藤田 伝 吾。 藤田東湖

【明智軍(約1万6000)】 <美濃衆> 斎藤利三・ :2000 <近江衆> ・溝尾茂朝(明智茂朝):3000 <山城・丹波衆> ・ :2000 <旧足利幕臣> ・ ・御牧兼顕:2000 <河内衆> 津田正時:2000 <明智光秀本隊> 藤田行政など:5000 <その他> 、 、 、 津田信春(=津田平蔵とする説あり) 【羽柴軍(約4万)】 ・木村重茲:2000 :2500 ・ ・ :5000 :3000(秀吉本隊の中に入れる資料もあるそうです) :4000(秀吉本隊の中に入れる資料もあるそうです) 秀吉本隊:20000 ( ・黒田孝高・ ・ 中村一氏・ ・神子田正治・ など) 【静原城・城谷山】 府京都市左京区静市静原町城山所在の城です。 【静原城・シロヤマ】 京都府京都市左京区静市静原町城山所在 【遺構】 曲輪・土塁・石垣・堅堀・堀切 【歴史と場所】 「城谷山」のある山頂部南東にのびる 尾根筋の先端部に築かれている山城です。

15

シロヤマの築城形式は、 山頂の城谷山の遺構と比較して、 曲輪や虎口の配置が明らかに 新しい時代の形式となっていたものであることが わかるそうです。 (あけちひでみつ) (あけちみつただ) (さいとうとしみつ) (ふじたゆきまさ) (みぞおしげとも) 【生い立ち】 明智光秀の父・ の代から仕えたとされています。

6

塚田孔平( 虎韜館館長、藤田、会澤、戸田と弘道館で勉学) 外部リンク [ ]• (写真 左:蕎麦 貴賓館/右:開業当時の箱根小涌園(現在の蕎麦 貴賓館)) 由緒正しき「庭園レストラン」 椿山荘 南北朝時代から椿が自生する景勝の地で「つばきやま」と呼ばれていたこの地を、明治1877年、山縣有朋公が購入した。 ただし左京区広河原、右京区京北は山陰道丹波国) 大和国(やまとのくに)(奈良県) 河内国(かわちのくに・かはちのくに)(大阪府東部) 和泉国(いずみのくに・いづみのくに)(大阪府南西部) 摂津国(せっつのくに) (大阪府北中部および兵庫県神戸市須磨区以東。 没年は天正10年6月14日(1582年7月3日) 【明智五宿老】 が、 に仕える前から 明智光秀に仕えており、 光秀が最も信頼していたとされる重臣たちです。

11

」 (写真 上:開業当時の椿山荘 庭園/左下:初代社長 小川栄一/右下:開業当時の太閤園) 温泉が出ないと言われた地に鳴り響いた歓喜の轟音 箱根小涌園誕生秘話 箱根小涌園開業当時、敷地内には温泉は発見されていなかった。

概観 [ ] と水戸藩の双璧をなし、のとして 水戸の両田と称された。 。 。

12

。 。

20

。 。 。

。 。

。 。

4

。 。 。

1

。 。 。

16