いく たび も 雪 の 深 さ を 尋ね けり。 いくたびも雪の深さを尋ねけり——子規はどんな情景を詠んだのか

---------------------------------------------------------------------------------------- 若鮎の二手になりて上りけり (わかあゆの ふたてになりて のぼりけり) (waka-ayu no futate ni nari te nobori keri) 季語:若鮎ー春 出典:寒山落木巻一 年代:明治25年(1892年:25才) 若鮎が二方向に分かれて川を上っていく、の意。

13

元日の人通りとはなりにけり (がんじつの ひとどおりとは なりにけり) (ganjitsu no hitodoori towa narini keri) 季語:元日ー新年 出典:寒山落木巻五 年代:明治29年(1896年:29才) いかにも元日の人通りのようになったものだなあ、の意。 ------------------------------------------------------------------------------------------- 鶏頭の黒きにそそぐ時雨かな (けいとうの くろきにそそぐ しぐれかな) (keitou no kuroki ni sosogu shigure kana) 季語:時雨ー冬 出典:俳句稿巻二 年代:明治31年(1898年:31才) 黒く枯れて残っている鶏頭に時雨が降りそいでいる、の意。

2

--------------------------------------------------------------------------------- 髭剃ルヤ上野ノ鐘ノ霞ム日ニ (ひげそるや うえののかねの かすむひに) (higesoru ya ueno no kane no kasumu hi ni) 季語:霞むー春 出典:仰臥漫録・二 年代:明治35年(1902年:35才) 久しぶりの髭剃りだ。 ----------------------------------------------------------------------------------------- 白萩の しきりに露を こぼしけり (しらはぎの しきりにつゆを こぼしけり) (shirahagi no shikiri ni tsuyu o koboshi keri) 季語:萩/露ー秋 出典:寒山落木巻二 年代:明治26年(1893年:26才) 白萩に置いた露が、次々とこぼれている、の意。

19

(如風訳) -------------------------------------------------------------------------------------- 雪残る頂一つ国境 (ゆきのこる いただきひとつ くにざかい) (yuki nokoru itadaki hitotsu kunizakai) 季語:雪残るー春 出典:俳句稿巻一 年代:明治32年(1899年:32才) まわりは春景色になっているが、国境(昔の60余州の国境)に 残雪の峰がひとつだけある、の意。 --------------------------------------------------------------------------------------------- 赤蜻蛉筑波に雲もなかりけり (あかとんぼ つくばにくもも なかりけり) (akatonbo tsukuba ni kumo mo nakari keri) 季語:赤蜻蛉ー秋 出典:寒山落木巻四 年代:明治28年(1895年:28才) 赤蜻蛉は近景、筑波は遠景、その間にある大空に葉一遍の雲もないの、意。 「いくたびか 雪の深さを 尋ねけり」 19 「も」が「か」に変わると、この句の雰囲気はどう変わるか。

19

明治29年(1896)生 19才で盛岡高等農林学校(現在の岩手大学農学部)に入学 25才で花巻農学校教諭 農業指導者となる 35才の時に「雨ニモマケズ」を執筆 37才で死去 07 1人1行ずつ読んでもらいます。

19

季語や意味、どんな情景が詠まれた句なのか、一緒に勉強していきましょう! そして、その俳句を題材にして、大学で書道を学んでいた花塚がかな作品(日本のかな文字を用いて書かれる書道のこと)を書きますので、そちらもお楽しみに! 病気で歩けなくなった子規が日常のやりとりを詠んだ句 いくたび(日)も雪の(能)ふ(布)か(可)さ(佐)を尋ねけり(里) 俳句:いくたびも雪の深さを尋ねけり(いくたびもゆきのふかさをたずねけり) 作者:正岡子規(1867-1902) 出典:子規句集 季語:雪(冬) 意味:病気で歩けなくなった作者が、雪がどれだけ積もったのか、何度も家族に尋ねている様子 この句は、作者である正岡子規が雪がどれくらい積もったのかを何度も家族に尋ねている自分の状況を詠った句です。

13

-------------------------------------------------------------------------------------- 潮干より今帰りたる隣かな (しおひより いまかえりたる となりかな) (shiohi yori imakaeri taru tonari kana) 季語:潮干ー春 出典:俳句稿巻一 年代:明治32年(1899年:32才) 隣の人が、今潮干狩りから返ってきたようだ、の意。 (如風訳) ---------------------------------------------------------------------------------- 夏嵐机上の白紙飛び尽くす (なつあらし きじょうのはくし とびつくす) (natsu arashi kijou no hakushi tobi tsukusu) 季語:夏嵐ー夏 出典:寒山落木巻五 年代:明治29年(1896年:29才) 夏の強い風で机の上に積み重なっていた白紙が飛び尽くした、の意。

6