第 6 の 栄養素。 健康に効果的!第6の栄養素「食物繊維」の食べ方のポイント

4 g 【海藻類(100gあたり)】 食物繊維総量 水溶性食物繊維 不溶性食物繊維 乾燥わかめ(素干し) 32. どの配分例を使うかは 1 患者の嗜好、 2 どのくらい太っているか(肥満度)、(3)糖尿病の合併症の有無などを加味して主治医が決定することになっています。

13

7g - - 寒天 1. 豆類と代表的食品のマグネシウムの含有量 (可食部100g当たり 単位:mg) 資料:「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」 カリウムとナトリウム 〈カリウムは体内の浸透圧を調整し、過剰なナトリウムを排出する栄養素〉 カリウム(potassium)は元素記号Kで表わされる金属元素で、成人の体内には120g〜160g程度含まれ、その98%は細胞内液、残りは細胞外液中に存在し、細胞内外の浸透圧を保ちながら水分や各種成分のやりとりを調節するなど生命を維持する上で重要な役割を担っています。

【穀類(100gあたり)】 食物繊維総量 水溶性食物繊維 不溶性食物繊維 ご飯(精白米) 1. Therefore, the flavour, the distinctive "A" appear to and timeless, everyday finish. 豆類と代表的食品のビタミンB2の含有量 (可食部100g当たり 単位:mg) 資料:「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」 ビタミンB6 〈たんぱく質からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素〉 ビタミンB6は、ピリドキシン pyridoxine 、ピリドキサール pyridoxal 、ピリドキサミン pyridoxiamine など同様な働きを持つ化合物の総称です。 2 g 【いも類(100gあたり)】 食物繊維総量 水溶性食物繊維 不溶性食物繊維 さつまいも 2. 各種豆類(乾燥豆)の栄養成分の構成割合 (乾燥豆100g当たりの含有量 単位:g) (炭水化物を多く含むグループ) 豆の種類 炭水化物 脂質 たんぱく質 あずき 58.7 2.2 20.3 ささげ 55.0 2.0 23.9 いんげんまめ 57.8 2.2 19.9 花豆 61.2 1.7 17.2 えんどう 60.4 2.3 21.7 ひよこまめ 61.5 5.2 20.0 緑豆 59.1 1.5 25.1 そらまめ 55.9 2.0 26.0 たけあずき 61.8 1.6 20.8 レンズまめ 60.7 1.5 23.2 らいまめ 60.8 1.8 21.9 (脂質を多く含むグループ) 豆の種類 炭水化物 脂質 たんぱく質 大豆 29.5 19.7 33.8 落花生 18.8 47.5 25.4 (注)「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」より作成 豊富に含まれるビタミンB群、各種ミネラルや機能性成分 いずれのグループに属する豆も共通して、エネルギーや物質の代謝に重要な役割を果たしているビタミンB1、B、B6などのビタミンB群を豊富に含んでいます。 炎症の抑制 脂質を多く含む食品 食品100gあたりの脂質含有量 g 牛ばら肉 豚ばら肉 ベーコン 卵黄 50. Your Life with the G Six. 6 g 【野菜(100gあたり)】 食物繊維総量 水溶性食物繊維 不溶性食物繊維 ブロッコリー 4. 特に多い食材は、、、 そば、ライ麦パン、さつまいも、切り干し大根、ごぼう、ブロッコリー、たけのこ、納豆、モロヘイヤ、しいたけ、ひじきなど 水溶性食物繊維 ペクチン 熟した果物、芋類、(キャベツ・大根などの)野菜類 アルギン酸 こんぶやわかめなどの海藻類等 ガム質 大豆や大麦・ライ麦等の麦類 グルコマンナン こんにゃく等(市販のこんにゃくは不溶性です) 不溶性食物繊維 セルロース 大豆、ごぼう、小麦ふすま、穀類、豆類など ヘミセルロース 小麦ふすま、大豆、穀類、ごぼうなど リグニン 小麦ふすま、穀類、完熟野菜類、豆類、ココアなど キチン 甲殻類の殻、きのこなど 第6の栄養素として上手に食物繊維を摂る方法は 多くの食材を少しずつ摂ることがよいといわれています。

12

神経伝達物質を生成 アミノ酸を多く含む食品 食品100gあたりのたんぱく質含有量 g 牛もも 豚もも さけ かつお 20. Copyright C 2009 All Rights Reserved. 国立がん研究センターが提唱する「がん予防12か条」 2011年改定 食物繊維の1日摂取量 日本人の食事摂取基準(2015年版)によると、食物繊維の1日の目標量は、 18歳以上では男性20g以上、女性18g以上とされています。 5 油揚げ まぐろ トロ さば バター 33. ・エネルギーを供給するもの ・成長、発達、生命の維持に必要なもの ・不足すると特有の生化学または生理学上の変化が起こる原因となるもの 5大栄養素の種類と役割 上記の図をみて、家庭科の授業などでも習ったことがあるのではないでしょうか? 栄養素の中でも、特に摂取量が多く、体を動かし体温を保つためのエネルギーとなるものを「3大栄養素」と呼び、タンパク質、脂質、炭水化物(糖質)をさします。

カルシウム 牛乳や乳製品 とビタミンD きのこ類や卵、鮭 、鉄 大豆やあさり、ほうれん草 とビタミンC ブロッコリー、小松菜、さつまいも、じゃがいも は一緒に摂取することで吸収が高められます。 糖に分解し、体脂肪として蓄えられる 炭水化物 糖質 を多く含む食品 食品100gあたりの糖質含有量 g 白米 食パン そうめん 茹 そば 茹 37. 国民健康・栄養調査報告書 食物繊維摂取量 (1人1日当たり平均値) 食物繊維不足は深刻な問題、毎日の摂取が大切 日本人の3大死因のトップは変わらずガンです。 豆類と代表的食品のリンの含有量 (可食部100g当たり 単位:mg) 資料:「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」 マグネシウム 〈歯や骨の形成、体内酵素の正常な働き、正常な血液循環などに必要な栄養素〉 マグネシウム(magnesium)は、元素記号Mgで表わされる金属元素で、成人では体内に30g程度含まれています。

18

その名前の由来は、これらを分子式で表わすと多くの場合 CmH2nOn (C:炭素、H:水素、O:酸素、m及びn:任意の数字)となり、Cm H2O n と書き直すと炭素と水が結合したように見えるためです。 1 g - - まこんぶ(素干し・水煮) 8. 0 ,c ;clearInterval e ;s. 機能 該当する主なミネラル 骨や歯の材料となる カルシウム、リン、マグネシウム 筋肉、血液、神経などの成分となる 鉄、硫黄、リン、ヨウ素 体の機能の調整をする カルシウム、ナトリウム、カリウム、リン、ヨウ素を始めとするすべての必須ミネラル 栄養素のエネルギー転換などを促進する酵素となる マグネシウム、マンガンなど ヒトの体に含まれるミネラルは、個々の元素として見れば比較的微量なものが多いのですが、その過不足によりさまざまな健康上の障害を引き起こします。