読書 感想 文 書き方。 読書感想文の書き方!5つのコツを例文つきで小中高別に解説!

物語 ものがたり の 登場 とうじょう 人物 じんぶつ を、 自分 じぶん や 家族 かぞく 、 友 とも だちとくらべてみて、その 感想 かんそう を 書 か く。

第一段落 「なんでこの本を読みたいと思ったの?」 第一段落では、あなた(読書感想文を書く生徒さん)のことを正直に教えてください! 「普段読書はしないけど、読書していることにしよう、、」などとウソを書く必要は全くありません!! 第二段落 あらすじ「どんなお話なの?」 第二段落ではあらすじを書きます。 心 こころ に 残 のこ った 文章 ぶんしょう を 書 か く いっぱい 書 か けないときは 内容 ないよう をふくらませる 読書 どくしょ 感想文 かんそうぶん は「 原稿 げんこう 用紙 ようし に5まい 以上 いじょう 」みたいに、 書 か くまい 数 すう が 決 き まっているよね。 読書感想文をこれから書こうとしている 小学生、中学生、そしてその保護者のかたへ 強烈なホンモノ体験が、 よい読書感想文を生む早道! 読書感想文を書く上で、大切なポイントがいくつかあります。

7

コンクール主催 全国学校図書協議会理事長 森田盛行氏の言葉 「読書感想文を書く目的は、本を読んで、自分で何かを思ったり、考えたりする、そしてその思いを言葉で形にすることです」 以下では、読書感想文で高得点を取るために欠かせない 3つのポイントをご紹介いたします。

15

結 むす びの 文 ぶん 主人公 しゅじんこう のこれからについて、 自分 じぶん なりに 想像 そうぞう したことを 書 か いてみる。 結 むす びの 文 ぶん ……などなど• 笑 読書感想文を書くための本の 「読み方」についてはこちら 読書感想文で意識すべきは・・・ 「学びを伝える」 「体験談や社会をからめる」 「多角的考察」 「表現の工夫」 2021年の「読書感想文対策」には 是非こちらのページもご覧ください 書き方・考え方の例つきです. 文章による表現力 ・ 言葉の選択 ・文章の構成 例えば「母親が認めてくれなかった様子」を表す場合も、単純な表現をすれば・・・ 「母は認めてくれなかった」となりますが、場合によっては 「母は首を縦には振ってくれなかった」というような表現もできるはずです。

3

自分 じぶん の 感想 かんそう が 伝 つた わる 題名 だいめい (タイトル)にしよう 「~を 読 よ んで」というタイトルではなく、 自分 じぶん の 気持 きも ちや 考 かんが えが 伝 つた わるようなタイトルをつけると、 書 か きたいことが、 読 よ んでいる 人 ひと にもはっきり 伝 つた わるよ。

6

・どんな本や作品を選んだらよいかわからない ・そもそも何を書けばよいかわからない ・あらすじばかりの文章になってしまう ・文章のまとめ方がわからない ・書き始めや、終わり方がわからない このような状態から抜け出すためには、まず感想文を書くまでのプロセスを4つに分解することが必要です。

1

内容 ないよう をふくらませるには、「こう 思 おも った」という 感想 かんそう だけを 書 か くのではなく、 自分 じぶん の 体験談 たいけんだん なんかを 取 と り 入 い れるといいよ。

13

書くときは、 ・この本を読む前の印象(タイトルからどう思ったかなど) ・読み終わって感じたこと、思ったこと ・いいと思ったところ(感動したところ) ・嫌い、悪いと思ったところ などをうまく構成して書くとよいでしょう。 ……やっぱりそうだ! ベルガモットおじさんも読書感想文も! 世の中ウソだらけだ! もう生きるのがいやになった! ウワアアアアアアアアア!!! あっ、待てケビンくん! ドドドドドドドドド……… 走り出したケビンくんは、イグアスの滝の急流に飛びこんで消えていった。 <本に関する情報> ・この本を選んだ理由 ・本を読む前の印象 ・本の内容 <心を動かされた内容> ・本を読んで新しく知ったこと、気づいたこと ・感動したところや印象に残った場面とその理由 ・疑問に思ったところとその理由 ・好きな登場人物や場面とその理由 ・嫌いな登場人物や場面とその理由 <本を読んだあとの感想や意見> ・本を読んだあと、どう思ったか ・本を読んで、自分の考えが変わったと思うところ <さらに深く掘り下げるために> ・同じような経験をしたことがあると感じたところはあるか。

6

そういうのに任せたらダメ? まあ、夏休みの宿題くらいならいいんじゃないか? 『坊っちゃん』のAmazonレビュー切り貼りして完成させるのは? やりたければやれば? いいんだ。

11

こちらでは、学校では教えてくれない読書感想文の 「構成の例 書き方の順序 」や 「書き方のコツ」「審査基準」などを紹介しています。

2