ギラン バレー 症候群 看護。 ギラン バレー 症候群 看護

ギラン・バレー症候群による疼痛に対して臨床研究によるデータがあるのは カルバマゼピン Crit Care Med 2000;28:655-658 と ガバペンチン Anesth Analg 2002;95:1719-1723 です。

15

ギランバレー症候群の原因・症状・治療法 [脳・神経の病気] All About だいたい発病4週間目がピークと言われており、他にも腰痛・顔面麻痺・ろれつが回らない・感覚麻痺・自律神経障害・呼吸困難・排尿障害などの症状が出るようになるでしょう。 ギラン・バレー症候群の疼痛が神経根痛由来だと SLR straight leg raising test が陽性となる場合もよくあり、疼痛だけだと腰部椎間板ヘルニアによる神経根症との鑑別が当初は難しい場合もあります。 1 呼吸筋麻痺が生じることで生命へのリスクがある 短期目標 異常の早期発見、呼吸筋麻痺による生命へのリスクを最小限にできる OP 観察項目 ・VS(血圧、体温、脈、SPO2、呼吸回数、呼吸リズム) ・呼吸困難感の有無 ・無呼吸の有無と程度 ・胸郭の動き ・検査データ TP ケア項目 ・心電図モニターを装着し、医師の指示が出るまでモニタリングを行う ・緊急時に備えて人工呼吸器やエアウェイ、気管挿管グッズ等を準備する ・モニタリング中異常アラームが鳴ればすぐに訪室をする EP 教育・指導項目 ・呼吸困難感が生じたらすぐに看護師を呼ぶよう説明する ・モニターは自己にて外さないように説明する 2 嚥下筋の麻痺により誤嚥性肺炎の可能性がある 短期目標 誤嚥性肺炎を起こさずに経過できる OP 観察項目 ・VS(体温、血圧、SPO2、呼吸音、エア入り、左右差がないか) ・食形態、とろみの使用の有無 ・過去の誤嚥の有無と程度 ・咳嗽、喀痰の有無 ・自己喀痰の可否 ・VF(嚥下造影検査)施行の有無と結果 ・舌の動き ・発声、発語が明瞭か TP ケア項目 ・患者の食事状況に合わせて食形態を変更する。

12

。 。

15

。 。

14

。 。

5

。 。