北野 天満宮 梅。 天満宮に梅があるのはなぜ?太宰府天満宮の飛梅伝説とは?

秀吉の野点はあまり人が集まらず どうやら「失敗」したと見られていますが、 梅花祭の野点大茶会は 上7軒の芸舞妓さんが お茶をたててくれるということで 毎年大賑わいを見せています。 菅原道真公は小さなころから 神童と呼ばれ、長じてからも 漢詩人、学者そして政治家として 数々の役職を歴任するも、 醍醐天皇時に大宰府に左遷。 。

飛梅 御神木の紅梅 幹周りや力強く根を張った形状、接ぎ木の形跡などから 樹齢四〇〇年以上と見られる 御祭神菅原道真公の御心に寄り添い飛翔した各地の 「飛梅伝説」の原種であることが明らかになっている (北野天満宮 飛梅前の石碑の説明より) そりゃそうだ、現実には飛んでいかないよね。 大晦日各行事 () 北野御霊会 [ ] のに疫病や災害をもたらすとされる祭神の怨霊を鎮めるための祭礼として、天皇の使者が派遣される勅祭「北野祭」の一環で天台宗延暦寺と合同で行っていたが、で途絶えていた。 菅原道真公が謡った短歌はこちら 「東風吹かば 匂ひ起こせよ梅の花 主なしとて春を忘るな」 北野天満宮の梅の木は おおよそ50種類1,500本。

5

この梅の木は、道真公を恋しがり 京から大宰府(九州)まで 空を飛んで道真公を追っていった という伝説「飛梅伝説」として 語り継がれています。

菅原道真公が死去してから 京では様々な怪異が御府内を襲い、 雷鳴が天皇の屋敷を襲い 多くの死傷者を出したことから、 道真公の祟りとして恐れられました。 道真公の梅好きは有名で、 大宰府に左遷されたおり、 京の屋敷に植えて 手ずから愛でていた梅の花に 贈った短歌がいまだ残っているほど。

15

梅と牛 [ ] 東風吹かばにほひおこせよ梅の花 主なしとて春を忘るな — 菅原道真、拾遺和歌集 道真はをこよなく愛し、の際、庭の梅に上記のを詠んだことや、その梅が菅原道真を慕って一晩のうちに大宰府に飛来したという飛梅伝説ができたことから梅がとなり、約2万坪の敷地には50種1500本の梅が植えられている。 。

1

。 。 。

8

。 。 。

2