嘘 も 方便 意味。 方便の意味や由来を徹底解説!「嘘も方便」の使い方は?

(目的は手段を正当化する) He that cannot dissembble know not how to live.。 嘘と盗みは互 たが いに隣同士:嘘と盗みは紙一重 かみひとえ の存在であるということ• He that cannot dissemble know not how to live. A lie does good how little a while soever it be believed. 例えば、「寝坊をして会社に 遅刻することになったが、 上司には体調が悪かったと嘘をついた」や 「友達に食事に誘われたが、行くのが 面倒だったため、用事があると嘘をついた」 場合などです。

17

仏教用語 嘘も方便の「方便」とは もともと 仏教から生まれた言葉で、 「たとえ仏であっても民衆を 教え導くためには嘘をつくこともある」 という意味を持っています。 このように、 嘘をつくことで 「誰かが救われた時」や 「物事が円滑に進んだ時」に 嘘も方便を使います。

9

は『 阿含経 ( あごんきょう )』に、これを いかだにたとえられています。 『クッダカニカーヤ』(Khuddhaka Nikaya)の「長老尼の譬喩」(Theri Apadana)の 第22章「キサーゴータミーの譬喩」(Kisagotami apadanau)には、釈迦が、我が子を亡くしたキサーゴータミーという女性に対して、「死者を出したことの無い家からカラシの種をもらってきたら、その子が生き返る薬を作ってあげよう」と言う場面がある。

4

(偽ることのできない人は、生き方を知らない人である) A lie does good how little a while soever it be believed. The end justifies the means. これを「 従仮入真 ( じゅうけにゅうしん )」といいます。 (偽ることのできない人は、生き方を知らない人である) A lie does good how little a while soever it be believed. (目的は手段を正当化する) He that cannot dissembble know not how to live. 「 品 ( ほん )」というのは章のことで、前半14章のうちの2章目が、方便の章ということです。

【類義語】 ・嘘つき世渡り上手 ・嘘は世の宝 ・嘘も重宝 ・嘘も追従も世渡り ・嘘も誠も話の手管 ・嘘をつかねば仏になれぬ 【対義語】 ・嘘つきは泥棒の始まり ・嘘つきは盗人の苗代 ・嘘と盗みは互いに隣同士 ・嘘は盗人の始まり ・嘘は盗みの基 ・嘘を言うと閻魔様に舌を抜かれる ・嘘を言えば地獄へ行く ・嘘をつくと腹に竹が生える ・正直は一生の宝 【英語訳】 ・The end justifies the means. (ちなみに『 法華経』については、「」に分かりやすく解説してあります) 「 方便」は、もともとインドの「 ウパーヤ」という言葉を翻訳した言葉で、目的に「 近づく」という意味です。 。 。

10

。 。 。

7

。 。 。

13

15

。 。 。

2

11