雇用 保険 料。 雇用保険料(一般)額一覧表

(1)従業員の社会保険料が引き落とされた 「従業員の給料40万円を支給する際、社会保険料4万円を差し引いて普通預金から支払った」 借方 貸方 給与手当 400,000 普通預金 360,000 預り金(従業員負担分) 40,000 「その後、社会保険料の会社負担分4万円と従業員負担分4万円を合わせ、普通預金から納付した」 借方 貸方 法定福利費(事業主負担分) 40,000 普通預金 80,000 預り金(従業員負担分) 40,000 (2)従業員負担分を「法定福利費」として処理していた 社会保険料を振り込んだ際に、従業員負担分10万円を「法定福利費」で処理していたため、「預り金」と相殺した。 法定福利費 事業主が負担すべき従業員の健康保険、厚生年金、雇用保険などの保険料や掛金などのこと 福利厚生費 会社が独自に行う福利厚生のための費用で、新年会や忘年会の費用、社員旅行の費用、結婚祝い金や見舞金、制服代など 法定福利費に該当するもの 法定福利費は、社会保険料や労働保険料のうち、事業主が負担する保険料を納める時に使う勘定科目ですが、 社会保険料と労働保険料は、保険の種類によって会社(事業主)と従業員の負担する割合が異なります。 借方 貸方 預り金 (社会保険料・本人負担分) 100,000 法定福利費 100,000 (3)労働保険料を現金で支払った 労働保険の概算保険料10万円を現金で支払った。

9

【社会保障制度とは】 …「 社会保険」、「 社会福祉」、「 公的扶助」、「 保健医療・公衆衛生」の4つの制度の総称• 借方 貸方 法定福利費(労働保険・事業主負担分) 70,000 現金 100,000 立替金(従業員負担分) 30,000 (4)法定福利費を福利厚生費に振り替えた 事務所用の常備薬3,000円を購入した際、法定福利費として処理をしていたため、福利厚生費に振り替えた。 借方 貸方 福利厚生費 3,000 法定福利費 3,000 (5)健康保険料・厚生年金保険料の計上時期 健康保険料と厚生年金保険料を経費に計上する時期については、以下の2つに分けて処理をします。

9

。 賃金の対象になるもの 基本賃金 賞与 通勤手当 定期券・回数券 超過勤務手当 深夜手当 扶養手当 子供手当 家族手当 技能手当 特殊作業手当 教育手当 調整手当 地域手当 奨励手当 物価手当 生活補給金 休業手当 宿直・日直手当 雇用保険料 社会保険料 昇給差額 前払い退職金 その他 賃金の対象にならないもの 役員報酬 結婚祝金 死亡弔慰金 災害見舞金 年功慰労金 継続褒賞金 退職金 出張旅費・宿泊費 工具手当 寝具手当 休業補償費 傷病手当金 解雇予告手当 持家奨励金 会社が全額負担する生命保険の掛け金 財産形成貯蓄等のため事業主が負担する奨励金等 住宅の貸与を受ける利益(福利厚生施設として認められるもの) などが対象になるもの、対象にならないものです。

4

。 。 。

10

。 。

2

15

。 。 。

9

13

16