火刑法廷〔新訳版〕。 火刑法廷 新訳版(ジョン・ディクスン・カー/加賀山卓朗訳) / 北天堂書店 / 古本、中古本、古書籍の通販は「日本の古本屋」

小説内世界が、オカルトを信じている人が多数いるだけでオカルトのない 現実 世界なのか、オカルトはないと思われているが実は本当にオカルトが存在する 架空 世界なのか知りようもない中でのエピローグはちょっとアンフェアとも思われた。

20

大抵は、ある程度大まかな終局への 流れを想像出来、 それをさらに裏切るラストを 楽しみにするってのが、 私のミステリの楽しみ方なんだが。 Posted by ブクログ 2017年02月11日 海外の古典的名作とされる作品は まだ殆ど読んでいない。

15

。 しかし、富豪の死の謎、 密室からの消失、 壁をすり抜けた不可解な女、 200年前の毒殺魔、不死者、 疑惑の妻、怪奇的雰囲気。 しかし、富豪の死の謎、 密室からの消失、 壁をすり抜けた不可解な女、 200年前の毒殺魔、不死者、 疑惑の妻、怪奇的雰囲気。

4

17

。 。 。

4

。 。 。

。 。 。

14