近親 相関 体験 談。 萌えた体験談 <少年と母親での近親相姦はあるのだろうか・・・3>

まずは母を四つん這いにして、ヌルヌルに光った母のアソコに 勃起したペニスを挿入すると、 「ああああっ、いい、すごいわ~」 「ああ~、母さん気持ちいい、すごくいいよ」 「あああ~っ、母さんもいい、ああっ、突いて~、もっと、もっとよ~っ」 もうすでに親子の関係ではなくなっていた。

僕は少し罪悪感を感じたが、性欲がそれを上回っていて、 しばらく愛撫を繰り返してると、今度は母が上になり、 いきり立ったペニスを口に含んで、顔を上下に振り、 口の中では舌がカリの部分を集中的に舐めていて、 そのまま体勢を入れ替え、69の体位になり、 お互いの性器を舐め合うと、我慢にも限界がきて、 「あっ、母さん、出るよ、ああ~っ」 母の口の中に思いっきり射精してしまった。 真美 妻の仮名 も喜んでくれてます」と言うと、最初 は「いえ、いえ、大丈夫よ」と断っていましたが、私がソファーに座っ ている義母の後ろにさっと回って両肩に手をかけると、「それじゃあ、 お願いするわ」と言ってきました。

そして母さんがティッシュに精子を吐き出すと、 「いっぱい出たわね、気持ちよかった」 「う、うん・・・・」 僕はその時、自分がやったことがすごく非常識で、 近親相姦を犯してしまったと後悔していた。 もちろん相手にもよるけど…」 「ひょっとして、お茶の生徒に 1 人混じっている、あのお爺ちゃんぢゃ?」 「まーさかっ」 「一応マークしとけ」 -完-. 「あんた、あんまり変な女とかかわらないようにするのよ」 「わかってるよ、でも心配?」 「そりゃ息子だからね」 母は同情してくれていたんですが、 「そしたら欲求を解消してくれる?」 「え、なんの欲求なの、どこかに行きたいの?」 「いいや、俺もう我慢できないんだよ」 「え、何が?」 「俺、そうとう溜まってるんだ、解消してくれる?」 「何しろっていうの?」 僕は母の手を握ると、すでに勃起した股間に手を持っていき、 「母さん最近してるの」 「え、あなたおかしいわよ」 「全然おかしくないよ」 「でも突然M子さん(妻)が帰ってきたらどうするの」 「大丈夫だよ、ちゃんとチェーンまでするから・・・」 僕は急いで玄関の鍵をかけチェーンをして戻ってくると、 「やっぱりだめよ、自分で処理しなきゃ・・」 僕は母を抱き寄せ強引にキスをすると、そのまま寝室に連れて行き、 ベットに押し倒し、 「俺、本気だからね」 そして母のセーターをまくりあげると、もう何年も母の裸を 見たことがなかったが、エロビデオで見たとおりの熟女の裸で、 だいぶおっぱいは垂れていたが、またそれがたまらないくらいに いやらしくて、自分を忘れていた。

15

セックスの時、母は俺に主導権を持たせ、俺が恥をかかないようにしてくれたと 考えていたが、俺は母に対して相変わらず息子という立場で接してしまい 自分では意識してなかったが、それを不満に思っていたようだった この後は304自身の葛藤に話がシフトしますので割愛させていただきます 出典:少年と母親での近親相姦はあるのだろうか・・・ リンク:2ch.。 オッパイの大きさは 妻より若干小さめ 後で訊いたらFカップとのこと で、乳首はさすがに20代の妻 ほどではありませんが、40代とは到底思えないほど色素沈着が少ないです 余談 ですが、自宅でいつも妻と義母のブルンブルンのオッパイとプリプリのお尻に 迫られているせいか、最近は会社でCやDカップという小ぶりな胸を見るとホッと するようになってしまいました。

。 。 。

16

。 。

14

11

。 。 。

18

。 。 。

14