日航 ジャンボ。 もう1つの日航ジャンボ機事故

54分:クルーは現在地を見失い 、航空機関士が羽田に現在地を尋ね、 から25マイル 40 km 西の地点であると告げられる。

8

さようなら 須美子 みき 恭子 賢太郎 18・45 機体は水平で安定して 酸素が少ない気分が悪るい 機内よりがんばろうの声がする 機体がどうなったかのかわからない 18・46 着陸が心配だ スチュワーデスは冷せいだ 吉村一男 さん(43) 横浜市金沢区。 米軍輸送機が上空から火災を確認 [ ] 航空自衛隊救難隊KV-107 19時54分、 所属のが、救難捜索機、ヘリコプターを、要請がないまま発進。 日航機墜落事故 日航ジャンボ機墜落事故 、犠牲者の遺書とメモ 日航機墜落事故で亡くなった人の遺書とメモ書き 死を覚悟して家族宛に書かれた遺書、不時着に備えて、機内アナウンス原 稿を書いたメモが残されていた。

「ジャンボ機墜落 全員不起訴 前橋地検発表 ボ社・日航・運輸省の30人」『朝日新聞 朝刊 』、1989年11月23日、1面。 【政府関係機関が動き出す】 20時16分 (1時間20分経過) 藤波官房長官が首相公邸に入り、軽井沢より戻った首相と事 故の対応策について協議し政府対策本部の設置を決めた。

午前10時54分 生存者発見 へ 以上の経過から分かるように極めて早い時期に現場は確定できる状態に あった。

事故後の対策 [ ] 与圧空気流入による操縦システム破壊の防止策 [ ] NTSBは事故発生の4ヶ月後の1985年(昭和60年)12月5日、FAAに対し8項目の改善勧告を行った。

18

演劇 [ ] 『赤い鳥逃げた…』 がに初演。

10

追悼施設 [ ] 詳細は「」を参照 事故後 [ ] 8・12連絡会と航空安全国際ラリー組織委員会 [ ] 本事故の犠牲者の遺族は、1985年(昭和60年)12月に遺族会「8・12連絡会」を結成した。 91—92 付録5 付図-1 DFDR拡大図 事故調査報告書についての解説• 特にお世話になった先輩の某さんは、新婚で結婚後初めてのフライトだったんです」 リアルライブ「つまり人ごとではない、自分がお世話になった先輩方が、最後に命をかけて伝えようとした事故の真実を知りたいという気持ちが強かったんですね」 青山「真実プラス、プロ意識ですね」 リアルライブ「それはジャーナリズムの? それともJALの元関係者としてのプロ意識ですか?」 青山「いわゆる JALの 仕事としてのプロ意識を私が受け継いだ以上、ジャーナリズムとして、それを伝承したいという意図です」 リアルライブ「つまり、JALの社員である以上に、ジャーナリストとして真実を今から広めていくのがご自分の役割だというのですね」 青山「そうですね、はい」 リアルライブ「身の危険とかは考えなかったんですか?」 青山「ええと、この私の周りでですか? 一切ないです。 尾翼はボックス・ビーム構造 box beam structure で作られていて、桁 spar 、小骨 rib 、縦通材 stringer 、外板 skin で構成される。

15

参考文献 [ ] 事故調査報告書 [ ]• このまま、 123 便を横田に着陸させると、自衛隊標的機の日航機へ の衝突の不祥事が白日の下に晒され、自衛隊、自衛隊最高指揮権限者である中曽根総理の責任が問われて、辞任辞職となり、 永久に政界での役割、活動は行えなくなる。

14

「「不起訴不当」に歓声も 日航機惨事検察審決議 声を詰まらす遺族」『読売新聞 朝刊 』、1990年4月26日、30面。

11

【離陸から墜落まで】 18時12分 羽田を離陸 18時25分 日本航空123便が緊急事態の発生を告げた。 (原著 ) 関連項目 [ ]• 「重かった5年の歳月 8・12 日航惨事 公訴の時効成立」『読売新聞 朝刊 』、1990年8月12日、27面。 事故調査 [ ] (委員長:東京大学名誉教授工学博士の八田桂三は病気のため途中で退任、後任は所長の武田峻 )は、事故発生2日後のに墜落現場に入り、本格的な調査を開始した。

141 付図-5 胴体ステーション及び座席配置図 事故調査報告書 別添• 「524人乗り日航機墜落 航空史上空前の大惨事 御巣鷹山(群馬・長野県境)付近に」『読売新聞 朝刊 』、1985年8月13日、1面。 おちついて下さい ベルトをはずし 身のまわりを用意して下さい 荷物は持たない 指示に従って下さい PAX(乗客)への第一声 各DOORの使用可否 機外の火災CK(チェック) CREW(乗員)間CK ベルトを外して ハイヒール 荷物は持たないで 前の人2列 ジャンプして 機体から離れて下さい ハイヒールを脱いで下さい 荷物を持たないで下さい 年寄りや体の不自由な人に手を貸 火災 姿勢を低くしてタオルで口と鼻を覆って下さい 前の人に続いてあっちへ移動して下さい. 機体が大きく左右にゆれている 18・30 急に降下中 水平ヒコーしている 日本航空18・00大阪行事故 死ぬかもしれない 村上良平 みんな元気でくらして下さい。

17

プレスリリース , 日本航空, 2006年4月29日 ,• 「日航ジャンボ機墜落、炎上 長野・群馬県境の山中 乗客ら524人絶望か 世界最大の航空機惨事」『上毛新聞 朝刊 』、1985年8月13日、1面。 【自衛隊情報を否定する公的情報】 23時30分 (4時間34分経過) 長野県警は御座山の捜索結果から「現場は群馬県内と判断し ている」との見解を発表する。 3マイル 南南西2km 04時39分 航空自衛隊救難隊 KV-107ヘリコプター 上空より墜落現場確認 三国山西約3km 扇平山北約1km 南西3km 05時00分 陸上自衛隊 HU-1Bヘリコプター 日の出とともに上空より墜落現場確認 三国山北西約2km 南南東1km以下 05時33分 航空自衛隊 KV-107ヘリコプター 上空より墜落現場確認 三国峠方位340度3km 北北東1km 05時37分 長野県警察 ヘリコプター 上空より墜落現場確認 08時30分 長野県警察 ヘリコプター 墜落現場に機動隊員2名ラペリング降下 09時00分 陸上自衛隊 ヘリコプター 墜落現場に空挺団員降下:陸路で捜索隊到着 陸上からの救難活動の遅れ [ ] 各航空機による墜落場所の測位位置図 地上からは、、、の各県警が墜落現場の捜索にあたった。