ひまわり ネットワーク。 ひまわりネットワーク

講義(80分):「患者の幸せを目指す専門職倫理 ~立ち止まり、選択を意識し、物語を共に紡ぐ~」 講師:金城 隆展 先生(琉球大学 医学部附属病院 地域 医療部・臨床倫理士) 2. 特別講演 :「地域包括ケア包括ケア体制を構築する地域リハ ビリテーション~長崎の取り組みと全国調査から~」 講師:松坂 誠應 氏 ( 全国地域リハビリテーション支援 事業連絡協議会 会長). 他人任せや受け身ではなく、自身と向き合い気持ちを整理する機会「もしバナゲーム」元気なときから体験してみませんか? 研修名 第4回船橋市在宅医療支援拠点ふなぽーと市民公開講座~地域のみんなで考える在宅療養~ 日時 令和2年2月22日(土)14時00分~16時30分(開場:13時30分) 【新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため中止とさせて頂きます】 会場 船橋市二和公民館 講堂 内容 1. 放送局名 内世帯数 開局日 「RADIO LOVEAT」 JOZZ6AO-FM 78. 報告「地域包括ケア推進のための船橋市の取り組み」 「ふなばし健康ポイント事業」/船橋市健康政策課 「船橋シルバーリハビリ体操」「足腰の衰えチェック事業」 /船橋市健康づくり課 「自立支援型ケアマネジメント事業」/船橋市包括支援課 3. 登壇者と参加者全員での意見交換(25分) 研修名 認知症編 日時 令和元年10月5日 (土) 14時00分~17時00分(開場13時30分) 会場 保健福祉センター 大会議室 内容 1. グループ内で振り返りと総括(30分) ひまわり実践研修(3ポイント以上) 研修名 令和元年度ひまわり実践研修(在宅急変時にどうしたらいいの?~急変時の対応をみんなで考えよう~) 日時 令和元年7月18日(木)19時00分~20時30分(開場18時45分) 会場 船橋中央病院 内容 1. 講義:「総合診療救急科とは?在宅患者さまの急な変化にどう対処できるのか、万一に備えてみんなで考えよう」 演習:救命処置の実際 講師:大塚 恭寛 氏(船橋中央病院 副院長 総合診療救急科 診療部長) 2. 基調講演:よりよく豊かに生きるために最期について考える ~自分らしく生ききるための人生会議~ 講 師:金城 隆展 氏(琉球大学医学部附属病院 地域医療部 臨床倫理士(倫理コンサルタント)) 座 長:佐々木 ゆかり(訪問看護認定看護師・ 船橋市在宅医療支援拠点ふなぽーと総括者) 2. 主要ゴール 17 パートナーシップで目標を達成しよう 関連ゴール 5 ジェンダー平等を実現しよう 10 人や国の不平等をなくそう 11 住み続けられるまちづくりを 豊田市での具体的な取組・活動内容(予定含む) テレビ番組を通じて定期的に、SDGsの概念や豊田市内パートナー 企業・団体等の取り組みを紹介。 ひまわりスタートアップ研修(4ポイント以上) 研修名 高齢者特性編 日時 令和元年6月8日(土) 14時00分~17時00分(開場13時30分) 会場 保健福祉センター 大会議室 内容 1. 有限会社ひまわりネットワーク 代表取締役 三宅 宏一 会社沿革 1993年6月 東京都葛飾区にてパソコン部品・ソフトウェア関連製品輸入販売会社「有限会社タクミ」を設立 2003年6月 千葉県柏市にて在宅介護サービス会社「有限会社ひまわりネットワーク」に社名変更。

本ネットワークにおいては、平成25年度以後、「 1 在宅医療を推進するための調査・情報収集・研究・企画」、「 2 多職種間の連携を強化するための事例検討会」、「 3 在宅医療に係る実際の課題についての勉強会」、「 4 人材育成研修会」、「 5 在宅医療に関するフォーラム」、「 6 在宅医療の推進に関係する他の団体との連携」等を通じ、船橋市全域において総体的に在宅医療を推進し、市民の生活の質の向上に資するよう、精力的に取り組んでいきます。 障害じゃないの? — kaf kaftaro ひまわりネットワークの上りが遅いから。 基調講演: 「船橋市における介護サービスの推移」/船橋市介護保険課 「船橋市における回復期リハ病棟実態調査報告」 /船橋市リハビリセンター 2. Internet Explorer バージョン6までをご使用のお客様は、Internet Explorer バージョン7以上に バージョンアップ、もしくは別ブラウザをご使用ください。

4

ホームヘルパによる訪問介護サービスを始める 2005年 訪問介護業務支援システム「あんしんケアタウン」開発・販売 2006年 居宅介護支援事業所を設立。 。

10

同協議会においては、在宅医療を推進するためには「 1 在宅医療の推進のための連携体制の構築」、「 2 在宅医療の質の向上」、「 3 在宅医療に対する安心の確保」、「 4 医療・介護資源の情報の共有」、「 5 患者の情報の共有及び連携基盤の整備」といった取組みが必要であり、こうした取組みを具体的に進めるためには、医療・介護関係者が行政機能を活用しつつ主体的に活動することができるよう、医療・介護関係者及び行政によって構成する「船橋在宅医療ひまわりネットワーク」を設立する必要があることを中間的にとりまとめました。 講演会:心不全再発防止に向けての取組み(60分) 講師:加藤 真帆人 氏(榊原記念病院 循環器内科 副部長) 2. 東海地上デジタル放送実験協議会・ [ 要検証 — ノート]の 豊田CATV実験センター [ 要検証 — ノート]が設置されていたことがある。

。 。 。

2

7

。 。 。

1

。 。 。

14

。 。 。

3

。 。 。

3