杉田 玄白。 杉田玄白の逸話6選!専門は性病!?『解体新書』の翻訳や前野良沢との関係も

出身 生年月日 1733年 没年月日 1817年 年齢 『解体新書』を翻訳したことで知られる江戸時代中期に活躍した蘭学者、小浜藩医。

10

[片桐一男 2016年5月19日] 『片桐一男著『杉田玄白』(1971/新装版・1986・吉川弘文館)』 杉田玄白 没年:文化14. 巻の四 、・、・、、、 影響・その後 [ ] 『解体新書』刊行後、医学が発展したことはもちろんであるが、オランダ語の理解が進み、下の日本において西洋の文物を理解する下地ができたことは重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 「杉田玄白」の解説 杉田玄白 すぎた-げんぱく 1733-1817 江戸時代中期-後期の蘭方医。 『解体新書』の内容 [ ] 巻の四(佐賀大学地域学歴史文化研究センター所蔵) 『解体新書』は一般に『』の翻訳書といわれているが、それ以外にも『トンミュス解体書』『解体書』『解体書』『解体書』『外科書解体篇』『解体書』『解体書』『バルシトス解体書』『ミスケル解体書』などが参考にされており、表紙は『解剖書』から採られている。

6

高橋伸明『杉田玄白探訪』梓書院、2006年(URL:) 脚注 [ ] []• 同藩の医師を通じ、 やまわきとうよう の古医方の唱導に刺激を受け、また江戸参府のオランダ商館長、オランダ通詞 つうじ よしおこうぎゅう (幸左衛門)らに会い、蘭方外科につき質問し、やがてオランダ医書『』を入手した。 年表 西暦(年齢) 1733年(0才)杉田玄白生まれる 1752年(19才)杉田玄白、小浜藩(今の福井県南西部一体)医となる 1757年(24才)杉田玄白、日本橋に開業し、町医者となる 1771年(38才)杉田玄白、千寿骨ヶ原の刑場で 腑分 ふわけ(解剖のこと)を実見 1774年(41才)杉田玄白ら、『解体新書』を刊行 1817年(83才)杉田玄白、亡くなる 杉田玄白、家業を思いがけず継ぐことに 杉田玄白は小浜藩医の子どもとして生まれました。

11

若狭 わかさ 福井県 小浜 おばま 藩医。

10

前記の訳著のほかに奥州一関 いちのせき 藩の医師建部清菴 たけべせいあん との往復書簡集『和蘭 おらんだ 医事問答』(1795)をはじめ、『解体約図』(1773)『狂医之言』(1773)『形影夜話 けいえいやわ 』(1810)『養生七不可 ようじょうしちふか 』などにおいて医学知識を啓蒙 けいもう し、『乱心二十四条』『後見草 あとみぐさ 』(1787成立)『玉味噌 たまみそ 』『野叟独語 やそうどくご 』(1807成立)『犬解嘲 けんかいちょう 』『耄耋 ぼうてつ 独語』など多くの著述を通じて、政治・社会問題を論述し、その所信を表明した。 : By de Janssoons van Waesberge. その後、諭吉は、杉田玄白の子孫 杉田廉卿 れんけい から許可をもらい、 1869 年(明治 2年)に玄白の回顧録を『 蘭学事始(らんがくことはじめ)』として復元し、出版しました。

15

最後に 杉田玄白とはどんな人だったのか? 何をした人だったのか?などなど 杉田玄白について この記事ではなるべくわかりやすく 簡単な言葉で解説しました。 名は よく 、 あざな は子鳳、鷧斎 いさい のち九幸 きゅうこう と号し、玄白は通称。

1771年(明和8)春、 まえのりょうたく 、 なかがわじゅんあん らと江戸の小塚原 こづかっぱら の刑場での死体のを実見した。

実子立卿 りゅうけい には西洋流眼科をもって別家独立させ、その子孫には成卿 せいけい ・玄端 げんたん ら有能な蘭学者・蘭方医が輩出、活躍している。 書かれていることがあまりに精巧であり、説得力があったので、 よっぽど 「なんじゃこりゃっ!」 と思ったらしく、 藩に借金をしてまで当時高額だったそれを買い取りました。 この頃、エレキテルで有名な 平賀源内 ひらがげんない や、中津藩 現在の大分県 の藩医の 前野良沢(まえのりょうたく)、玄白の後輩にあたる小浜藩の藩医の 中川淳庵(なかがわじゅんあん)といった人々との交流も知られています。

1

4