車 争い 品詞 分解。 車 争い 品詞 分解

源氏物語 葵 巻 車争い 朗読 解説 わたる風よりにほふマルボロ 品詞分解 今 名 は 係助(提示) 昔、 名 阿蘇のなにがし 名 と 格助(引用) いふ 動(ハ四・連体) 史 名 あり 動(ラ変・連用) けり。 吠ゆる=ヤ行下二段動詞「吠ゆ」の連体形 大鏡 高校古文こういう話 ・ 竹取物語「かぐや姫の昇天」の現代語訳と品詞分解です。

11

御息所=六 勉強応援サイト 源氏物語『車争ひ』解説・品詞分解(1)「源氏物語:車争ひ〜前編〜」の現代語訳(口語訳) 六条 ろくじょう の御息所 みやすどころ は、前坊(前の皇太子)の妃 きさき であったが、死別して後、光源氏 ひかるげんじ をひそかに通わせるようになっていた。

5

榻などもみな押し折られて、本来ある場所とは全く違う車の轂(こしき)に掛けているので、 またなう 人わろく、くやしう、何に 来 つ らむと思ふに かひなし。

2

なるを助動詞接続 源氏の五十余巻の 途中で出てくる 「たまへる」の品詞分解は たまへ ハ行四段連用形 る 助動詞存続連体形 と習ったのですが、たまへは已然形ではないのでしょうか?ネットで調べても連用形になっていました。 過去の助動詞「けり」終止形 つれなしつくれ ラ行四段活用動詞「つれなしつくる」已然形 ど、 接続助詞 おのづから 副詞 見知り ラ行四段活用動詞「見知る」連用形。 。

12

」 などと言うのを、(葵上のお供の中には その源氏の大将方の人も交じっているので、 御息所の方を気の毒とは思いながらも、 そのことに気を使うようなのも面倒なので、知らん振りをしている。 品詞分解 斎宮 名詞 の 格助詞 御母御息所 名詞 もの 名詞 思し乱るる ラ行下二段活用動詞「思し乱る」連体形 慰め 名詞 に 格助詞 も 係助詞 や 係助詞 係り結び 結びはなし と、 格助詞 忍び 上二段活用動詞「忍ぶ」連用形 て 接続助詞 出で ダ行下二段活用動詞「出づ」連用形 給へ 尊敬語ハ行四段活用動詞「給ふ」已然形 る 完了の助動詞「り」連体形 なり 断定の助動詞「なり」連用形 けり。

2

助動(過去・連体)結 家 名 は 係助(提示) 西の京 名 に 格助(場所) あり 動(ラ変・連用) けれ 助動(過去・已然) ば、 接助(順接確定) 公事 名 あり 動(ラ変・連用) て 接助(単純) 内 名 に 格助(場所) 参り 謙動(ラ四・連用) て、 接助(単純) 夜 名 更け 動(カ下二・連用) て 接助(単純) 家 名 に 格助(方向) 帰り 動(ラ四・連用) ける 助動(過去・連体) に、 格助(時間) 東 名 の 格助(連体修飾) 中の御門 名 より 格助(起点) 出で 動(ダ下二・連用) て、 接助(単純) 車 名 に 格助(対象) 乗り 動(ラ四・連用) て 接助(単純) 大宮下り 名 に 格助(方向) やら 動(ラ四・未然) せ 助動(使役・連用) て 接助(単純) 行き 動(カ四・連用) ける 助動(過去・連体) に、 接助(単純) 着 動(カ上一・連用) たる 助動(存続・連体) 装束 名 を 格助(対象) みな 副 解き 動(カ四・連用) て、 接助(単純) 片端 名 より 格助(起点) みな 副 たたみ 動(マ四・連用) て、 接助(単純) 車 名 の 格助(連体修飾) 畳 名 の 格助(連体修飾) 下 名 に 格助(場所) うるはしく 形(シク・連用) 置き 動(カ四・連用) て、 接助(単純) そ 代名 の 格助(連体修飾) 上 名 に 格助(場所) 畳 名 を 格助(対象) 敷き 動(カ四・連用) て、 接助(単純) 史 名 は 係助(提示) 冠 名 を 格助(対象) し、 動(サ変・連用) 襪 名 を 格助(対象) 履き 動(カ四・連用) て、 接助(単純) 裸 名 に 格助(結果) なり 動(ラ四・連用) て 接助(単純) 車 名 の 格助(連体修飾) 内 名 に 格助(場所) ゐ 動(ワ上一・連用) たり。

14