか ・「女ってこんな風に思ってるんだ」と思われるとしたら誠に遺憾 このあたりだった。 君の中身や 見た目について 具体的にどこが好きなんてわからないけど とにかく 「好き」なのです。 歌: 作詞:さだまさし 作曲:さだまさし お前を嫁にもらう前に 言っておきたい事がある かなりきびしい話もするが 俺の本音を聴いておけ 俺より先に寝てはいけない 俺より後に起きてもいけない めしは上手く作れ いつもきれいでいろ 出来る範囲で構わないから 忘れてくれるな仕事も出来ない男に 家庭を守れるはずなどないってこと お前にはお前にしか できないこともあるから それ以外は口出しせず黙って俺についてこい お前の親と俺の親と どちらも同じだ大切にしろ 姑小姑かしこくこなせ たやすいはずだ愛すればいい 人の陰口言うな聞くな それからつまらぬシットはするな 俺は浮気はしない たぶんしないと思う しないんじゃないかな ま、ちょっと覚悟はしておけ 幸福は二人で 育てるもので どちらかが苦労して つくろうものではないはず お前は俺の処へ 家を捨てて来るのだから 帰る場所は無いと思え これから俺がお前の家 子供が育って 年をとったら 俺より先に死んではいけない 例えばわずか一日でもいい 俺より早く逝ってはいけない 何もいらない俺の手を握り 涙のしずくふたつ以上こぼせ お前のお陰でいい人生だったと 俺が言うから必ず言うから 忘れてくれるな 俺の愛する女は 愛する女は 生涯お前ひとり 忘れてくれるな 俺の愛する女は 愛する女は 生涯お前ただ一人. 脚注 [ ] 注釈 [ ]• (曲:S・ワンダー) 2001 初の長編書き下ろし小説「精霊流し」(幻冬舎)発表 2002 3月21日 東京国際フォーラムホールAにてソロコンサート通算3000回達成. さだまさし「関白宣言」の歌詞 作詞作曲:さだまさし お前を嫁にもらう前に 言っておきたい事がある かなりきびしい話もするが 俺の本音を聴いておけ 俺より先に寝てはいけない 俺より後に起きてもいけない めしは上手く作れ いつもきれいでいろ 出来る範囲で構わないから 忘れてくれるな仕事も出来ない男に 家庭を守れるはずなどないってこと お前にはお前にしか できないこともあるから それ以外は口出しせず 黙って俺についてこい お前の親と俺の親と どちらも同じだ大切にしろ 姑小姑かしこくこなせ たやすいはずだ愛すればいい 人の陰口言うな聞くな それからつまらぬシットはするな 俺は浮気はしない たぶんしないと思う しないんじゃないかな ま、ちょっと覚悟はしておけ 幸福は二人で 育てるもので どちらかが苦労して つくろうものではないはず お前は俺の処へ 家を捨てて来るのだから 帰る場所は無いと思え これから俺がお前の家 子供が育って 年をとったら 俺より先に死んではいけない 例えばわずか一日でもいい 俺より早く逝ってはいけない 何もいらない俺の手を握り 涙のしずくふたつ以上こぼせ お前のお陰でいい人生だったと 俺が言うから必ず言うから 忘れてくれるな 俺の愛する女は 愛する女は 生涯お前ひとり 忘れてくれるな 俺の愛する女は 愛する女は 生涯お前ただ一人 俺様旦那とは確実に異なり、それでいて私の知る昭和の男ともどこか違う。

9

聞こえない まじ興味ない それで、来週どこ行きたい? 聞こえない まじ興味ない は彼女と一緒にいること以外の 全ての発言や行動に対してでしょう。 君の 過去や 未来なんて 主人公にとっては非常に 「どうでもいい」のです。

映画『関白宣言』 [ ] 関白宣言 監督 脚本• 君に気がある野郎とか 俺のことが好きな子とか クソほどどうでもいいからさ 早く車に乗ってよ この部分は椎木さんのTwitterでも 呟かれていましたね。 。

関白失脚 さだまさし 1994) お前を嫁にもらったけれど言うに言えないことだらけ かなり寂しい話になるが俺の本音も聞いとくれ 俺より先に寝てもいいから、夕飯ぐらい残しておいて いつもポチと二人、昨日のカレーチンして食べる、それじゃあんまりわびしいのよ 忘れていいけど仕事もできない俺だが、精一杯頑張ってんだよ。

10

女性たちからは 「侮辱している」 「女性蔑視だ」 男性陣は 「よくぞ言ってくれた」 と大喝采。

1

悪く言えば 「横暴」 良く言えば 「心強い」 言葉ですね。

4

将棋で王手を掛けられて 「どうにも逃げられないぞ」 という状態にしてプロポーズする、 ちょっと 捻ったタイトルだった。 お前を嫁にもらう前に 言っておきたい事がある かなりきびしい話もするが 俺の本音を聴いておけ 俺より先に寝てはいけない 俺より後に起きてもいけない めしは上手く作れ いつもきれいでいろ 出来る範囲で構わないから 忘れてくれるな仕事も出来ない男に 家庭を守れるはずなどないってこと お前にはお前にしか できないこともあるから それ以外は口出しせず黙って俺についてこい お前の親と俺の親と どちらも同じだ大切にしろ 姑小姑かしこくこなせ たやすいはずだ愛すればいい 人の陰口言うな聞くな それからつまらぬシットはするな 俺は浮気はしない たぶんしないと思う しないんじゃないかな ま、ちょっと覚悟はしておけ 幸福は二人で 育てるもので どちらかが苦労して つくろうものではないはず お前は俺の処へ 家を捨てて来るのだから 帰る場所は無いと思え これから俺がお前の家 子供が育って 年をとったら 俺より先に死んではいけない 例えばわずか一日でもいい 俺より早く逝ってはいけない 何もいらない俺の手を握り 涙のしずくふたつ以上こぼせ お前のお陰でいい人生だったと 俺が言うから必ず言うから 忘れてくれるな 俺の愛する女は 愛する女は 生涯お前ひとり 忘れてくれるな 俺の愛する女は 愛する女は 生涯お前ただ一人. お前の親と俺の親と どちらも同じだ大切にしろ 姑小姑かしこくこなせ たやすいはずだ愛すればいい 人の陰口言うな聞くな それからつまらぬシットはするな 俺は浮気はしない たぶんしないと思う しないんじゃないかな ま、ちょっと覚悟はしておけ 姑と小姑問題。 さだまさしについて1973 グレープ with吉田政美 としてシングル「雪の朝」でデビュー 1974 2ndシングル「精霊流し」が大ヒット 1976 グレープを解散しソロ活動を開始ソロ1st「線香花火」、アルバム「帰去来」発売 1979 「関白宣言」発売、社会現象となる大ヒットとなる以降、「防人の詩」「秋桜(コスモス)」「北の国から」「主人公」などヒット曲多数また、1987年より長崎で平和のためのコンサートを行う(毎年8月6日) 1998 テイチクに移籍 1999 NHK紅白歌合戦で全員合唱曲"A song for children"の日本語詞を担当。

。 。

1

。 。 。

4

2