消防 士 年収。 【東京消防庁の給料】年収・ボーナス・退職金・生涯収入を全てまとめました。|次席合格元県庁職員シュンの公務員塾

年収・給料をUPさせるには? この業界で働いていく上で、年収・給料をUPさせるためには、 『 資格を取ってスキルアップを目指す』 という方法が一番の近道だと私は思います。 【大きな規模の会社の年収例】 (A社)年収 : 入社3年442万円(20代前半) (B社)年収 : 年収400万円~ (C社)年収 : 年収512万円・経験6年 工事士. 2歳 29万8487円 9万6112円 39万4599円 146万4091円 619万9279円 2016年 38. 参考1 消防士(全国平均)の生涯収入 260,849,288円 関連記事 参考2 一般行政職地方公務員の生涯収入 258,708,692円 関連記事 参考3 民間の生涯収入(60歳まで、退職金含む) 288,000,000円(大卒・院卒) 221,500,000円(高卒) 出典(労働政策研究・研修機構『ユースフル労働統計2017』) おわりに 以上、東京消防庁のお金に関するデータについてまとめてみました。

8

消防士(消防官)の平均年収ってどのくらい? 自治体規模別の平均年収について 東京消防庁 政令都市 中核市 一般市 町・村役場 平均年収 780万円 720万円 680万円 620万円 580万円 上記は概ねの平均年収になります。 9歳 30万2839円 9万5173円 39万8012円 137万1167円 614万7311円 2013年 39. 1歳 31万3234円 9万9526円 41万2760円 136万7300円 632万420円 2010年 40. 退職金について 2018年 地方公務員 都道府県退職金データより 正確な消防士限定の退職金ではありませんが、消防士は一般職員と同様に近い退職金が支給されています。 消防士の年収の本音 消防士の口コミ年収 20代 年収420万円 ・給料はとてもよく、お金に困ることはあまりありませんでした。

19

2 乙種 年度 区分 乙種 合計 1類 2類 3類 4類 5類 6類 7類 乙種計 30 申請者 537 158 202 2,889 250 5,686 1,466 11,188 24,028 受験者 428 130 180 2,268 207 4,547 1,227 8,987 18,838 合格者 135 55 56 734 86 1,838 750 3,654 6,930 合格率 31. 6歳 30万1535円 9万6048円 39万7583円 140万2838円 617万3834円 2014年 38. 年齢 都道府県 東京都 政令指定都市(札幌、仙台、福岡、名古屋等) 町村 18~19歳 247. 平均年収 年収中央値 関西圏全体 401万6千円 375万円 大阪府 425万6千円 450万円 京都府 393万円 360万円 兵庫県 386万2千円 375万円 大阪府は東京に次いで数値が高く、 平均年収425万6千円、 年収中央値450万円という結果に。

15

上位資格を取得する 現在の職場の人間関係が良好で、給与以外の不満点がない方は、 上位資格 =甲種 を取得してみるのはいかがでしょうか。 一般市 年齢 階級・役職 月収 ボーナス 年収 18歳~20歳 消防士(係) 15万円 45万円 250万円 21歳~24歳 消防士(係) 23万円 60万円 300万円 25歳~29歳 消防士(係) 27万円 75万円 380万円 30歳~34歳 消防副士長(係) 30万円 90万円 470万円 35歳~39歳 消防副士長(係) 34万円 110万円 580万円 40歳~44歳 消防士長(主任) 36万円 130万円 680万円 45歳~49歳 消防司令補(課長級) 40万円 150万円 740万円 50歳~54歳 消防司令(署長級) 45万円 170万円 800万円 55歳~59歳 消防司令(部長級) 50万円 200万円 900万円 60歳(定年) 消防司令長(部長級) 60万円 240万円 1000万円 (退職金3200万円) 自治体規模が小さいので政令都市では課長級に値する消防司令長がトップ階級になります。

16

(東京消防庁の場合) 給料は、 ・消防士 19万5,000〜37万5,000円(推定) ・消防副士長 21万5,000〜40万5,000円(推定) ・消防士長 22万0,000〜33万0,000円(推定) ・消防司令 26万5,000〜48万5,000円(推定) ・消防司令長 28万0,000〜51万0,000円(推定) ・消防監 31万5,000〜55万0,000円(推定) ・消防正監 35万5,000〜57万5,000円(推定) ・消防司監 49万0,000〜65万0,000円(推定) ・消防総監 70万5,000〜125万0,000円(推定) となっています。 消防士のボーナスなど収入状況 年 年齢 平均給与 諸手当 月額給与 賞与 年収 2019年 38. 5歳 31万7766円 9万7228円 41万4994円 138万5889円 636万5817円 2009年 40. 2歳 29万9781円 10万6527円 40万6308円 150万6150円 638万1846円 2018年 38. 9歳 32万2955円 9万8710円 42万1665円 148万712円 654万692円 2008年 41. 受験料、試験日、試験地、申込期間、資格手当 詳細については 受験料 甲種:5,700 乙種:3,800 試験日 消防設備士試験科目 消防設備士の試験は甲種、乙種ともに学科試験と実技試験に分かれています。 消防士の年収を詳しく解説 消防士に興味がある方のための役立つ情報を紹介 消防士は718万円が平均年収でした!(地方公務員給与実態調査結果の概要調べ) 消防士の年収の平均は、 718万円でした。

17

階級 年収 消防士 約300万円 消防士長 約400~500万円 消防司令 約500~600万円 消防司監 約1000万円 課長補佐に相当する消防司令で年収600万円ですから、 現場の消防士と民間企業のサラリーマンに大きな年収差はありません。 4歳 32万9198円 9万8894円 42万8092円 163万3986円 677万1090円 2007年 41. 8歳 33万5093円 9万6123円 43万1216円 165万8700円 683万3292円 2019年 消防士の平均年収は638万1846円ボーナス・賞与150万6150円でした。 合格者数、合格率 甲種 年度 区分 甲種 特類 1類 2類 3類 4類 5類 甲種計 30 申請者 336 3,650 1,015 1,137 5,641 1,061 12,840 受験者 299 2,658 820 913 4,319 842 9,851 合格者 66 817 285 350 1,471 287 3,276 合格率 22. 政令都市 年齢 階級・役職 月収 ボーナス 年収 18歳~20歳 消防士(係) 20万円 60万円 320万円 21歳~24歳 消防士(係) 28万円 90万円 380万円 25歳~29歳 消防副士長(係) 32万円 100万円 480万円 30歳~34歳 消防副士長(係) 35万円 120万円 600万円 35歳~39歳 消防士長(副主任) 40万円 140万円 700万円 40歳~44歳 消防司令補(主任) 44万円 160万円 750万円 45歳~49歳 消防司令(課長補佐級) 48万円 180万円 820万円 50歳~54歳 消防司令長(課長級) 52万円 200万円 900万円 55歳~59歳 消防監(部長級) 60万円 240万円 1000万円 60歳(定年) 消防正監(部長級) 65万円 280万円 1200万円 (退職金4000万円) 政令都市の消防官は比較的給与水準の高い傾向があります。

町・村役場 年齢 階級・役職 月収 ボーナス 年収 18歳~20歳 消防士(係) 15万円 45万円 250万円 21歳~24歳 消防士(係) 22万円 55万円 290万円 25歳~29歳 消防士(係) 27万円 70万円 350万円 30歳~34歳 消防副士長(係) 30万円 80万円 420万円 35歳~39歳 消防副士長(係) 32万円 100万円 550万円 40歳~44歳 消防士長(主任) 35万円 120万円 640万円 45歳~49歳 消防司令補(課長級) 38万円 140万円 720万円 50歳~54歳 消防司令補(課長級) 44万円 160万円 770万円 55歳~59歳 消防司令(署長級) 50万円 190万円 880万円 60歳(定年) 消防司令長(消防長) 60万円 240万円 1000万円 (退職金3200万円) 町、村の場合ですと募集枠が極端に少ないのが特徴的になります。 ・ 消防士 19万5,000〜37万5,000円(推定) ・ 消防副士長 21万5,000〜40万5,000円(推定) ・ 消防士長 22万0,000〜33万0,000円(推定) 注釈:東京消防庁の係員クラス、政令指定都市消防本部の副隊長クラス (出典:消防吏員の階級システム) ・ 消防司令 26万5,000〜48万5,000円(推定) 注釈:東京消防庁の課長補佐・係長・出張所長クラス、政令指定都市消防本部の副署長・係長・所長クラス (出典:消防吏員の階級システム) ・ 消防司令長 28万0,000〜51万0,000円(推定) 注釈:東京消防庁の方面本部副長・課長・室長・装備工場長・航空体長クラス 政令指定都市消防本部の署長・課長・隊長クラス、中核市消防本部の課長・課長補佐・消防訓練センター所長クラス (出典:消防吏員の階級システム) ・ 消防監 31万5,000〜55万0,000円(推定) 注釈:東京消防庁の参事・署長・消防学校副校長クラス、政令指定都市消防本部の部長・参事・署長・課長クラス (出典:消防吏員の階級システム) ・ 消防正監 35万5,000〜57万5,000円(推定) 注釈:東京消防庁の消防学校長・消防化学研究所長・部長クラス、政令指定都市の消防本部の理事・次長・部長クラス 中核市の消防本部の消防長クラス (出典:消防吏員の階級システム) ・ 消防司監 49万0,000〜65万0,000円(推定) 注釈:東京消防庁の次長や部長クラス、政令指定都市の消防長(消防局長) (出典:消防吏員の階級システム) ・ 消防総監 70万5,,000〜125万0,000円(推定) 注釈:東京消防庁の長のことで、階級を表す同時に職名でもあります。

14

。 。 。

10

。 。

12