感銘 を 受ける 意味。 「感服する」の意味と使い方・類語・敬語表現|感心する

相手の生き様や会話内容 講演内容 、集団組織の理念などに、感動あるいは感激して簡単には忘れられないほどの強いインパクト 印象 を受けたような心理状態を指して、 「感銘を受ける」と言っているのです。 「感銘を受ける」というのは、 「目上の人のためになるお話 経験談 」や 「企業の実際の仕事内容・経営理念」、 「尊敬できる人の生き様・価値観」などに深く感動・感激して、その内容や感動を心に刻み付けることを意味しているのです。

14

「部長の働き方に感銘を受けてから、仕事に取り組む姿勢が変わりました」 「この書物の中に、私が感銘を受けた言葉が書いてあります」 「オーケストラを初めて鑑賞した彼は強く感銘を受け、楽器演奏者を志した」 「最近何かに感銘を受けることがなくなった」 「感銘を受ける」の履歴書と志望動機の使い方 履歴書や志望動機で「御社の理念に感銘を受けた」と伝える学生が多いですが、会社側としては「そうですか」と思うだけです。 ・I was deeply impressed by the philosophy of your company. ・I was impressed by the deep thoughts of my senior. 前向きだし、器が大きいなと思う」(33歳/食品・飲料/事務系専門職) ・「周りの人のミスや失敗を責め立てず、逆に尻拭いしてくれる男は器が大きいしかっこいいと思う」(35歳/小売店/販売職・サービス系) ・「私がミスしても、いちいちなんでできんないの? とか言わずに、フォローしてくれる」(24歳/建設・土木/その他) 器が小さい人ほど、人の失敗をいつまでもネチネチ追及し、いじめるもの……。

1

8

。 。

4

8

12

1

。 。

3

。 。 。

10

。 。

9

。 。 。

2