台風 情報 10 号。 【台風10号速報】地下鉄やバス再開 雨風の脅威、北へ [台風10号最新情報]:朝日新聞デジタル

8月7日(土)5時の時点 出典元: 8月3日(火)時点 出典元: 米軍画像の見方については下記を参考になさって下さいね。 九州に接近する台風としては異例の勢力の 台風10号 ハイシェン は、 6日 日 19時現在、鹿児島県枕崎市の南南西を北上していると見られます。

9

2020年9月10日追記 本稿について大変多くのご意見をいただき,誠にありがとうございました.様々なことを学ばせていただきましたことに感謝いたします.ことに,本稿の表題が適切でなかったことを,深く反省しています. 筆者は,本稿の最後にも書きましたように「今回の台風10号について,気象庁が早い段階から強く注意を呼びかけた事は,予想された台風の勢力が近年の台風や,過去に上陸した台風と比べてもかなり強い勢力であった事から,「大げさだった」とまでは思いません」,と考えています.「台風10号への警戒が大げさすぎだった」とは考えていません. しかし,本稿の当初の表題「台風10号への警戒 「大げさすぎ」だったか」は,本稿の内容を適切に伝えない,大変紛らわしい書き方であったと,深く反省しているところです.このため,9月10日07時頃に,「台風10号への警戒「大げさすぎ」だったのだろうか? Windy ウィンディ による台風10号 ハイシェン の情報について ECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)の予報を基にしたWindyの情報です。

米軍の衛星進路図の見方 【LOW/黄色い丸】24時間以内に台風に発達する可能性は低い 【MEDIUM/オレンジ色丸】台風に発達する可能性が高いが24時間以上かかる 【HIGH/赤色丸】24時間以内に台風に発達すると思われる 【赤色矢印】台風となったことを示す 米軍では正式に台風とされ、「 進路図」も発表されました。 。 」に修正させていただきました.未熟な出稿をいたしましたこと,誠に申し訳ございませんでした. なお本稿については,誤字等の修正はしていますが,特に注記なく内容の変更はしておりません. 9月6日~7日に日本付近を通過した台風10号.気象庁がかなり早い段階から強く警告を発し,社会の側もかなり積極的な対応が行われたようです.一方被害は,まだ分からない部分があるとはいえ,歴史に残るような規模にはならなかったようです.結果論としてみると,事前の警告や対応について「大げさすぎたのでは」,という見方もでてくるかもしれません.あるいは,「社会が積極的に対応したからこの程度の被害ですんだのだ」,といった見方もありそうです. はじめに筆者としての考えを言っておきますとこれらの見方については,「そういう面もあり,そうでなさそうな面もあり,一概には言えない」だと思います.すっきりした話では無いですが,このように考える背景について整理しておきたいと思います. 気象庁の事前の「警告」 今回の台風10号について,気象庁本庁は極めて早い段階から強く注意を呼びかけていました.気象庁ホームページの「報道発表資料」で台風10号については次の情報が確認できます.• 沖縄は5 土 〜6 日 にかけて、奄美・九州・四国・中国地方は6 日 〜7 月 にかけて暴風、記録的な暴風となる恐れと発表しています。

5

暴風域の直径が560キロ以上となった台風を過去10年調べると、 2019年 台風19号(大型)650キロ 2019年 台風10号(超大型)650キロ 2018年 台風08号560キロ 2017年 (超大型)600キロ 2015年 台風23号(超大型)650キロ 2015年 台風16号(大型)560キロ 2015年 台風09号(大型)560キロ 2014年 台風19号(大型)560キロ 2013年 台風26号(大型)700キロ 2012年 台風15号(大型)650キロ 以上のようになっています。 この先は北寄りに進み、7日 土 夜から8日 日 午前中に東日本の特に関東地方に最も近づく予想です。 台風10号 最新情報 6時実況 台風10号 ミリネ は、日本の東の海上を北東に進んでいます。 東北の太平洋側や関東の沿岸では引き続き高波や強風に注意が必要です。

台風10号 ハイシェン のたまごとなる熱帯低気圧が「 米軍台風センター」「 ヨーロッパ台風予報センター」の進路図で確認されています。

11

12

。 。 。

7

。 。 。

10

16