アルカイック スマイル。 「アルカイックスマイル」の意味とは?仏像やギリシャ彫刻も解説

日本の飛鳥時代の仏像「弥勒菩薩半跏思惟像」 広隆寺「宝冠弥勒」 (出典:Wikimedia Commons) 日本においては、飛鳥時代に作られた仏像がアルカイックスマイルの特徴を備えています。 その中門の記述で 〈柱の下に礎盤なく、柱にエンタシス(胴のふくらみ)があり、柱の上部なる大斗の下にネッキングの意ある皿斗のあるのは、希臘 ギリシア ドリック式に近いこと……》 と述べ、 さらに明治三五年の博士の雲岡石窟の調査によって、ギリシア文化の東漸を確信した。 ・They began wearing the so-called archaic smile. 623年に作られた法隆寺金堂本尊の「銅造釈迦三尊像」を代表作とする飛鳥時代の渡来系の仏師、鞍作止利 くらつくりのとり の仏像は、止利式 とりしき と呼ばれる様式に分類されます。

) ・Some of these laws are archaic. 「アルカイックスマイル」の代表的な作品 古代ギリシャ彫刻の代表作品「クーロスの頭部」 「クーロスの頭部」 (出典:Wikimedia Commons User: Tetraktys) 古代ギリシャ期に作られた彫刻にアルカイックスマイルが現れます。 画像:筆者撮影 2021年 アルカイックスマイルに思う、釈迦如来坐像の魅力 俗に言われる 「アルカイックスマイル」は、創建当時大陸で流行っていたお顔の1つで、釈迦如来坐像鋳造を任された仏師・鞍作止利が大陸出身であった事から製作された、と話されていたのを聞いた記憶があります。

4

以上の事から、 無表情にも拘らず 口元に笑みをたたえたような表情の事を 「アルカイックスマイル」と 呼ぶようになりました。

15

「十一面観音立像」国宝 木心乾漆造 高さ209㎝ 奈良時代 聖林寺 秘仏とされていましたが、明治20(1887)年、日本の文化財を調査していたフェノロサによって世に出ることになりました。 ランパンの騎士 韓国国立中央博物館 金銅弥勒菩薩半跏思惟像 広隆寺 弥勒菩薩半跏思惟像 ペルシャ人は、ヘレニズム文化によって滅亡にペルセポリスが破壊された恨みでしょうか。 このことからも、わたくしはこの 法隆寺の 柱式をドリス様式の影響と観る解釈には同感し得ず、 あえていえば、それらは ドリス様式の影響ではなく、むしろ類似と観るべきであると思う。

「十一面観音立像」国宝 一木造 高さ194㎝ 平安時代 向源寺 一本の檜(ひのき)から彫り出された観音像で、十一の顔があり、頭部の後ろには「暴悪大笑面(ぼうあくだいしょうめん)」という人間の煩悩(ぼんのう)を笑い飛ばす複雑な顔が。

12

だから、 笑顔がアルカイックスマイルなら、 埴輪も ゴシック彫刻も ランスのノートルダム大聖堂の彫刻も レオナルド・ダビンチの絵画も、 アルカイックスマイルとなる。 仏教と共に希臘 ギリシア 建築の様式が伝来したとすれば、それが最も容易な柱にのみ応用されたというのも理解し易いことで、これを希臘 ギリシア 美術東漸の一証と見なす人の考えには充分同感が出来る。 蓋 けだ し此の手法は、早く支那に発生し、百済を経て我に輸入せられ、飛鳥時代より寧楽 なら 時代に主として行われしが、次の平安時代よりしだいに形跡を没し、終に上下同径の柱身となるのである。

失敗して先輩に怒られたとき、 お客様からクレームを頂いたとき、 大きな揺れが続いているとき・・・ 心が乱れているときほど 口角UPを心がけること。 。 。

。 。 。

15

。 。

20