荒磯 部屋 場所。 新・荒磯部屋は秋葉原か両国?親方(稀勢の里)の独立はいつ頃?

。 12代:荒磯武(あらいそ たけし、小結・、) 脚注 [ ]• 16代:荒磯寛(あらいそ ゆたか、横綱・、) 旧・荒磯部屋 [編集 ] 沿革 [編集 ] 伊勢ヶ濱系 [編集 ] 第38代・は(昭和28年)1月場所限りで引退して年寄・10代となり、師匠5代(元関脇・)から部屋と弟子を引き取り、実質的に伊勢ヶ濱部屋を継承する形で荒磯部屋を創設した。

初日ということで自分も気合が入った 約2時間の稽古で、荒磯部屋としての第一歩を記した荒磯親方は、 終了後にオンライン取材に応じて 「いい稽古ができた」 と、満足そうにうなずきました。

西原貴翔 兵庫県尼崎市 、谷口優冴 兵庫県伊丹市 、加藤羚斗 京都府京都市 報徳学園で相撲をとっていた西原が一歩リードしていますが、 出世争いはまだまだこれからです。 また、気になるのが稀勢の里の独立時期! 相撲協会の規定で最低1年間は部屋付きの親方として過ごすそうですが、 荒磯部屋として東京五輪開催の2020年にも独立することが可能だということで 東京オリンピックの開催時期には 稀勢の里が率いる荒磯部屋が話題になっているかもしれませんね! 荒磯部屋の場所は秋葉原? 力士 最高位 初土俵 最高位初場所 引退 出身 蒼国来 前頭2 平成15年9月 平成29年3月 令和2年7月 中国 若隆景 前頭14 平成29年3月 令和2年7月 現役 福島県 若元春 十両8 平成23年11月 令和2年7月 現役 福島県• 16代:荒磯寛(あらいそ ゆたか、横綱・、) 旧・荒磯部屋 [ ] 沿革 [ ] 伊勢ヶ濱系 [ ] 第38代・は(昭和28年)1月場所限りで引退して年寄・10代となり、師匠5代(元関脇・)から部屋と弟子を引き取り、実質的に伊勢ヶ濱部屋を継承する形で荒磯部屋を創設した。

4

歴史 [ ] (平成31年)1月場所中に現役を引退して年寄を襲名し 付き年寄として活動していた第72代・が、(令和3年)5月27日の日本相撲協会理事会において、同年8月1日付で力士4人と行司1人を連れて田子ノ浦部屋から独立し、荒磯部屋を新設することが承認された。 大阪場所宿舎 豊中稲荷神社 参集殿内に宿舎 2020年3月場所時点 名古屋場所宿舎 西浅井公民館内に宿舎 2019年7月場所時点 九州場所宿舎 須恵町乙植木地区コミュニティセンター内に宿舎 2019年11月場所時点 伊勢ケ濱部屋(いせがはま) 伊勢ヶ濱部屋の前身は安治川部屋であり、 宮城野部屋の元関脇・陸奥嵐が昭和54年(1979)4月に興した相撲部屋です。

1

大阪場所宿舎 小瀬町会館内内に宿舎 2020年3月場所時点 名古屋場所宿舎 (株)後藤クレーン内に宿舎 2019年7月場所時点 九州場所宿舎 武雄温泉 万葉の湯 博多館内に宿舎 2019年11月場所時点 追手風部屋(おいてかぜ) 追手風部屋は 立浪部屋の元幕内・大翔山が平成10年(1998)10月に、当時部屋付き親方を務めていた友綱部屋から分家独立して興した相撲部屋です。 。 。

10

10

。 。

17

。 。

14

。 。 。

4