B 型 肝炎 給付 金。 B型肝炎給付金とは?受給条件や金額について詳しく解説

病態 金額 無症候性キャリア 600万円 20年の除斥期間が経過した無症候性キャリア 50万円 慢性B型肝炎 1,250万円 20年の除斥期間が経過した慢性B型肝炎 1. それ以外の方 150万円 肝硬変(軽度) 2,500万円 20年の除斥期間が経過した肝硬変(軽度) 1. パターン 必要な戸籍の種類 Aの必要書類を出す場合 ご本人(原告)と母親との間の続柄が記載された戸籍または除籍謄本 Bの必要書類を出す場合 ・ご本人(原告)と母親との間の続柄が記載された戸籍または除籍謄本 + ・母親が亡くなっていることが記載された除籍謄本 Cの必要書類を出す場合 ・ご本人(原告)と母親との間の続柄が記載された戸籍または除籍謄本 + ・母親が亡くなっていることが記載された除籍謄本 + ・血液検査の結果を提出する兄・姉と、ご本人との続柄が記載された戸籍または除籍謄本 (2-4)「母子感染や集団予防接種など以外で感染した原因がないこと」を示す資料 以下のいずれかが必要書類になります。

17

B型肝炎訴訟について弁護士に相談する 電話相談可・初回面談無料・完全成功報酬 の事務所も多数掲載! 北海道・東北 | | | | | | 関東 | | | | | | 北陸・甲信越 | | | | | 東海 | | | 関西 | | | | | 中国・四国 | | | | | | | | 九州・沖縄 | | | | | | |. 集団予防接種が原因でウイルスに感染した「一次感染者」 一次感染者の要件 1 1941年7月~1988年1月に生まれ、B型肝炎予防接種を受けている 2 B型肝炎ウイルスのキャリア、もしくはB型肝炎発症者 3 感染しているウイルスのタイプは予防接種により幼児期に感染したもの B型肝炎を患っている方の中には、行政の不適切な指導・管理によってB型肝炎ウイルスに持続感染してしまったケースがあります。 第十一条の規定による改正前の予防接種法 昭和二十三年法律第六十八号 第五条の規定及び昭和三十九年地方自治法改正法第十二条の規定による改正前の廃止前結核予防法 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律等の一部を改正する法律 平成十八年法律第百六号 附則第二条の規定により廃止された廃止前の結核予防法 昭和二十六年法律第九十六号 をいう。 病態 収入印紙代 死亡・肝がん・肝硬変(重度) 13万円程度 肝硬変(軽度) 10万円程度 慢性B型肝炎 6万円程度 20年の除斥期間が経過した慢性B型肝炎で現在治療を受けている方 2万円程度 20年の除斥期間が経過した慢性B型肝炎で上以外の方 1万5千円程度 無症候性キャリア 3万5千円程度 20年の除斥期間が経過した無症候性キャリア 5千円程度 郵便切手代 裁判所によって金額が変わりますが、6,000円程度かかります。

15

<参考:諸事務所の弁護士費用まとめ> 症状が出ていない場合 法律 事務所 (医療機関と提携) (専門医と連携) 弁護士 費用 10万円 13万円 12. 、国民健康保険法 昭和三十三年法律第百九十二号 、地方公務員等共済組合法 昭和三十七年法律第百五十二号 又は高齢者の医療の確保に関する法律 昭和五十七年法律第八十号 以下「社会保険各法」という。 (1)制度の利用条件 (2)助成対象医療 (3)自己負担額 (4)助成期間 (5)制度の利用回数 (6)申請方法• 2 母子手帳など、満7歳までに集団予防接種等を受けた事実を証明する書類 3 過去1年分の医療記録 集団予防接種等以外の感染原因がないことを証明し、現在の診断書を添えて提出します。

17

発症時から20年経っている場合 600万円 もしくは 300万円 「発症時」とは、肝硬変(軽度)に病状が進行した時のことです。

11

5

二次感染者である親から感染した「三次感染者」 三次感染者の要件 1 祖父・祖母に一次感染者がいる 2 二次感染者の母親を持つ 3 二次感染者の父親を持つ 祖父・祖母にB型肝炎ウイルス持続感染の方、つまり一次感染者の方がいる場合、そのお孫さんが同じB型肝炎ウイルス持続感染に掛かっている可能性があります。

病状 支給金額 死亡・肝臓がん・重度の肝硬変 3600万円 軽度の肝硬変 2500万円 慢性肝炎 1250万円 無症候性キャリア 600万円 病状別の給付金額は上記の通りですが、注意したいのは 発症から20年未請求のままでいると、もらえる金額が減ってしまう点。

5

19

。 。

18