産前 産後 休暇。 産前産後休暇(産休)の期間と申請方法は?給与や手当はある?|株式会社nanairo【ナナイロ】

〇休暇制度導入のための助成金 (新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇制度導入助成金) 【主な支給要件】 ・ 新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置として、医師又は助産師の指導により、休業が必要とされ た 妊娠中の女性労働者が取得できる有給の休暇制度(年次有給休暇を除き、年次有給休暇の賃金相当額の 6割以上 が支払われるものに限る)を整備すること ・ 有給休暇制度の内容を新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置の内容とあわせて 労働者に周知する こと ・ 令和3年4月1日から令和4年1月31日までの間に、当該 休暇を合計して5日以上労働者に取得させること (支給額) 1事業場につき1回限り 15万円 〇休暇取得支援のための助成金 (両立支援等助成金 (新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援コース)) 【主な支給要件】 ・ 新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置として、医師又は助産師の指導により、休業が必要とされ た 妊娠中の女性労働者が取得できる有給の休暇制度(年次有給休暇を除き、年次有給休暇の賃金相当額の 6割以上 が支払われるものに限る)を整備すること ・ 有給休暇制度の内容を新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置の内容とあわせて 労働者に周知する こと ・ 令和2年5月7日から令和4年1月31日までの間に、当該 休暇を合計して20日以上労働者に取得させること (支給額) 対象労働者1人当たり 28.5万円 (1事業所当たり上限5人まで) 〇令和2年度(令和3年3月31日まで)に取得した有給休暇について、令和2年度の新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援助成金を申請する場合は、5月31日が申請期限となりますので、申請の際はご注意ください。

16

1 同一の事業主に引き続き1年以上雇用されている 2 子どもの1歳の誕生日以降も引き続き雇用されることが見込まれる 3 子どもの2歳の誕生日の前々日までに、労働契約の期間が満了しており、かつ、契約が更新されないことが明らかでない 逆に取得出来ないのは以下の場合です。 ただし、産後6週間を経過した女性が請求した場合において、その者について医師が支障がないと認めた業務に就かせることは、差し支えない 産前の休暇は 本人の請求(請求のしかたは会社の定めによる)により与えられるのに対し、 産後の休暇は本人の 請求の有無に関係なく与えられなければなりません。

11

13

。 。

18

。 。

15

14

。 。

19

15

。 。

。 。

18