泣い た 赤 鬼。 哭泣的赤鬼

。 確かに、キーを叩きつつ ・黒は裁きの象徴色、だから黒鬼 (赤(陽・広振幅)と青(青・狭振幅)を混ぜると紫、紫を極めると黒) ・風は気を変える唯一の自然現象、だから突風とともに現れ、突風と友に去る 等々 頭を巡らした部分はあります。 「 青鬼は、友だちの願いを叶(かな)えるために犠牲になったよ、 やさしい鬼だ・・・ 友だちが欲しくて寂しがり屋の赤鬼は、人間にあらん限りのふるまいをし そして、青鬼のやさしさを知って、 あやまり、全てを打ち明けたよ、やさしい鬼だ・・・ でも、でも 一体、君たち「人間のやさしさ」、はどこにあるのだろう・・・? 」 「人間のやさしさ・・・?」 人間の誰もが、その言葉を心の中で繰り返しました。

15

『アカオニクン ニンゲンタチト ズット ナカヨク クラシテクダサイ ボクガ コノママ キミト ツキアッテイルト ニンゲンタチハ キミヲ ウタガウカモ シレマセン デスノデ ボクハ シバラク タビニ デルコトニ シマシタ ナガイタビニ ナルデショウ ケレドモ ボクハ キミヲ ワスレマセン サヨウナラ カラダヲ ダイジニ シテ クダサイ ドコマデモ キミノ トモダチ アオオニ』 赤鬼はそれを何度も、何度も、読みます。 『ココロノ ヤサシイ オニノ ウチデス ドナタデモ オイデ クダサイ オイシイ オカシガ アリマス オチャモ ワカシテ イマス』 次の日に、木こりがふたり、やってきます。 「知ってるの?」 「知ってるよ、雲の上から、すべてを見ていたからね」 「会いたいよ、会いたいよ、どこにいるの」 「家の中さ」 「えっ、家の中?」 「そうさ、目の前の家の中にいる。

14

「芝居を演じたズルい鬼」 「立て札の通り、本当にみにくい鬼だ」 「これまでの優しさも芝居だったのか」 「青鬼がかわいそうだ」 「いや、青鬼は馬鹿だ」 「しょせん鬼は鬼だ」 赤鬼は、何も言えず、ただ 「人間の友だちがいなくなる」 そう思いました。 学校体育実技指導資料第7集「体つくり運動」 (改訂版) 学校体育実技指導資料第10集「器械運動指導の手引」 新学習指導要領に基づく中学校・高等学校向け「体つくり運動」「体育理論」リーフレット 多様な動きをつくる運動(遊び)パンフレット 第2学年3組 国語科学習指導案 指導者 松元 優子 1 単元 実践の背景. その後も、この話題になると、 意見は、まちまちでしたが、 子どもも大人も 自分の「やさしさ」を見つめようとする心は いつまでも変わることはなく、年を重ねました。

13

。 。 。

15

。 。

11

。 。 。

15