123 便 機長。 生存者の一人・落合由美さんの証言

そして 空中で ナゾの爆発が2回起こり 前後に付き添う2機の自衛隊機が目撃されています とうとう 御巣鷹山に墜落。 しかし、氏名不詳の110番通報によりもたらされた 「長野県北相木村のぶどう峠付近に墜落した」との情報や、 日本航空による22時の広報では「御座山北斜面」、 運輸省は事故現場の緯度経度(北緯36度02分、東経138度41分)の他に 「長野県南佐久郡御座山北斜面」、 朝日新聞では防衛庁からとして「現場は長野県の御座山北斜面」などの 誤報が繰り返され、これらの情報で地上からの捜索は混乱した。 墜落からおよそ14時間が過ぎた、8月13日午前8時半に、 長野県警機動隊員2名がヘリコプターから現場付近にラペリング降下し、 その後陸上自衛隊第1空挺団(指揮官:岡部俊哉 現陸上幕僚長 )員が 現場に降下して救難活動を開始。

・完全遺体 五体が完全に揃っている場合のほか、上下顎部等の一部が残存している死体または死体の一部(頭部の一部分でも胴体=心臓部=と首でつながっている死体) ・離断遺体 頭部、顔面、または下顎部等の一部がすべて離断している死体および死体の一部(頭部と胴体部が完全に離れている死体) 以下は、本書中、最も強い衝撃を受けた墜落遺体に関する描写である。

事故調査 引用: 日本航空123便墜落事故が起きた後におこなわれた事故調査では、123便の後部圧力隔壁が以前起こした尻もち事故の修理の際、 修理が本来3列分のリベット穴のあいた結合板を使って修理するところを、結合版を2枚にカットして使っていたために接点が1列分しかなくなったことで強度不足に陥りその結果、圧力隔壁に穴があき、尾翼に向かって空気が流れ込み垂直尾翼や機体後部が吹き飛ばされ、 その時に油圧パイプも一緒に破壊されてしまったことで完全に操縦できなくなってしまい、今回の日本航空123便墜落事故の原因だとされていました。

10

口外すれば家族にまで危害が及ぶと言う事を暗にほのめかされ・・ 訓練中の標的機(オレンジ色)が123便にぶつかった残骸の回収を優先 JAL123軍事破壊・軍事焼却の背景は中曽根康弘軍事指揮にあり より(抜粋引用) 「おかあさーん」と呼ぶ男の子の声もしました。 なぜ名古屋空港ではなく羽田にこだわったのでしょうか? 実はこのころ、左右のエンジンの出力調整だけで、 ダッチロールとフゴイドをかなり減衰させることに成功していたことと、 羽田空港は大きな空港なので滑走路も広くて長く、 また緊急事態に対しての設備などもしっかりしているので 迅速な対応が可能という点で羽田に戻ることを望んだのではないかと思われます。

6

乗務員に対しての批判 垂直尾翼が破壊されたことによって油圧を失い、 操縦不能状態の123便を何とか羽田空港まで戻ろうと 懸命に操縦桿を握っていましたが 暗中模索の末、御巣鷹山に墜落しました。

10

。 。 。

11

。 。

1

7

。 。

17

。 。

5

。 。 。

6

3