元 農水 事務 次官。 首など36カ所もの刺傷でも「正当防衛」 44歳息子殺害・元農水次官の「無罪」主張は通るのか?

:1921 大正10 年 03月 09日 - 1933 昭和 08 年 02月25日• 官職 先代: 長 2010年 - 2011年 次代: 先代: 長 2011年 - 2016年 次代: 先代: 2016年 - 2018年 次代:. 中将:1938 昭和13 年12月10日 - 1939 昭和14 年10月14日• :1908 明治41 年12月 05日 - 1913 大正 02 年 05月12日• :1888 明治21 年11月20日 - 1889 明治22 年12月24日(農商務大臣)• (心得)少将:1930 昭和 05 年 06月16日 - 1930 昭和 05 年 08月 01日(陸軍大臣、参謀総長)• :1947 昭和22 年 04月 01日 - 1948 昭和23 年 07月28日(衆議院議員)• 東大工卒 1971 昭和46 年 06月22日 1973 昭和48 年 07月20日 北大理卒 1973 昭和48 年 07月20日 1975 昭和50 年 03月20日 電気庁 東大工卒 1975 昭和50 年 03月20日 1977 昭和52 年 07月 01日 東大理卒 1977 昭和52 年 07月 01日 1979 昭和54 年 07月 03日 商工省 日本原子力研究所理事長。 :1939 昭和14 年 01月 07日 - 1940 昭和15 年 04月 05日(内務官僚)• :1936 昭和11 年12月22日 - 1939 昭和14 年10月19日(理事長)• 和田彦次郎:1903 明治36 年12月 05日 - 1907 明治40 年 08月 03日• :1897 明治30 年12月 02日 - 1898 明治31 年 03月11日• :1918 大正 07 年 04月26日 - 1918 大正 07 年 09月18日• 中将:1922 大正11 年10月20日 - 1923 大正12 年10月10日(陸軍大臣)• :1890 明治23 年 01月16日 - 1890 明治23 年 05月31日(議員)• 杉山元 中将:1930 昭和 05 年 08月 01日 - 1932 昭和 07 年 02月29日• :1934 昭和 09 年 07月10日 - 1937 昭和12 年 05月14日• :1895 明治28 年 07月16日 - 1897 明治30 年12月 02日• 中将:1918 大正 07 年10月10日 - 1921 大正10 年 06月 09日(陸軍大臣)• :1945 昭和20 年 08月25日 - 1947 昭和22 年 02月 01日• 中将:1926 大正15 年 07月28日 - 1928 昭和 03 年 08月10日()• 官僚の鑑みたいな人だと思いますよ」 「自分の身を守るために、政治家に媚(こび)を売ることは一切しない」 農水省事務次官の自害した娘 元農水省事務次官には、今回の事件で亡くなった息子だけでなく、 娘もいました。 関連文献 [ ] 磯部涼(2021)『令和元年のテロリズム』新潮社:本事件と、のルポルタージュ 脚注 [ ] タイトルに事件関係者のが含まれる場合は省略またはに変更。

19

1960 昭和35 年12月27日 1963 昭和38 年 01月18日 駐西ドイツ大使 駐米大使 1963 昭和38 年 01月18日 1964 昭和39 年 05月15日 駐英大使 1964 昭和39 年 05月15日 1965 昭和40 年 06月29日 外務審議官 1965 昭和40 年 06月29日 1967 昭和42 年 04月14日 駐ソ連大使 駐米大使、コミッショナー 1967 昭和42 年 04月14日 1970 昭和45 年 07月10日 外務審議官(政務担当) 駐米大使、 対外経済担当国務大臣:1977 昭和52 -1978 昭和53 年 1970 昭和45 年 07月10日 1972 昭和47 年 04月28日 外務審議官(政務担当) 駐英大使 1972 昭和47 年 04月28日 1974 昭和49 年 02月19日 外務審議官(政務担当) 初代総裁:1974 昭和49 -1980 昭和55 年 1974 昭和49 年 02月19日 1975 昭和50 年 08月15日 外務審議官(政務担当) 駐米大使、終戦時の外務大臣の女婿 1975 昭和50 年 08月15日 1977 昭和52 年 06月28日 外務審議官(政務担当) 駐中国大使、理事長 1977 昭和52 年 06月28日 1979 昭和54 年 07月10日 外務審議官(政務担当) 総裁:1980 昭和55 -1988 昭和63 年 1979 昭和54 年 07月10日 1981 昭和56 年 07月28日 外務審議官(政務担当) 駐ソ連大使、最高裁判所判事 1981 昭和56 年 07月28日 1983 昭和58 年 01月28日 駐韓大使 日韓文化交流基金理事長 1983 昭和58 年 01月28日 1985 昭和60 年 01月29日 外務審議官(政務担当) 駐米大使、日本国際問題研究所理事長 1985 昭和60 年 01月29日 1987 昭和62 年 06月30日 外務審議官(政務担当) 国際協力事業団総裁:1988 昭和55 -1994 平成6 年 1987 昭和62 年 07月 01日 1989 平成元 年 08月18日 外務審議官(政務担当) 駐米大使、駐独大使 平成22年 10月3日放映の「核を求めた日本」では、調印後の 昭和44年 に、日本の外務省高官が西ドイツ外務省の関係者を箱根に招いて、核保有の可能性を探る会合 当時、分析課長の、国際資料室の鈴木孝、調査課長の村田良平と政策企画部長の、のペア・フィッシャーとクラウス・ブレヒ を持っていた事を証言した。 東工大卒 1979 昭和54 年 07月 03日 1981 昭和56 年 01月16日 理事長。

6

1966 昭和41 年11月24日 1968 昭和43 年 02月 02日 労働事務次官 労働事務次官:1963 昭和38 -1966 昭和41 年 理事長を歴任。

16

:1913 大正 02 年 02月23日 - 1914 大正 03 年 04月17日(初代総裁。

6

中村雄次郎 少将:1900 明治33 年 05月20日 - 1902 明治35 年 04月17日• 長崎惣之助:1945 昭和20 年 05月19日 - 1945 昭和20 年 08月25日• 石黒武重:1943 昭和18 年11月 01日 - 1944 昭和19 年 02月25日• 少将:1916 大正 05 年 03月31日 - 1918 大正 07 年10月10日• :1886 明治19 年 03月 04日 - 1887 明治20 年 07月26日(初代農商務次官)• :1935 昭和10 年 01月19日 - 1937 昭和12 年 05月14日• 『農政改革の原点 政策は反省の上に成り立つ』 日本経済新聞出版社 2020年12月24日 脚注 [ ]• :1939 昭和14 年 04月15日 - 1940 昭和15 年10月 09日(、内務官僚、明大卒)• 中将:1932 昭和 07 年 08月 08日 - 1934 昭和 09 年 08月 01日(。 :1946 昭和21 年 05月 03日 - 1947 昭和22 年 05月 03日 宮内府長官 詳細は「」を参照 陸軍次官 [ ] (の次官・総務長官) 陸軍次官• :1946 昭和21 年 01月18日 - 1946 昭和21 年 05月24日• :1937 昭和12 年 05月14日 - 1939 昭和14 年 04月15日• :1891 明治24 年 06月15日 - 1893 明治26 年 03月 09日(内務官僚・警保局長、)• :1903 明治36 年 09月 03日 - 1903 明治36 年12月 04日 農商務次官• 氏名 就任日 退任日 前職 備考 1886 明治19 年 03月 04日 1888 明治21 年11月 09日 検事長改め初代、第9代大審院長、慶應義塾出身 1888 明治21 年11月 09日 1891 明治24 年 06月 03日 蕃書調所出身 三好退蔵 1891 明治24 年 06月 03日 1892 明治25 年 08月20日 1892 明治25 年 08月22日 1896 明治29 年 09月26日 第23代内閣総理大臣、咸宜園出身 1896 明治29 年10月 07日 1898 明治31 年 06月28日 大審院長・検事総長、慶應義塾出身 1898 明治31 年 06月28日 1898 明治31 年 07月 05日 司法省法学校卒 1898 明治31 年 07月 05日 1898 明治31 年 09月 02日 東大法卒 1898 明治31 年 09月 02日 1898 明治31 年11月 08日 開成学校卒 1898 明治31 年11月24日 1899 明治32 年 04月 07日 慶應義塾出身 1899 明治32 年 04月15日 1900 明治33 年 05月20日 大学南校卒 司法総務長官 氏名 就任日 退任日 前職 備考 波多野敬直 1900 明治33 年 05月20日 1903 明治36 年 09月22日 1903 明治36 年 09月23日 1903 明治36 年12月 05日 東大英法科卒 司法次官 氏名 就任日 退任日 前職 備考 石渡敏一 1903 明治36 年12月 05日 1906 明治39 年 01月 07日 1906 明治39 年 01月 08日 1911 明治44 年 09月 06日 司法省法学校卒 1911 明治44 年 09月 06日 1912 大正元 年12月21日 大審院長、検事総長、内閣総理大臣、議長 1912 大正元 年12月21日 1914 大正 03 年 04月18日 1914 大正 03 年 04月18日 1921 大正10 年10月 05日 検事総長。

12

熊沢被告の妻によれば 「兄 英一郎さん の関係 原因 で、縁談があっても全部消えた。 1989 平成元 年 08月18日 1991 平成 03 年 08月 02日 外務審議官(政務担当) 駐米大使、参与 1991 平成 03 年 08月 02日 1993 平成 05 年 08月 01日 外務審議官(政務担当) 国連大使、(ICJ)所長、の実父 1993 平成 05 年 08月 01日 1995 平成 07 年 08月 04日 外務審議官(政務担当) 駐米大使、国際協力事業団総裁:2000 平成12 -2003 平成15 年 1995 平成 07 年 08月 04日 1997 平成 09 年 07月 01日 外務審議官(経済担当) 駐英大使、監査役 1997 平成 09 年 07月 01日 1999 平成11 年 08月13日 外務審議官(政務担当) 駐米大使、所長 1999 平成11 年 08月13日 2001 平成13 年 08月10日 駐イスラエル大使 、 2001 平成13 年 08月10日 2002 平成14 年 02月19日 外務審議官(経済担当) 駐英大使、、日本国際問題研究所理事長 2002 平成14 年 02月19日 2005 平成17 年 01月 04日 駐インドネシア大使 最高裁判所判事 2005 平成17 年 01月 04日 2008 平成20 年 01月17日 内閣官房副長官補 、 長、取締役、東京電力顧問 2008 平成20 年 01月17日 2010 平成22 年 08月20日 外務審議官(政務担当) 特別招聘教授、取締役、取締役 2010 平成22 年 08月20日 2012 平成24 年 09月11日 外務審議官(政務担当) 駐米大使、理事長、取締役、取締役、取締役 2012 平成24 年 09月11日 2013 平成25 年 06月28日 内閣官房副長官補 侍従長、(天皇)侍従長、式部官長、顧問 2013 平成25 年 06月28日 2016 平成28 年 06月14日 外務審議官(政務担当) 理事長、取締役、伊藤園顧問、顧問 2016 平成28 年 06月14日 2018 平成30 年 01月19日 外務審議官(政務担当) 駐米大使 2018 平成30 年 01月19日 2021 令和 03 年 06月22日 外務審議官(政務担当) 長 2021 令和 03 年 06月22日 外務審議官(政務担当) 外務次官 [ ] 氏名 就任日 退任日 前職 備考 1886 明治19 年 03月 04日 1889 明治22 年12月24日 外務大輔 1889 明治22 年12月26日 1891 明治24 年 06月15日 駐イギリス臨時代理公使 司法大臣 1891 明治24 年 06月15日 1895 明治28 年 05月21日 :1906 明治39 -1908 明治41 年 逓信大臣:1911 明治44 -1912 大正元 年 1895 明治28 年 05月21日 1896 明治29 年 06月11日 外務省通商局長 内閣総理大臣:1918 大正7 -1921 大正10 年 1896 明治29 年 06月11日 1898 明治31 年 09月13日 駐韓弁理公使 外務大臣:1901 明治34 -1906 明治39 年、 1908 明治41 -1911 明治44 年 1898 明治31 年 09月13日 1898 明治31 年11月 08日 ・外務省在任中 1898 明治31 年11月 08日 1899 明治32 年 04月20日 1899 明治32 年 06月17日 1900 明治33 年 05月20日 外務総務長官 氏名 就任日 退任日 前職 備考 高平小五郎 1900 明治33 年 05月20日 1900 明治33 年 06月16日 1900 明治33 年 06月16日 1900 明治33 年10月19日 兼官房長、逓信総務長官 1900 明治33 年10月22日 1901 明治34 年 09月21日 外務大臣、()、12代目総裁 1901 明治34 年11月27日 1903 明治36 年12月 05日 駐米大使、侍従長 外務次官 氏名 就任日 退任日 前職 備考 珍田捨巳 1903 明治36 年12月 05日 1906 明治39 年 06月 06日 内田康哉 1906 明治39 年 06月 06日 1907 明治40 年 02月26日 珍田捨巳 1907 明治40 年 02月26日 1908 明治41 年 06月 06日 1908 明治41 年 06月 06日 1912 明治45 年 05月 08日 駐米大使 1912 明治45 年 05月 08日 1913 大正 02 年 02月 01日 政務局長時代に閣議原案提出 貴族院議員 1913 大正 02 年 02月 01日 1915 大正 04 年10月29日 外務大臣 1915 大正 04 年10月29日 1919 大正 08 年 09月11日 1919 大正 08 年 09月11日 1922 大正11 年12月23日 駐米大使、東京専門学校卒 1922 大正11 年12月23日 1923 大正12 年 09月26日 駐ソ大使、東京高商卒 1923 大正12 年 09月26日 1924 大正13 年12月18日 駐米大使、初代 1924 大正13 年12月18日 1928 昭和 03 年 07月24日 駐米大使、東京高商卒 1928 昭和 03 年 07月24日 1930 昭和 05 年12月 06日 内閣総理大臣 1930 昭和 05 年12月 06日 1932 昭和 07 年 05月10日 駐独大使 1932 昭和 07 年 05月10日 1933 昭和 08 年 05月16日 外務大臣 1933 昭和 08 年 05月16日 1936 昭和11 年 04月10日 外務大臣 1936 昭和11 年 04月10日 1938 昭和13 年10月15日 駐米大使、駐中華民国大使 1938 昭和13 年10月15日 1939 昭和14 年 09月26日 1939 昭和14 年 09月26日 1940 昭和15 年 07月25日 外務大臣、駐中国大使(在任中終戦)、駐米大使 (心得) 1940 昭和15 年 07月25日 1940 昭和15 年 08月19日 (心得) 1940 昭和15 年 08月19日 1940 昭和15 年11月12日 駐カンボジア大使 大橋忠一 1940 昭和15 年11月12日 1941 昭和16 年 07月21日 (心得) 1941 昭和16 年 07月21日 1941 昭和16 年 08月15日 1941 昭和16 年 08月15日 1941 昭和16 年10月21日 総裁、東京高商卒 1941 昭和16 年10月21日 1942 昭和17 年 09月 01日 駐英大使 山本熊一(心得) 1942 昭和17 年 09月 01日 1942 昭和17 年 09月18日 山本熊一 1942 昭和17 年 09月18日 1942 昭和17 年11月 01日 1942 昭和17 年11月 01日 1944 昭和19 年10月21日 駐英大使 沢田廉三 1944 昭和19 年10月21日 1945 昭和20 年 05月13日 松本俊一 1945 昭和20 年 05月13日 1945 昭和20 年 09月25日 在任中に終戦 (兼務) 1945 昭和20 年 09月25日 1945 昭和20 年10月 01日 兼情報局総裁 (兼務) 1945 昭和20 年10月 01日 1945 昭和20 年10月31日 大東亜次官 東京高商卒 1945 昭和20 年10月31日 1946 昭和21 年 05月31日 兼次長 東京高商卒 1946 昭和21 年 05月31日 1947 昭和22 年 02月 04日 1947 昭和22 年 02月 04日 1948 昭和23 年 01月31日 、外務大臣、東大経卒 1948 昭和23 年 01月31日 1948 昭和23 年10月20日 駐印大使、東大経卒 岡崎勝男 1948 昭和23 年10月20日 1948 昭和23 年12月 07日 太田一郎 1948 昭和23 年12月 07日 1949 昭和24 年 06月 01日 財務事務次官 [ ] (。

19

:1936 昭和11 年 05月 06日 - 1945 昭和20 年 06月 06日• :1947 昭和22 年 02月12日 - 1948 昭和23 年11月 08日(社長・会長)• :1937 昭和12 年 09月 01日 - 1938 昭和13 年 09月 03日(初代次長、農林大臣)• :1930 昭和 05 年 07月 02日 - 1931 昭和 06 年12月21日• (兼務)岸信介:1943 昭和18 年10月 08日 - 1943 昭和18 年10月31日 軍需次官 詳細は「」を参照 商工次官• :1949 昭和24 年 05月25日 - 1949 昭和24 年 06月 01日(初代通商産業事務次官) 通商産業事務次官 詳細は「」を参照 運輸事務次官 [ ] (の事務次官。

:1918 大正 07 年10月 02日 - 1920 大正 09 年 06月22日(内務官僚)• :1945 昭和20 年 06月 06日 - 1946 昭和21 年 05月 03日• :1941 昭和16 年 01月 04日 - 1941 昭和16 年10月21日(社長、副会長)• 私はその話を聞いて 「じゃあ、会社の中で 体の大きい、力のありそうな男性を3,4人みつくろって、 息子さんを病院に連れて行こうよ!」と言ったのですが、 苦笑いで終わってしまいました…。 :1896 明治29 年 04月 03日 - 1897 明治30 年 07月16日(初代拓殖務次官)• 他に総務副長官(事務担当)、総理府次長を含む) 内閣府事務次官 [ ] 代数 氏名 就任日 退任日 出身官庁 前職 備考 1 2001 平成13 年 01月 06日 2002 平成14 年 01月 08日 総理府 事務局長 初代 2 2002 平成14 年 01月 08日 2004 平成16 年 07月 01日 経済企画庁 内閣府審議官 3 2004 平成16 年 07月 01日 2006 平成18 年 07月28日 厚生省 内閣府大臣官房長 厚生労働事務次官:2007 平成19 -2009 平成21 年 総裁:2009 平成21 -2012 平成24 年 理事長:2014 平成26 年- 4 2006 平成18 年 07月28日 2008 平成20 年 07月 01日 建設省 消費者庁初代長官:2009 平成21 -2010 平成22 年 5 2008 平成20 年 07月 01日 2009 平成21 年 07月 07日 自治省 内閣府大臣官房長 宮内庁次長:2012 平成24 年-2016 平成28 年 宮内庁長官:2016 平成28 年- 6 2009 平成21 年 07月 07日 2012 平成24 年 01月10日 経済企画庁 内閣府大臣官房長 理事長、取締役、顧問、上席フェロー 7 2012 平成24 年 01月10日 2014 平成26 年 01月10日 大蔵省 内閣府大臣官房長 理事長 8 2014 平成26 年 01月10日 2016 平成28 年 06月17日 経済企画庁 内閣府大臣官房長 顧問、総務省参与 9 2016 平成28 年 06月17日 2017 平成29 年 07月11日 経済企画庁 内閣府審議官 教授 10 2017 平成29 年 07月11日 2019 平成31 年 01月15日 自治省 内閣府大臣官房長 理事長 11 2019 平成31 年 01月15日 2021 令和3 年 09月1日 自治省 内閣官房内閣審議官 ・皇室制度連絡調整総括官 12 田和宏 2021 令和3 年 09月1日 現職 経済企画庁 内閣府審議官 総理府総務副長官(事務担当) [ ] 氏名 就任日 退任日 出身官庁 前職 備考 1957 昭和32 年 08月 01日 1958 昭和33 年 04月22日 民間出身 事務局長 初代。 - 公益社団法人顧問 、株式会社経営諮問委員会エグゼクテイブアドバイザー 著書 [ ]• 出身官庁はすべて外務省 氏名 就任日 退任日 前職 備考 1949 昭和24 年 06月 01日 1951 昭和26 年 01月30日 外務次官 駐大使 1951 昭和26 年 01月30日 1952 昭和27 年 05月10日 総務部長兼政治部長 駐大使:1954 昭和29 -1956 昭和31 年 駐大使:1959 昭和34 -1963 昭和38 年 1952 昭和27 年 05月10日 1952 昭和27 年10月17日 外務省条約局長 駐タイ大使、海外技術協力事業団理事長 1952 昭和27 年10月17日 1955 昭和30 年 03月 01日 駐大使 1955 昭和30 年 03月 01日 1957 昭和32 年 01月23日 駐大使、駐大使、社長 1957 昭和32 年 01月23日 1958 昭和33 年 03月15日 駐大使 駐大使、社長 1958 昭和33 年 03月15日 1960 昭和35 年12月27日 駐大使 駐ソ連大使、衆議院議員:1967 昭和42 -1979 昭和54 年・4期 :1977 昭和52 -1978 昭和53 年を歴任。

3