疥癬 トンネル。 疥癬とは

通常疥癬 角化型疥癬 (ノルウェー疥癬) 寄生している ヒゼンダニの数 数十匹以下 100万~200万匹 患者の抵抗力 正常 低下している (高齢者や入院患者など) 他者への うつりやすさ うつりにくい 非常にうつりやすい 症状 ・赤いブツブツ ・疥癬トンネル (ヒゼンダニが這った線状の跡) 皮ふに厚いあかが積み重なったような状態 (かさぶた,角質状) 症状の出やすい 部分 手指,胸,お腹,太もも 全身 かゆみ 強い 一定せず,人により異なる ヒゼンダニについて• 関連法規 [ ] 日本 ヒツジではにおける(同法の定める家畜伝染病以外の監視伝染病)に指定。 角化型疥癬の例 (提供:国立感染症研究所研究センター センター長 石井則久先生) 角化型疥癬の例(拡大) (提供:国立感染症研究所ハンセン病研究センター センター長 石井則久先生) 通常疥癬と角化型疥癬の違い-原因はどちらも同じヒゼンダニ 通常と角化型疥癬では、原因となるヒゼンダニの数に違いがあります。

12

疥癬の症状を引き起こすヒゼンダニ (提供:国立感染症研究所研究センター センター長 石井則久先生) ヒゼンダニが寄生すると、虫に食われた時のような赤く小さな盛り上がりができます。 。 ヒゼンダニってどんなダニ? 〜疥癬 かいせん は皮癬 ひぜん ともいいます〜 ヒゼンダニはとても小さいダニです。

19

なお、角化型疥癬患者から感染した場合でも、まずは、通常疥癬として発症します 通常疥癬 角化型疥癬 ヒゼンダニの数 数十匹以下 100万~200万匹 患者さんの免疫力 正常 低下している 感染力 弱い 強い 主な症状 丘診、結節 角質増殖 かゆみ 強い 不定 症状が出る部位 顔や頭を除く全身 全身 疥癬は、病院や施設など、長時間にわたり集団生活する場で、入院(入所)者や職員にも感染が起こり、また媒介となりうる感染症です。 衣類,リネンの交換 毎日交換する 毎日交換する 他者との隔離 不要 (ただし,なるべく個室がよい。

19

ヒツジキュウセンヒゼンダニ Psoroptes ovis 感染 [ ] 直後の雌成虫が未感染のに感染すると、約1ヵ月後に発病する。

陰部に確認された結節 (提供:国立感染症研究所ハンセン病研究センター センター長 石井則久先生) 脚に生じた丘疹と結節の例 (提供:国立感染症研究所ハンセン病研究センター センター長 石井則久先生) ほかにもヒゼンダニが寄生しているかを確認するには「疥癬トンネル」があるかを調べます。 極度に角質増殖した手腕 合併症 [ ] 引っかき傷は、の感染が起こりやすく、膿痂疹を引き起こす。 治療法 [ ] 内服薬 [ ]• 対応 通常疥癬 角化型疥癬 患者隔離 不要 個室隔離 治療開始後1~2週間 身体介護 手洗い(処置ごと) 励行 励行 予防衣 状況に応じて(標準予防策) 患者対応時は着用 入浴 入浴に制限なし 入浴は最後とし,浴槽や流しは水で流す 脱衣所に掃除機をかける 居室 環境整備 患者居室の殺虫剤 不要 退院時に殺虫剤散布、水拭き、掃除機 掃除 通常の方法 モップ・粘着シートなどで落屑を回収後,掃除機で清掃 布団の消毒 不要 ビニールに入れ、殺虫剤を噴霧し24時間密封 車椅子・ストレッチャー 患者使用時清拭 殺虫剤散布、掃除機、清拭 診察室・検査室ベッド 患者使用時清拭 ディスポシーツ使用 血圧計 患者使用時清拭 殺虫剤散布後、清拭 リネン類 シーツ・寝具 通常の方法 他の患者との共用はしない 自家感染予防のため治療の度に交換 洗濯物 ビニール袋に入れて運搬 ビニールに入れ、殺虫剤を噴霧し24時間密封 洗濯 通常の方法 洗濯後に乾燥機を使用。

11

8

。 。 。

。 。 。

5

。 。 。

5