太もも 内側 痛い。 太ももの内側の痛み

内腿の痛み改善ストレッチ 急に無理な動作をして痛めた場合は炎症を起こしている可能性があるので 2 〜 3 日は安静にしましょう。

15

これを 1 回 3 セット行いましょう。

9

。 僕 「10日程前、新しい下着に換えました?」 クライアント様 「はい、1枚だけですけど・・・」 僕 「サイズは合っていますか?」 クライアント様 「少しだけ小さいような気もします」 その後、よくよく話を聞くと、複数の下着をランダムでローテーションしているらしく、該当する下着を履いた日は、太もも内側の痛みが特に強くなっている事が分かりました。

・ボトムスに窮屈なパンツを履いている ・締め付けがきつい補正下着やコルセットをしている ・肥満や妊娠でお腹が出ている ・パンツの前ポケットに物を入れている ・全身の血流が低下している ・長時間座りっぱなしで作業をしている 神経の出口をつぶしてしまうような衣類を着用している場合は、使用を中止してください。 内側の 付け根付近が痛い場合は恥骨筋または短内転筋、 内側の 中間部の場合は長内転筋または大内転筋、 内側の 膝に近い部分の場合は薄筋を含む内側腱群の可能性があります。 初回と同様の施術 3回目 『さらに良くなった』 『でも、足を横に挙げる動作が痛くて気になる』 少し動ける範囲が広がってきた様子。

19

4回目 『前回の施術後から、腰がすごくラクになりました』 『でも、まだひきつれ感はあります』 5回目 『調子が良くてストレッチをがんばったら、少し痛くなりました』 6回目 『まったく気にならなくなりました!』 『腰の調子もすごくいいので驚いています。 1)椅子を用意して浅く座り、オイルなどをつけた両手で片方の太ももの外側と内側を挟み込む 2)手のひらに力を入れ、筋肉を押し込むようにマッサージを行う 3)続いて太ももの表側と裏側を両手で挟み、同じく力を入れて筋肉を押し込むようにマッサージをする 4)太ももの内側を、膝から足の付け根に向かって両手でゆっくりともみ流す 摩擦で皮膚を傷めることがありますので、オイルやクリームをつけて滑りを良くしてから行いましょう。 聞くところによると、 『実は、腰も昔から痛いです』 腰部と足関節に 鍼をしたところ、 骨盤を立たせることができた。

20

。 。 。

14

。 。

2

。 。 。

16