アイウエオ チップス。 「アイウエオチップス」「アソニコ」「アンギオ」「アンビュー」ってなに?

周囲の人の力を借りて 119番通報とAEDの準備 を行うことは、意識と呼吸の確認においては 同時並行して行う ことが大切です。 「」参照 Glasgow Coma Scale GCS 世界で広く一般的に用いられている評価基準。

4

死戦期呼吸(しせんきこきゅう) 呼吸状態を確認する上で特に気をつけて欲しいのは 死戦期呼吸(しせんきこきゅう) という しゃくりあげるような(または、あえぐような)途切れ途切れの呼吸 です。 意識と呼吸の確認 救命における 早期認識・早期発見と通報 一次救命処置(心肺蘇生とAED) が重要なことは前回のブログでもお伝えしました。 「」参照 特殊な意識障害 [ ] と 意識障害では必ず行う、刺激を与えての意識レベルの判定をする際、特有のが誘発されることがある。

20

A: alcoholism: E: endocrine: I: insulin: O: oxygen, opiate:低酸素血症、 U: uremia: T: trauma, temperature:、 I: infection: P: psychiatric, porphyria:、 S: syncope, stroke, SAH:、、 評価基準 [ ] 定性的な尺度 [ ] メイヨークリニックの分類や、、という尺度がある。

16

) A(alcohol)アルコール 急性アルコール中毒 I(insulin)インスリン 低血糖、高血糖 U(Uremia)尿毒症 代謝性疾患 E (Electrolytes)電解質異常 (Encepharlopathy)脳症 電解質異常、脳炎、肝性脳症、電解質異常 O (Oxygen)酸素 (Overdose)薬物中毒 低酸素血症、CO2ナルコーシス 麻薬、一酸化炭素中毒 T(Trauma)外傷 頭部外傷 I(Infection)感染症 敗血症や何らかの感染症 P(Psychiatric)精神疾患 精神疾患 S (shock)ショック (seizure)てんかん (stroke)脳卒中 ショック、てんかん、脳卒中 こんな風に考えてみよう!! 例えば意識障害がおこっている場面で、よく私が遭遇するケースを想定しました!!以下の内容は実際にあった場面です。 A Alcohol 急性アルコール中毒、ウェルニッケ脳症 I Insulin 低血糖、ケトアシドーシス、高血糖高浸透圧症候群 U Uremia(尿毒症) 尿毒症 E Endocrine(内分泌の) 甲状腺副腎疾患 Electrolyte(電解質) 電解質異常(Na、Ca) Encephalopathy(脳症) 肝性脳症、高血圧性脳症 O Oxygen 低酸素 Overdose(過量服用) 薬物中毒 T Trauma(外傷) 外傷 Temperature(体温) 体温異常 I Infection 感染症 P Psychiatric(精神医学の) 精神疾患 Porphyria(ポルフィリン症) ポルフィリア S Seizure てんかん Stroke 脳卒中 Shock ショック. カーペンターの分類 [ ] において 意識障害の鑑別疾患としてaeioutipsという覚え方が有名である。

6

発声がみられない 1 M 運動による最良の応答 best motor response• 10秒以上呼吸を観察している間に、脳や大切な臓器への酸素が十分に供給できないままの状態になってしまうので、普段通りの呼吸ができていない、あるいは 呼吸しているかどうかの判断に迷う といった場合には、心停止とみなして ただちに胸骨圧迫を開始する ようにしてください。 。

11

11