公務員 適性 検査。 公務員の適性検査の内容

検査方法は「あなたの性格や特徴を問う質問」が合計120問出題され、自分に当てはまる回答を 「はい」 「いいえ」 「どちらでもない」 の3択から選んで回答する選択式になります。 すると後の質問で、 「集団の中ではリーダーをすることが多い」 「休みの日は家でゆっくりしたい」 「失敗を恐れないタイプである」 「考えよりも先に行動する方だ」 「先頭に立つよりも補佐的な役割のほうが能力を発揮できる方だ」 といったように、次々と性格を特定する質問が出題されるため、性格を偽って回答しているとどこかでつじつまが合わなくなります。 公務員試験に落ちた人の多くが、 「筆記試験でまぁまぁ点は取れたはず」 「面接官との会話も弾み、面接の出来も悪くないはず」 「にもかかわらず試験に落ちるとか意味分かんない!」 「どうせ合格した人はコネがあったとかに違いない!」 といった考えをしがちですが、もしかしたら適性検査の診断結果から、 「公務員にふさわしくない」と判断されている可能性があります。

7

なので、公務員になりたいのであれば、 適性検査の対策は、性格診断や自己分析と呼ばれる診断を事前にやっておけばいいんだよ! 適性検査で不合格になることってあるの? 「はい」「いいえ」とか、「当てはまる」「当てはまらない」といった感じで答えていく適性検査 性格診断 に何の意味があるのだろう・・・と疑問に思う方もいるはず。

。 。

。 。 。

8

5

。 。 。

。 。 。

6

。 。

2

19